東京~横浜市に引っ越しをする際の料金の目安は~妥当な見積もり金額とは?

東京から横浜東京から横浜市は、距離にして36kmほどですので、引っ越しとしては短距離となります。

引っ越しの料金というのは、荷物の量と移動距離がベースとなりますから、東京~横浜市であればかなり格安で引っ越しが可能になると思います。

実際に、東京から横浜市への引越し料金が、荷物の量によってどのくらいになるのか、おおよその目安を紹介してみたいと思います。

また、以下のような一括見積もりを利用することで、引越し費用が最大で50%も安くなることがあるようです。

引越し価格ガイド
https://a-hikkoshi.com

単身者が東京から横浜市まで引っ越しをするときの料金

単身者であっても、荷物の量が多い人と少ない人がいるのは当然ですが、一般的には「単身パック」などの引越し業者が提供する単身向けサービスのコンテナにおさまる程度か、多くても軽トラックに載ってしまう程度だと思われます。

ここでは、単身者が東京から横浜まで引っ越しをするときに、引越し業者の単身向けサービスを利用した場合と、赤帽などの軽トラックによるチャーター便を利用した場合のそれぞれの料金がどれくらいになるのか見ていきたいと思います。

単身引越サービスや単身パックといったサービスを利用の場合

単身赴任者など、比較的荷物が少ない人の間で人気になっているのが、引越し業者による単身者向けの専用サービスです。

提供されるコンテナにおさまる範囲の荷物であれば、格安で引っ越しをすることが可能です。

これらの単身向けサービスを利用した場合、引越し業者がそれほど忙しくない時期であれば、18,000円~20,000円程度で東京から横浜市まで引っ越しをすることが可能になります。

3月や4月などの繁忙期になりますと、2割程度割り増しになることを覚悟しなければなりませんが、それでも十分にリーズナブルということがいえます。

ただし、日通の「単身パック」やクロネコヤマトの「単身引越サービス」で使用するコンテナのサイズは限られていますので、それをオーバーする量の荷物がある場合には、コンテナを2つ依頼するか、赤帽などの軽トラックチャーター便を利用することになります。

引越し業者の単身サービスで提供されるコンテナのサイズに関しましては、以下の記事をご覧になってください。

参考記事:引越し単身パックのサービスと料金を比較してみましょう

東京~横浜市まで軽トラックのチャーター便を利用した場合

軽トラックと作業員東京から横浜市まで、引越し業者の単身専用プランを利用した場合、繁忙期でなければ2万円程度の料金で引っ越しが可能になるということがお分かりなったかと思います。

しかし、業者の提供するコンテナに荷物が積みきれない場合は、コンテナを2つ(基本的には料金は2倍になります)依頼するか、赤帽などのチャーター便を利用する以外にありません。

実は、東京~横浜市のような短距離の引っ越しの場合、軽トラックのチャーター便は想像以上に安く利用できます。

平日であれば、高速料金を含めても2万円以下で引っ越しが可能になると思います。

土日祝日は2割増しになりますが、それでも引越し業者の専用プランでコンテナを2つ利用するよもはるかに安くなります。

しかも、軽トラックの荷台に積むことのできる荷物の量は、コンテナ2つ分よりも多くなります。

単身者が東京~横浜市のような近距離の引っ越しをする場合には、軽トラックのチャーター便がリーズナブルであるということを覚えておくといいでしょう。

家族で東京から横浜まで引っ越しをした場合の料金の目安は?

家族で引っ越しをする場合でも、東京~横浜市は比較的近い位置にありますから、基本的には荷物を積んだトラックでそのまま目的にまで行くチャーター便を利用するのが普通だと思います。

チャーター便はトラックのサイズによって料金がことなりますので、ここはトラックのサイズ別に東京から横浜市までのチャーター便の料金を紹介してみたいと思います。

夫婦2人が2トントラックをチャーターした場合の費用

ソファーに座る夫婦2トントラックには、ショートボディとロングボディがあります。

2トントラックのショートボディの場合、畳3枚ほどのスペースしかありませんので、それほど多くの荷物は積めません。

夫婦2人の場合だと、荷物の少ない結婚して間もない夫婦などが該当するかと思います。

2トンロングになりますと、畳5枚分ほどのスペースがありますので、ある程度家具のある夫婦でも、2人分であれば十分に積みきれると思います。

ただし、大型の家具をいくつも持っているような夫婦の場合、2トンロングであっても、積みきれない場合はありますので、事前に引越し業者に家具の量を見てもらってから見積もりを作成してもらった方がいいでしょう。

2トントラックを利用して、東京から横浜市まで引っ越しをするときの料金の目安としては、業者がそれほど忙しくない時期であれば、3万円~5万円程度であると考えていいでしょう。

これが繁忙期になると、2割~3割程度は料金が割り増しになると考えておく必要があります。

荷造りや荷解きなどの付帯サービスを利用する場合は、さらに料金が上乗せされることになりますので注意が必要です。

3トントラックを利用して東京から横浜まで移動した場合

3トントラックの荷台は、畳6枚ほどになりますので、2トンロングよりも一回り大きいイメージになります。

積むことのできる荷物の量としては、夫婦2人と小さな子どもが1人いる3人家族の荷物が該当すると思われます。

ただし、大型の家具がいくつもあるような家庭の場合に、家族3人分の荷物をすべて積みきれない可能性もありますので、ここではあくまでも目安として考えて下さい。

3トントラックをチャーターして、東京から横浜市まで引っ越しをした場合の料金の目安は、4万5千円~8万円程度になると思います。

繁忙期の場合には、この料金に2割~3割程度上乗せして考えておくといいでしょう。

ただし、エレベーターのないマンションの上の階まで階段を使って荷物を上げ下ろししなければならない場合などは、別途料金が加算されることになります。

引越し見積もりというのは、それぞれの依頼者によって事情が大きく異なりますので、単純に目安となる料金を出すのは難しいといえます。

4トントラックを使って引っ越しをする場合の料金は?

夫婦と小さい子供たち4トントラックになると、荷台にはかなり大きなスペースがあります。

およそ畳7枚半程度のスペースがありますから、2LDKや3DK程度の部屋にある荷物であれば、ほぼ積み込むことが可能になります。

大人3人、あるいは小さな子ども2人と夫婦2人程度の家族であれば、4トントラック1台で引っ越しをすることが可能だと思います。

ただ、東京都内や横浜市内では、道幅の狭いところも少なくないので、4トントラックが入っていけるかどうか、事前に確認をしておく必要があります。

もし道幅が狭くて4トン車が入っていけない場合には、2トントラックを2台チャーターするか、ピストン輸送をすることになります。

東京~横浜のような近距離の場合には、ピストン輸送であっても十分に対応が可能だと思われます。

4トントラックを使って東京から横浜市までの引っ越しをした場合の料金の目安としては、業者が忙しくない時期であれば、7万円~12万円程度と考えておくといいでしょう。

繁忙期であれば、8万5千円~15万円程度が目安になると思われます。

ただし、この料金は、あくまでも荷物の積み下ろしと運搬だけの費用になりますので、さまざまなオプションを利用した場合には、その分が見積もり金額に加算されていくことになります。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする