土日祝日と午前中は引越し業者が忙しくて料金が高くなるって本当?

土日祝日の引越し料金引越し業者の料金は、土日祝日の午前中の依頼が一番高くなるといわれています。

その理由として、その日時に引越しの依頼をする人が多いからと言われています。

引越しの料金は、業者の忙しいときに高くなり、暇なときは安くなる傾向がありますので、多くの人が土日祝日の午前中に引越しを希望すれば、割高な見積もりが出てくるのは当然です。

とはいえ、本当に土日祝日の午前中に引越しをする人は多いのでしょうか?

実際、どれくらいの人が土日祝日に引越しをするのか、そのあたりの事情をアンケート結果から見ていきましょう。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

土日祝日に引越しをする人は特に多いわけではない

引越しをしたことのある人100人に対して行ったアンケートによると、平日と土日祝日の割合は以下のような数字となりました。

土日祝日 (31人)
       
平日 (69人)
土日祝日の割合分布

土日の引越し割合グラフ

およそ3割の人が土日祝日に引越しを行っているということが、このデータから分かります。

日本人は年間120日も休みがある

このデータ結果からは、土日祝日に引越しをする人は、思ったほど多くないという印象を受けます。

とはいえ、平日にくらべて土日祝日の日数そのものが少ないので、それを考えると相対的に土日祝日に引越しをする人が多いのではないか、と感じる人もいるかも知れません。

しかし、現在の日本において年間の土日祝日の合計は、120日ほどあります。

1年52週ですから、土日だけで104日あります。それに祝日の15日を足すと119日となります。

土日と祝日が被ることがあるので、119日よりは少なくなると思いますが、年末年始などの休みをプラスすると、やはりトータルでは120日ほどになるのです。

つまり、年間365日のうち120日が休みの日ということになります。

日本人は働きすぎなどといわれますが、実際には年間の3分の1は休んでいるんですね。

比率で言いますと、年間の約32.8%が土日祝日でお休みということになります。

それに対して、アンケート結果で土日祝日に引越しをした人の割合が31%となっていますので、あくまでこの結果だけから考えますと、土日祝日も平日も引越しをする人に偏りはないということになります。

常識的に考えれば、会社が休みの土日祝日に引越しをする人が多くなりそうなものですが、あくまで今回のアンケート結果では平日との差をほとんど感じられませんでした。

それは一体なぜでしょうか?

転勤で土日祝日に引越しはしない!?

サラリーマンが転勤をするときには、一般的に3日程度の「赴任休暇」を取らせてもらえることが多いようです。

つまり、会社の都合で引越しをするわけなので、引越しそのものも仕事と考えるわけですね。

会社がわざわざ引越しのための休暇を支給してくれるわけですから、わざわざ土日祝日に引越しをする必要はないわけです。

また、転勤に伴い仕事の引継ぎを終えた後であれば、平日に休みをとれないほど忙しいということもないでしょう。

そのような理由から、サラリーマンが転勤のために引越しをするのは、平日が多くなると考えるのが自然ではないでしょうか。

マイホームの新築の場合は日柄にこだわる!?

それでは、マイホームの新築に伴う引越しの場合はどうでしょうか?

こちらは会社の都合ではないので、平日に休暇をもらうことは出来ません。

そのため、マイホーム新築の場合、必然的に土日祝日に引越しをする人が多くなる傾向が高いと考えられます。

しかしその一方で、日本人の場合、新築に伴う行事などのように何か新しいことをする際には、日柄を気にする人が多くいます。

つまり、可能であれば「大安」とか「友引」などの日がいいときに引越しをしたいと考えるわけです。

そこにこだわってしまうと、土日祝日に引越しをするにはどうしても制約ができてしまうために、こだわりのある人は平日に引越しをすることになります。

また、学生などが入学のために引越しをする際も、春休み中であることが多いと思われますので、あえて土日祝日にこだわる必要はないわけです。

なぜ土日祝日の引越しは高いといわれるのか?

これらのことを総合的に考えてみますと、今回のアンケート結果はそれほど偏ったデータではないと考えることが出来ます。

では、なぜ一般的に平日よりも土日祝日の引越しは高いといわれるのでしょうか?

これはあくまで推測ですが、引越し業者側の都合が見積もり金額に反映されているのではないでしょうか?

誰でも土日祝日に仕事はしたくないものですし、運送会社としても土日祝日の仕事となれば休日手当などの割り増しの人件費が発生することになります。

また平日よりも土日祝日の方が、道路が混雑しやすいといった事情も影響してくるかもしれません。

そういった諸々の事情が加味されて、平日よりも土日祝日の引越し見積もりは高めになるということになっているのだと思います。

しかし実際には、先ほどマイホーム新築に伴う引越しのところでお話しさせていただきましたように、平日であってもむしろ「大安」や「友引」の日の方が、料金が高くなる可能性があります。

転勤であれマイホーム新築による引越しであれ、日が悪い日よりもいい日に引越しをしたいと思うのが多くの日本人ですから。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

本当に引越しは午後にした方が安いのか?

常識的に考えると、平日よりも土日祝日に引越しをする人の方が多そうなイメージですが、アンケートの結果をみる限りにおいては、実際にはどちらもそれほど差がないという結果になりました。

それでは、午前中と午後に引越しをする人をくらべた場合はどうでしょうか?

こちらもアンケート結果からデータを見ていきましょう。

午前に引越しをした人
(76人)  

午後に引越しをした人
(24人)

午前午後の割合分布

午前午後の引越し割合グラフ

このデータを見る限りにおいては、予想通り圧倒的に午前中に引越しをする人の方が多いという結果になりました。

100人中76人、つまり4人中3人は午前中に引越しをしたことになります。

近距離であれば午前中を選択するのは必然

午前中に引越しをする人が多いということは、その理由を考えてみれば当然です。

つまり、午前中に荷物を運び出して、その日のうちのなるべく早い時間に荷物の搬入を終えてしまいたいと誰もが考えるに違いありません。

遠距離の引越しであれば、転居先に荷物が到着するのが翌日になってしまう場合がありますのであえて午前中の搬出にこだわる必要はありませんが、近距離の場合、午後から荷物の搬出ではスケジュール的に厳しくなってしまうでしょう。

事実、引越し業者に仕事を依頼する人は、圧倒的に近距離が多いということがアンケート結果から明らかになっています。

参考:引越し業者を利用する人は意外にも近距離の依頼が多いという現実

アンケート結果では、100人中75人が100Km未満の近距離の引越しとなっています。

午前中に引越しをした人の人数が76人ですから、ほぼ同数です。

100Km未満の距離であれば、よほど特殊な事情がない限りはその日の朝に荷物を積み込んで、その日のうちに新居への搬入まで終えてしまうことが可能でしょう。

そうなりますと、近距離の人が午前と午後の選択肢を考えた場合、必然的に午後の選択肢はなくなるわけです。

こういった事実を考えてみますと、午前中の引越し料金は高くなるということには頷けます。

午後を選択しても業者のメリットとならないケース

しかし、閑散期など業者が暇なときに、同一市内などの近距離を午後に依頼しても、それほど安くならない可能性があります。

午後が安くなるというのは、あくまでも業者のスケジュールがある程度詰まっていて、同一市内などの近距離の引越しを済ませてしまい、午後にトラックや人手が空いてしまうときと考えればいいでしょう。

空きが出たところに予定を入れてくれれば引越し業者も助かりますから、安い料金でやってくれる可能性は高くなります。

逆に、人手もトラックも空いていないときに、午後からの引越しを依頼すると、仕事が終わるのが遅い時間になってしまうこともあり、業者にとってもメリットはありません。

まとめ

このように、引越し業者は平日に依頼したほうが安くなるとか、午後に依頼したほうが安くなるといわれていますが、あくまでケースバイケースであるということが分かりました。

業者の人手やトラックの空いているときに見積もり金額が安くなるときと考えた場合、一番確実なのは引越しの日時を業者にすべてお任せすることです。

引越し業者にしてみれば、スケジュールが空いているところに自社の都合で仕事を入れられるので非常に作業効率が良くなるわけです。

もし、引越しの日時にはこだわりがなくて、少しでも費用を安く済ませたいということであれば、すべてを業者にお任せするというのはとても賢い選択だと思います。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>