引っ越しの際の不用品の処分にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

首をかしげる女性引越し業者の料金というのは、基本的には移動距離と荷物の量(トラックのサイズ)によって決まりますので、なるべく必要のないものは引っ越し前に処分をしておきたいものです。

必要のないものを処分する方法には、不用品回収業者に引き取ってもらう方法、粗大ゴミとして自治体に処分してもらう方法、リサイクルショップなどに売却をする方法などがあります。

実際に、引っ越しのときの荷物を減らすためには、どの方法を選択するのが賢いのでしょうか?

また、費用的にはどの方法がお得になるのでしょうか?

時間的に余裕がある場合には自治体の粗大ゴミに出すのがベスト

引っ越し当日まで、ある程度時間的な余裕がある人の場合は、自治体の粗大ゴミ回収を利用して不用品を処分するのがベストであるといえます。

理由としては、処分料の安さにあります。

各自治体により実際の処分料はことなりますが、民間の不用品回収業者にくらべて圧倒的に安い金額で回収を行ってくれるのが一般的です。

電子レンジや掃除機などの小型の家電品であれば、1つあたり300円ほどで処分してくれますし、机やタンスなどの家具もよほど大型のものでない限りは1,000円ほどで処分してくれるところが多いようです。

また、大人用の自転車なども700円ほどで処分ができるようです。

引っ越しの際には、さまざまな出費が重なりますから、不用品の処分はこうした自治体のサービスを利用して少しでも安く済ませたいものです。

急ぎの場合には利用しにくい自治体の粗大ゴミ回収

粗大ごみの回収処分料金の安さが魅力の自治体による粗大ゴミの回収サービスですが、メリットばかりではありません。

自治体によっても異なると思いますが、回収の依頼をしてから実際に回収に来てくれるまでに、1週間~2週間ほどかかることが多いようです。

そのため、引っ越しの日が直前にせまっている状況のときには利用するのが難しい場合があります。

また、自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用する条件として、不用品を指定の場所まで出しておく必要があります。

たとえば、マンションに住んでいる人が大型の家具などを処分しようと思った場合、それを指定の場所まで運ぶというのは大変な作業になると思います。

その点に関しては、処分するものを部屋まで回収に来てくれる不用品回収業者とくらべて見劣りする点であるといえます。

また、自治体の粗大ゴミ回収サービスの場合、家電リサイクル法の対象になっているエアコンや冷蔵庫とったものは取扱いの対象外となっていることが多いようですので、注意が必要です。

自分たちで運び出せる小さなものは、自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用して、自分たちで運び出すのが困難な大型家具や家電リサイクル法の対象商品は不用品回収業者に依頼をするというやり方が賢いかも知れません。

ただしその場合は、窓口が2つとなってしまいますので、自分たちが対応する手間が増えてしまうことになります。

フットワークの良さが魅力の民間の回収業者

民間の不用品回収業者の場合は、自治体の粗大ゴミ回収サービスのように回収まで1週間以上も待たされるということはありません。

そのため、引っ越しまでの時間があまりない場合でも、依頼をすることができます。

また、自分たちでは運び出すことが困難な大きな家具や家電であっても、部屋の中から持ち出してくれますので、そういった点では自治体の粗大ゴミ回収サービスにはない魅力があるといえます。

しかし、そういったさまざまなメリットもある反面、民間の不用品回収業者には自治体の粗大ゴミ回収サービスとくらべた場合に大きなデメリットも存在します。

それは、処分料が高いという点です。

自治体の粗大ゴミ回収サービスの場合には、公共のサービスゆえに利益を出すことは考えていません。

利益を出すどころか、かりに赤字であったとしても税金で穴埋めができることになりますので、格安の料金で回収ができるわけです。

しかし、民間の場合にはそうはいきません。

回収した不用品を処分することでしっかりと利益をださなければいけないわけですから、自治体のサービスにくらべて料金的に割高になってしまうのは仕方のないことです。

民間の不用品回収業者の処分料はどれくらい?

不用品の処分費用自治体の粗大ゴミ回収サービスにくらべて費用のかかってしまう民間の不用品回収業者ですが、実際にはどれくらいの処分料が発生してしまうのでしょうか?

自治体のサービスの場合、電子レンジや掃除機などの小型の電化製品などは300円ほどで処分できましたが、民間の処分会社の場合は500円ほどかかってしまうようです。

2倍まではいきませんが、かなり高くなってしまいますね。

自転車なども、自治体は700円程度で回収してくれますが、民間だと2,000円ほどになってしまうようです。

特に、民間の場合は机や家具などの大型のものの回収料金が高く、自治体であれば1,000円ほどで済むサイズの机やタンスなどが、民間の回収業者の場合には4,000円以上かかってしまうことが多いようです。

これは、民間の不用品回収業者が部屋の中から荷物を運び出してくれるため、自治体のサービスにくらべて人件費が多くかかるという点が大きく影響していると思われます。

リサイクルショップに引き取ってもらう方法もあります

壊れていなくてまだ使えるものであれば、処分をしてしまうのではなく、リサイクルショップに持ち込んで買取りをしてもらうという方法もあります。

リサイクルショップというのは、店頭でつけられている値段にくらべて買い取ってもらう時の金額は非常に安くなってしまうのですが、それでもお金を払って不用品回収業者に処分をしてもらうよりはマシです。

家電品の場合、製造から5年以内のものというのが買取りしてもらえる目安になるようですが、年式の古いものであってもジャンク品として引き取ってくれることもあります。

たとえ数十円にしかならなかったとしても、300円~500円のお金を払って自治体や回収業者に処分してもらうのにくらべればだいぶお得になるわけです。

また、大型の家具や家電などは、リサイクルショップによっては回収に来てくれるところも多いようなので、事前に問い合わせをしてみるといいでしょう。

引越し業者のオプションサービスを利用する手もあります

引っ越し業者のオプション引越し業者のなかには、オプションとして不用品回収サービスを提供しているところもあります。

こういったオプションサービスの便利なところは、引越し業者がすべてをやってくれるので、依頼をする窓口が1つで済むことです。

また、引越し業者が自分たちの都合に合わせて処分をしてくれますから、引っ越しまでに時間のないときであっても問題なく対応してくれます。

ただし、引越し業者の繁忙期となる3月~4月の上旬にかけての時期に依頼をするときには、対応が困難になる場合もあるので事前に確認をすることが大切です。

また、引越し業者の提供する不用品回収サービスは、まだ使える家電や家具などは無料で回収してくれることがある点も大きなメリットといえます。

おそらくリユース品として転売をするのでしょうが、リサイクルショップなどに持ち込んでも大した金額にならないものであれば、むしろ引越し業者に無料で引き取ってもらった方が、手間がかからなくていいかもしれません。

ただし、壊れている家電や家具などの利用価値のないものに関しては、処分料が発生してしまうことになります。

この場合の処分料の目安は、自治体のごみ回収サービスではなく、民間の不用品回収業者以上の料金になると考えておいた方がいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする