日通の引越しサービスを利用する前に知っておきたいこと

引越し前のリビングルーム流通業界の英雄ともいうべき存在が「日本通運」です。
引越し業者としても、最も頼りになる業者の一つです。

日通の引越しのサービスは、大別すると下のように分かれます。

・家族向け
・単身向け
・オプション
・オフィス向け

これらのプランの中でも、さらに個別のプランに分かれ、さまざまなニーズに対応しています。

ここでは、これらの日通の引越しプランを誰にでもわかりやすく解説してみたいと思います。

家族向けサービスにはどのようなものがあるのか?

日通の引越しサービスの家族向けプランには、「フル」「ハーフ」「セルフ」の3種類があります。

この3つを簡単に説明すると以下のような感じになります。

・フル…全部おまかせ
・ハーフ…部分的におまかせ
・セルフ…箱詰め、箱開けは全部自分で

いずれも日通の独自サービスとして「えころじこんぽ」という名前がつけられています。

「えころじこんぽ」とは?

「えころじこんぽ」というのは、日通独自の梱包パックを使い、短時間で荷造り・荷解きができるプランです。

食器は専用のトランク、シューズは1足ずつ入れる専用ボックス…という風に、運ぶアイテム別に専用の輸送ボックスを開発しているのが大きな特徴です。

これにより、作業時間を大幅に短縮できます。

作業時間が短縮できることで効率化がはかられ、料金を安くすることが可能になります。

また、当日の作業時間も短縮でき、ストレスなく引越しを終えることができます。

えころじこんぽフルとは?

「えころじこんぽフル」というサービスがありますが、これは引越しの荷物を運ぶだけでなく、「荷造り」から「荷解き」も全部日通におまかせするというものです。

「引越し費用に余裕がある」「自分で荷造りや荷解きをする時間がない」という人の場合、こちらがプランがおすすめとなります。

【こんな人におすすめ】
・引越し費用に余裕があるが、時間がない
・人に任せられないような荷物は特にない

えころじこんぽハーフ

えころじこんぽハーフは、荷造りや荷解きを部分的に自分でやるサービスとなります。

自分でやる作業の範囲は、自由に選択することができます。

たとえば「荷造りは全部おまかせ。荷解きは全部自分で」とか、「食器類など、厄介なものだけおまかせ」というふうに、自由にアレンジすることが出来ます。

【こんな人におすすめ】
・引越し後は時間があるが、引越し前は時間がない(あるいはその逆)
・なるべく引越し費用を安くしたいが、時間も節約したい
・人に任せたくない荷物が、いくつかある

えころじこんぽセルフ

「えころじこんぽセルフ」は荷造りや荷解きを「全部自分でやる」というプランになります。

つまり、日通がやるのは「輸送のみ」ということになります。

【こんな人におすすめ】
・費用を出来るだけ安くしたい
・梱包作業に慣れている
・荷物が少ない
・箱詰めしながらゆっくりと荷物を整理をしたい

日通の単身向け引越しサービスの特徴

日通では、単身者向けの引越しサービスが用意されています。

大まかなプランは以下の通りです。

・単身パックS&L
荷物が少ない人向けのプラン。荷物の量に合わせて「S、L」から選ぶことが出来ます。

・単身パックX
荷物が多い人向けのプラン。ベッドや自転車も運ぶことが可能です。

・ワンルームパック
近距離で荷物が多い人向け(15~30kmの距離)のプランです。

これらのプランについて以下で詳しく解説してみたいと思います。

単身パックS

単身パックSでは、例として、下のようなボリュームの荷物を全部運べます。

料金は距離によって異なりますが「16200円~」となっています。

・冷蔵庫
・テレビ
・テレビ台
・電子レンジ
・掃除機
・3段ボックス
・鏡(姿見)
・布団
・ダンボールM×4箱

単身パックL

単身パックLになりますと、Sに追加して、以下のようなものを運ぶことが出来ます。

料金は「17280円~」となっており、Sより「8%ほど高い」値段設定となっています。

・洗濯機
・衣装ケース
・ダンボールM×1箱(計5箱)

単身パックX

単身者であるにもかかわらず大型の荷物があるという方の場合、おすすめのプランになります。

大抵の荷物はこのプランで運べると思って大丈夫です。

運ぶことの出来る荷物の例は下の通りです。

・自転車
・ベッド
・ソファ
・テーブル&椅子

【特徴】

・パック料金制でわかりやすい
例えば「東京―愛知…61560円」というように、「エリア―エリア」ごとに料金が確定しています。
専用コンテナ1個貸し切りなので、それに入る量であれば全部この値段に収まります。

・大量の荷物でも早い
荷物がたくさんあっても、最短で翌日配達が可能になっています(東京―大阪・名古屋、など)。

・5日間まで荷物を預かってくれる
大量の荷物は、現地で一度にそれを受け取るのも大変です。

そのため、5日間まで現地の営業所で荷物を預かってもらうことも可能です。

ワンルームパック

日通では、単身パックとは別に、一人暮らし向けのサービスとしてワンルームパックがあります。基本的に運ぶことの出来る荷物の量は「単身パックX」と同じです。

ただし、「近距離限定」という部分が異なります。

ワンルームパックが適用になる条件は下の通りです。

・生活条件…1R~1DKで一人暮らし
・移動距離…15~30km
・荷物量…2tロング車の半分まで
・作業時間…4時間以内
・料金…平日29800円、土日祝34800円(いずれも最大の場合)

また、基本プランの他に「ワンルームパックPLUS」というプランもあります。

通常のプランとの違いは以下の通りです。

・生活条件…2DKまでOK
・荷物量…2tロング車1台
・料金…平日39800円、土日祝44800円(それぞれ1万円プラス)


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

至れり尽くせりのオプションサービス

日通の引越しサービスは、基本プランだけではなく、オプションサービスも非常に豊富です。

ご自身のライフスタイルや荷物の量に合わせて、最適なオプションプランを選択するようにするといいでしょう。

エアコンパック工事

エアコンの取り付け、取り外しはもちろんのこと、ガス補充やコンセント交換まで引っ越しと同時にすべて面倒を見てくれるサービスです。

ホコリやハウスダストが溜まりがちなエアコンですが、この機会に分解してクリーニングをしてもらうことも可能です。

エアコンをメンテナンスすることで、冷暖房の効率も上がるので、まさに一石二鳥です。

車やバイクの輸送

引越しの荷物の中で大物の代表各ともいうべきものが、車やバイクですね。

これらの搬送も日通のオプションサービスを利用することですべておまかせをすることが可能です。

近くまではキャリアカーで運び、近くからは自走という形で輸送します。

搬送前と後でお客さんが立ち会いながらチェックするので、万が一傷をつけられるようなことがあってもしっかりと確認できます。

荷物の一時保管

数日~数ヶ月まで荷物を一時保管してくれるオプションサービスもあります。

たとえば「引越し先の部屋の、前の住人が退室するまで待つ」「自宅のリフォーム期間中、預かってもらう」など、さまざまな用途で利用可能なサービスとなっています。

盗聴器・盗撮器探査サービス

借家の場合ですと、前の住民が盗聴器や盗撮カメラを仕掛けるなどという可能性もあります。

特に若い女性などだと心配だと思います。

そのようなときに便利なのが、盗聴器・盗撮器探査サービスです。

引越し後1週間程度後からサービスを受けることが可能です(直後は人の出入りが多いため)。

認定資格を持つ専門の技術者が作業を行い、防犯のアドバイスもしてくれます。

不用品の引き取り

粗大ごみの回収日は、月1回しかないという自治体も多いです。

うっかりそのタイミングを逃してしまうと、しばらくの間自分で不用品を保管しておかなければなりません。

その点、日通の引越しサービスであれば、不用品を引き取ってもらえるオプションサービスもあるので安心です。

電気、ガス、水道の工事

1.電気…AV機器、アンテナの配線や、照明器具の設置などです。

2.ガス…日本には13種類のガスがあり、素人が自己判断で違う種類の器具を接続すると非常に危険です。そうした専門的な工事も日通が安全にしてくれます。

3.水道…洗濯機はもちろん食器洗い機など、給水や排水が必要な家電の設置を日通が行ってくれます。

ピアノの輸送サービス

日通のピアノ輸送のオプションサービスを利用することによって、輸送だけでなく、調律やピアノそのものの買い取りも可能になっています。

ピアノは輸送の際の振動で音程が変わってしまうこともありますが、専門の業者が輸送することでリスクが軽減できますし、調律も頼めるとなると安心ですね。

ハウスクリーニング

ハウスクリーニングのオプションサービスは、今まで住んでいた家だけでなく、これから住む家もお願いすることが出来ます。

もちろん、その両方のクリーニングを依頼しても大丈夫です。

ハウスクリーニングの範囲は、部屋まるごとでも、「水回りのみ」「キッチンのみ」などの指定でも、フレキシブルに対応が可能になっています。

家事お手伝いサービス

日通の引越しサービスでは、掃除以外の家事全般のサービスも、サポートしてくれます。

このオプションは「1回2時間、スタッフ1名…7200円」という料金設定になっています。

・家電リサイクル品の引き取り
「洗濯機、冷蔵庫、テレビ、エアコン」などは、家電リサイクル法の対象となっています。

本来であれば、その商品を購入した小売業者にリサイクル代金を支払って引き取ってもらうのですが、それを日通が代行してくれるわけです。

オフィス向けの引越しプラン

日通にはオフィス向けのプランもあります。

一口にオフィス向けといっても、オフィスそのものの引越しだけにはとどまりません。

社員の転勤に伴う引越しや、病院の引越し、新築マンションの一斉入居など、さまざまなケースに対応しています。

社員の引越し

人事異動による転勤をする社員の引越しをサポートします。

荷物の輸送だけでなく、引越しをする複数の社員の事務処理を一括で任せられるので、人事担当者の負担が減ります。

オフィス移転

オフィスの移転は大掛かりになることが多いですが、現状調査から始まり、新オフィスでのレイアウトの作成、内装工事など、すべて任せることができます。

さらに、引越し計画が決まった後の、各部門の担当者への説明会なども任せられます。

また、移転後のクリーニング、書類の保管などのアフターメンテナンスもサポートも行ってくれるなど万全です。

病院の移転

病院の移転も大変な作業となりますが、オフィス同様、移転の計画やレイアウトまですべての業務を日通に任せることが可能です。

物品や医療機器の輸送だけでなく、入院患者の搬送まですべてお任せが可能です。

マンション一斉入居

新築マンションがオープンした直後は、一斉に入居者が引越しをしてきます。

そのためそれぞれの業者のスケジュールを調整する調整役が必要となります。

そういった面倒な業務もすべて日通が代行して行ってくれます。

業者との調整だけでなく、近隣の住民に対するケアや搬入経路の確保など、あらゆる作業をトータルで行ってくれるのが大きな特徴です。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする