大型の家具や家電のみを引越し業者に依頼することは可能でしょうか?

大型の家具と家電最近の引越し業者は、オプションサービスなどが充実しているために、引っ越しに関することであればあらゆることに対応してくれるところが多くなっています。

つまり、自分では一切何もせずに業者任せで引っ越しを終えることも可能です。

その一方で、引っ越し費用を節約するために、自分たちでできることは自力でやりたいという人もいることでしょう。

大型の家具や家電を運ぶのは無理でも、小物などであれば自分たちでも十分に運ぶことが可能だからです。

しかし、楽な仕事だけ自分たちでやって、大変な仕事だけを引越し業者に依頼をするというのは、ある意味ではわがままな話です。

はたして、大型の家具や家電品だけを運んでくれる引越し業者はいるのでしょうか?

自力で引っ越しをした人の多くは後悔をしています

引っ越しの際には、転居先の物件を契約する費用など、引越し業者に支払う代金以外にもさまざまな出費がかさむものです。

そこで、少しでも費用を減らそうとして、引越し業者に依頼をせずにレンタカーなどを借りて、自力で引っ越しをする人もいます。

しかし、自力で引っ越しをした人の多くは、あとになって「引越し業者に依頼をしておけばよかった」と後悔するようです。

特に、大型の家具や家電などがあって、それらを1階から2階にあげなければならないような作業は、想像以上に厳しい作業となります。

プロの引越し業者ように手際もよくありませんから、作業時間も余分にかかってしまい、引っ越しを終えたときには、疲労困憊でぐったりとなってしまうことになります。

そこで、小物だけを自分たちで運んで、大型の家具や家電だけを引越し業者に運んでもらえれば、助かると考える人もいることでしょう。

すべて自力でやるよりもだいぶ楽になりますし、費用にしても引越し業者にすべてを依頼するよりは安くなりそうな気がします。

参考記事:レンタカーを借りて自力での引越しをおすすめしない理由

大手引越し業者の提供する大物家具に限定したプラン

少しでも引っ越し費用を安くするために、大型の家具や家電だけを依頼したいというニーズは必ずあるはずです。

そういったニーズに答えるべく、引越し業者のなかにはそういったプランを提供しているところがあります。

アーク引越センターの「大物限定プラン」ダック引越センターの「家具だけプラン」などです。

クロネコヤマトにも、「らくらく家財宅急便」というサービスがあります。

こういったサービスは、引越し業者がニーズに答えて提供してくれているサービスなわけですから「大変な仕事だけお願いして申し訳ない」などと考える必要はありません。

遠慮なくサービスを利用させてもらえばいいと思います。

参考記事:引っ越しをするときにベッドはどうすればいいのか?~運搬の問題と分解組み立て

大物だけ運んでもらうと本当にお得になるのか?

大物だけ運ぶといくら?引越し業者が提供する大物だけを運んでもらうプランを利用した場合、料金的にはどれくらいお得になるのでしょうか?

引越し業者の料金というのは、トラックのサイズと移動距離でほぼ決まることになります。

あとは、引っ越しをする時期や作業を開始する時間帯などによっても、料金が大きく変わることになります。

これらの引越し料金を決定する要因のうち、大物だけを運んでもらうプランを利用することで変わってくるのは、トラックのサイズのみということになります。

つまり、大物だけを運んでもらうプランの場合には、すべてを引越し業者に依頼をするプランにくらべて、ひと回り小さいトラックで済む可能性があるという点だけがことなるわけです。

実際の引っ越しにおいては、トラックの荷台のほとんどを大型の家具や家電などが占めることになります。

そのため、小物だけを自分たちで運ぶといっても、トラックのサイズが半分で済むというのは考えにくいことです。

本来であれば3tトラックが必要となる引っ越しで、小物をトラックに積む必要がないからといっても、半分のサイズの1.5tトラックにすべての大型家具や家電を積むことができるかどうかは疑問です。

せいぜい3tトラックが2tロングのトラックになる程度だと思われます。

この程度のサイズの違いであれば、料金に大きな差が出ることは考えにくいでしょう。

たとえば、3tトラックを使った場合の引っ越し代金が6万円だとしたら、2tロングだと4万円~5万円になる程度だと思います。

小物を自分たちで運ぶために、レンタカーなどを借りたりすると、これくらいの料金差は帳消しになってしまう可能性があります。

すべてを引越し業者にお任せすれば、自分たちでは何もやらなくてもいいわけですから、大型の家具や家電だけを引越し業者に依頼をするというのは、あまり得策ではないかも知れません。

同一敷地内や同一マンションなどへの引っ越しには有効

小物だけを自分たちで運ぶといっても、レンタカーを借りてまで運ぶとなると、むしろすべてを引越し業者にお願いしてしまったほうが得策である可能性が高いということがお分かりになったかと思います。

それならば、引越し業者が提供する大物専用プランは利用しない方がいいのかといいますと、必ずしもそうとは限りません。

たとえば、同じ敷地内の別棟への引っ越しとか、同一マンションの別の部屋に引っ越しをするといったような場合には、そういったサービスを利用することは有効であると思われます。

時間のあるときに少しずつ自分で台車などを使って小物を運んでおき、残った大物の家具や家電だけをプロの引越し業者に依頼をするというやり方です。

こういったトラックを使用しない引っ越しの場合には、あくまでも作業員の人件費によって料金が決まってくることになりますので、事前に小物を運んでおくことで業者の手間を減らしてあげれば、その分が料金に反映されて安くなることでしょう。

大物の家具や家電が1点だけしかない場合

大きな冷蔵庫1人暮らしの人の場合、大物の家具や家電などはほとんどないというケースもあるでしょう。

そういった場合には、コンテナに小物だけを積み込んで運んでもらう「単身パック」などのサービスが格安でお得になります。

近場の引っ越しであれば、1万5千円程度の料金で済んでしまいます。

しかし、たまたま1点だけ大型の家具や家電などがあった場合はどうすればいいのでしょうか?

大物の家具が軽トラックに積むことのできるサイズであれば、赤帽などを利用することで問題は解決します。

赤帽の場合、作業時間が2時間以内で走行距離が20km以下だと、平日の料金が13,500円となっていますので、単身パックとほぼ変わらない料金で利用することができます。

ただし、単身パックがコンテナを利用して混載便で運ぶのに対して、赤帽は軽トラックを1台チャーターすることになります。

そのため、遠距離の引っ越しの場合には、単身パックとくらべて大幅に料金が高くなってしまいます。

長距離なら「単身パック」と「らくらく家財宅急便」の合わせ技が有効

大型の家電や家具などが1点だけあって、あとは小物ばかりのときには、近場の引っ越しに限り赤帽がお得であるということがお分かりになったかと思います。

それでは、遠距離の引っ越しの場合にはどうすればいいのでしょうか?

小物だけなら単身パックで運べてしまうのに、大物の家具や家電が1点だけあるために普通の引っ越しサービスを利用するというのももったいない気がします。

そこでお勧めなのが、「単身パック」とクロネコヤマトの「らくらく家財宅急便」の合わせ技です。

たとえば、東京から大阪まで引っ越しをするときに、大型家電として洗濯機が1台だけあって、あとは小物ばかりだったとします。

普通に引越し業者に依頼をすると、6万~10万円の料金になってしまうことでしょう。

ところが、小物だけを「単身パック」を利用して運べば2万5千円程度で済んでしまいますし、洗濯機も「らくらく家財宅急便」を利用すれば、9千円弱で運んでもらえます。

つまり、両方を合わせても3万5千円程度で済むことになり、普通に引越し業者に依頼をするよりもずっと安い料金で荷物を運ぶことが可能になるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする