長距離の引っ越しは出発日してから到着まで何日くらいかかるのか?

日数を気にする近場の引っ越しであれば、旧居での荷物の運び出しから新居への搬入まで1日で終わるのが一般的です。

そのため、引っ越しの計画も比較的立てやすいと思います。

ところが、長距離の引っ越しの場合には、旧居から荷物を運び出したあと、目的地である新居に荷物を運び入れるまで数日かかってしまいます。

荷物の搬出と搬入のどちらも立ち会いをしなければなりませんから、あらかじめどれくらいの日数がかかるのかを把握しておかないと、予定を立てるのが難しくなってしまいます。

ここでは、移動距離別に引っ越しにどれくらいの日数がかかるのかについて、考えてみたいと思います。

当日に引っ越しを終えることができるのは200kmまで

引越し業者が荷物を積んだその日に荷下ろしまでを終えることができる距離は、およそ200km以内だといわれています。

移動距離が200kmとなりますと、移動時間だけで3時間~4時間くらいはかかってしまいます。

荷物が少なければなんとか当日に終えることも可能かもしれませんが、荷物の量が多い場合だと積み下ろしの時間を考えたらかなりハードであることは容易に想像がつくと思います。

出発地が東京の場合は、関東地方であればほぼ当日に引っ越しを終えることが可能です。

関東地方で東京から200kmを超える距離のところはまずありませんので、荷物が多くない限りは当日で引っ越しを終えることができると考えていいと思います。

関東地方を超えて、静岡市あたりになってくると、当日で終えることができるか翌日になるか微妙な距離ということがいえそうです。

翌日の荷下ろしであれば600kmくらいまでは可能です

長距離トラックチャーター便を使っても、移動距離が200kmを超えると当日で引っ越しを終えるというのは難しくなってきます。

その日のうちに、積み込みと荷下ろしの両方をやらなければならないので、どうしても移動できる距離は限られてしまうことになります。

ところが、2日間かけて引っ越しを行うということになれば、積み込みと荷下ろしは1日あたりどちらかだけやればいいので、その分だけ移動時間を稼ぐことができます。

移動距離が600km程度までであれば、荷物を積んだ翌日に新居に荷物を下ろすことが可能になります。

東京発であれば、大阪や兵庫あたりまでは2日間で引っ越しを終わらせることが可能であるといえそうです。

東北方面の場合は、仙台や岩手あたりまではなんとか翌日に運ぶことができますが、青森まではさすがに厳しいといえそうです。

移動距離1000km以内であれば翌々日に引っ越しが完了します

チャーター便を使って3日間かけて引っ越しをする場合には、移動距離も1,000kmくらいまでが対応可能となります。

3日間かける引っ越しの場合、真ん中の日は移動に専念できますから、かなり距離を伸ばすことができます。

東京発の場合、岡山や広島までは余裕で、福岡あたりまでは十分に対応可能といえそうです。

北方面ですと、青森や函館までは十分に対応できますが、札幌だときついイメージになると思います。

いずれにしましても、3日間かければ東京からほぼ全国どこでも引越しができてしまうことがお分かりかと思います。

日本の端から端まで引っ越しをする場合の日数

東京を中心にして、チャーター便を使った場合の引っ越しにかかる日数を見てきましたが、今度は日本の端から端まで引っ越しをした場合の、日数を考えてみたいと思います。

まず仙台~福岡ですが、こちらは1,430kmほどの道のりになりますので、積み込みから荷下ろしまでトータルで4日ほどかかると考えていいと思います。

中2日は完全に移動だけになりますので、4日間あれば1,400km程度の引っ越しはまったく問題ないと思われます。

函館から福岡までの引っ越しだと距離的には1,750kmほどになりますが、がんばればなんとか4日で終えることができるかも知れません。

さすがに札幌~福岡だと2.000kmを超えますので、中3日でトータル5日程度かかってしまう可能性があります。

混載便だとさらに日数がかかることになります

カレンダーを指差す距離別に引っ越しにかかる日数の目安を紹介してみましたが、これらはあくまでもチャーター便を使って、荷物を積んだトラックでそのまま目的地まで運んだ場合の日数になります。

チャーター便を使って長距離の引っ越しをする場合、数日にわたってトラックと作業員を拘束することになりますので、料金的にはかなり割高になってしまいます。

そこで、長距離の引っ越しのときによく利用されるのが、混載便と呼ばれる運搬方法です。

これは、荷物を積んだトラックでそのまま目的地に行くのではなく、ターミナルで大型のトラックに積み替えて、他の依頼者の荷物と一緒に目的地の近くまで運んでしまう方法です。

大きなトラックに複数の家族の荷物を一度に積んでしまうので、非常に効率がよくなり、その分だけ料金も割安になります。

チャーター便をタクシー、混載便をバスと考えれば、混載便の料金が安くなるイメージがつかめるかと思います。

しかし、混載便にはデメリットもあります。

それは、チャーター便にくらべて荷物が目的地に着くまでの時間がかかってしまうという点です。

同じ方面の荷物が集まるまで、大型トラックがターミナルで数日間にわたって待機することになるからです。

東京から政令指定都市のような大きな都市への引っ越しの場合であれば、同じ方面への引っ越し希望者が多いために、1日ほどの待機期間で大型トラックの荷台はいっぱいになってしまいます。

つまり、チャーター便にくらべて1日遅れ程度で荷物が目的に着くことが多いようです。

ところが、ローカルな地域の場合、大型トラックの荷台がいっぱいになるまで3日~4日程度かかってしまうこともあります。

そのような場合には、旧居で荷物を積んでから新居で荷物を下ろすまでに1週間ほどもかかってしまうことになります。

長距離の引っ越しをする場合には、料金の安さを選択するのか荷物が早く到着する方を選択するのかで悩むことになりそうです。

長距離の引っ越しには大手の業者を利用したほうがお得?

大手の引越し業者当日で引っ越しが終わってしまうような近距離の場合であれば、地元の中小の引越し業者を利用した方が料金的には安くなるかも知れません。

また、単身者であれば赤帽などの軽トラックチャーター便を利用することで、近距離の引っ越し費用をおさえることができるでしょう。

ところが、長距離となると事情が異なります。

大手の引越し業者を利用した方が安くなる可能性があるのです。

特に物流系の大手引越し業者は、長距離に強いといわれています。

物流系の引越し業者というのは、日通やクロネコヤマト、佐川急便といった会社のことです。

こういった大手の物流会社は、大型のトラックやコンテナが日本中を縦横無尽に走り回っています。

物流系以外の引っ越し専門会社も、東京や政令都市間のような需要の多い区間には大型トラックによる専用の便が毎日のように走っています。

しかし、ローカルな地域まで含めた場合には、物流系の会社には太刀打ちできません。

日通やクロネコヤマトが、「単身パック」や「単身引越サービス」といった、単身者向けのサービスを格安で提供できるのは、まさにそういった全国の物流網があるからなのです。

ですから、遠方への引っ越しを計画している人は、大手は高いという思い込みは捨てて、物流系の大手引越し業者に見積もりを取ってみるといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする