ピアノの引越しをするときの料金の目安と注意すべきこと

アップライトピアノ家の中にピアノがある人は、引越しのときに大いに悩むことと思います。

ピアノはあらゆる家具の中でもナンバー1クラスの重量家具ですから、これを転居先まで移動するのは容易ではありません。

また、業者に依頼した場合の料金も気になるところです。

ここでは、ピアノをお持ちの方が引越しをする場合に知っておいた方がいいと思われる豆知識を紹介してみたいと思います。

ピアノの搬出搬入にはどれくらいの費用がかかるのか?

ピアノは非常に重い楽器です。

アップライトピアノでも200kgから250kgあるといわれていますし、家庭用のグランドピアノの場合ですと300kgから350kgにもなります。

一般の家具のように、簡単に運び出せるような代物ではありませんし、かなり特殊な運搬になることは想像できると思います。

では、実際にピアノの引越しにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

近距離ならば2万円~3万円が相場?

ピアノを運搬する場合は、ピアノ専門の業者に依頼することも多いのですが、最近では大手の引越し業者であればピアノの運搬にも対応するようになっています。

こういった大手の引越し業者にピアノの運搬を依頼する場合の料金の目安ですが、市内などの近距離であれば2万円~3万円程度が相場になっているようです。

これが他県への引越しとなりますと、距離にもよりますが5万円から10万円程度に金額が跳ね上がります。

一般に大手の引越し業者がピアノの運搬を請け負う場合は、専門の下請け業者を使うことが多いようです。

そのため、あくまで費用面だけで考えたならば直接ピアノ専門の引越し業者に依頼したほうが安くなることもあるでしょう。

ピアノ専門の引越し業者の場合、同一市内だと15,000円~20,000円程度が相場のようです。

ただし、これはアップライトピアノの場合で、グランドピアノとなりますと20,000円から45,000円程度と倍近い金額になります。

追加でかかる費用に注意が必要です

黒のアップライトピアノピアノを業者に運搬してもらう際の大まかな料金を紹介しましたが、これはあくまでも1階から1階へ運ぶときの基本的な料金になります。

実際には、住宅環境によって追加料金が発生することがあります。

たとえば、2階以上の階にピアノを上げたい場合で、クレーンを使う場合です。

この場合は、ピアノサイズやクレーンを設置できる位置によってことなりますが、およそ10,000円から20,000円程度が追加になることが多いようです。

敷地が狭く、クレーンが入らない場合は、手吊りといって窓から引き上げる方法や、エレベーターや階段を使う方法がとられます。

その場合にも、それぞれ決められた追加料金が発生することになります。

手吊りで窓から引き上げた場合の追加料金

ピアノを窓から2回まで手吊りで引き入れた場合の追加料金の目安ですが、アップライトピアノの場合で10,000円ほどとなります。

これがグランドピアノとなると、その2倍以上の金額がかかってしまうことが多いようです。

階段を使って人力で運んだ場合の値段

エレベーターが使えない場合に、階段を使って人力で上げた場合の値段は、アップライトピアノの場合で1階ごとに5,000円が目安となります。

たとえば、マンションの5階に引越しの予定で、エレベーターでピアノを搬送できないケースの場合ですと20,000円が追加となります。

ただし、これらはあくまでもアップライトピアノの場合であって、グランドピアノを階段から上げるというのは大変な手間がかかりますので、料金も2倍から4倍に跳ね上がってしまいます。

家の外の階段も追加料金の対象になります

住宅によっては、道路側が低くなっているために、玄関先まで屋外の階段を登らなければならない場合があります。

このような場合も、追加料金の対象になります。

料金の目安としては、アップライトピアノの場合で、階段10段ごとに5000円程度になるようです。

これがグランドピアノだと、10段ごとに10,000円~20,000円と一気に高くなります。

エレベーターの場合は何階でも料金は同じです

ピアノの運搬にエレベーターを使えるのであれば、追加料金としてはとてもリーズナブルに収まります。

エレベーターでアップライトピアノを運ぶ場合、何階まで運んでも1律で1,000円~2,000円程度の追加料金で済みます。

これは、2階であろうと20階の高層であろうと同一料金です。

グランドピアノの場合であっても、運よくエレベーターで運ぶことが出来れば、4,000円~8,000円で収まってしまいます。

マンションの高層階に住む人にとっては、エレベーターでピアノを運ぶことが出来るかどうかは非常に重要なポイントとなることでしょう。

ピアノの荷造りや運搬で注意すべきこと

ピアノは一般の家具と違い大変重いということと、繊細な楽器であるという点から荷造りや運搬において注意すべきことがいくつかあります。

ピアノの荷造りは一般の家具とは違う視点での保護が必要

ピアノは楽器であり、ある意味精密機器でもありますから、引越しの際の荷造りには細心の注意を払うべきです。

特に気を付けたいのが、各所についている蓋です。

ピアノは弦のある上部や鍵盤に蓋がついていますが、荷造りの際にはここをしっかりとテープなどを使って固定しておく必要があります。

運搬中にうっかりこれらの蓋が開いてしまったりすると、運搬する人の手を挟んでしまう可能性があって危険ですし、場合によってはピアノ内部の弦や鍵盤を破損してしまうこともあります。

ピアノのペダルまた、ピアノにはペダルが付いていますが、ここの保護をうっかりしがちです。

ペダルは出っ張っているので、ここをしっかりと保護しておかないと運搬中にぶつけて破損してしまうことがあります。

蓋をしっかりと固定してペダルの保護が終わったら、全体をカバーで覆います。

ピアノは非常に重いですから、運搬には多くの人手が必要になります。

大勢の人の息が合わないことやちょっとしたミスで、うっかりとぶつけてしまうこともあり得ます。

万が一ぶつけてしまっても傷がつかないように、しっかりと全体を保護することが大切です。

引越しによって調律が必要になる場合もあります

ピアノというのは繊細な楽器ですので、どんなに丁寧に運んでも、移動することで音程が変わってしまうことがあります。

ですから、引越しを終えた後には必ず調律をする必要があると考えておいた方がいいでしょう。

普段お願いしている調律師の方がいれば問題ありませんが、新しい土地に引越したばかりですと調律師が見つからない場合もあるでしょう。

そのような場合には、ピアノの運搬をしてくれた業者に確認をしてみるといいでしょう。

業者によっては調律師の派遣を行っている場合があります。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする