引っ越しをしたいけれどもお金がない人がとるべき引っ越し費用節約術

ダンボールをのぞく女性人生には、必ず何度か引っ越しをしなければならないようなイベントが起こります。

また、特にイベント的なことはなくても、いま住んでいるところの環境的な問題で、引っ越しをしたいと思うこともあるでしょう。

たとえば、近所に口うるさい人が住んでいるとか、目の前に大きな建物ができてしまってまったく日が差さなくなってしまったなどと言う場合です。

こういったときに、賃貸物件に住んでいる人であれば、引っ越しをすることでそういった問題を解決することが可能です。

しかし、引っ越しをするといってもタダではできません。

引っ越しをするということは、思った以上にお金がかかるものです。

引越し業者に支払うお金だけではなく、新居の契約に伴う敷金や礼金、仲介手数料といった費用が発生することになります。

ここでは、引っ越しをしたいけれどもお金がないという人に向けて、なるべくお金をかけないで引っ越しをするにはどうしたらいいかについて解説をしてみたいと思います。

初期費用の発生しない賃貸物件を探す

引っ越しにあたって新たに賃貸物件の契約をしようと思うと、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃などで、家賃の5ヶ月分程度の初期費用が発生してしまうのが普通です。

家賃が5万円の物件であれば25万円、家賃が10万円であれば50万円の初期費用がかかってしまうわけですから、お金のない人にとってはかなり厳しく感じることでしょう。

逆に、これらの初期費用があまり発生しない物件を探すことができれば、引っ越しに伴う費用を大幅に減らすことができるわけです。

具体的には、どのような物件を選べばいいのでしょうか?

敷金なし・礼金なしのゼロゼロ物件を探す

最近では、敷金はともかく礼金が不要の物件が増えてきています。

ところが、物件によっては敷金も礼金もどちらも発生しない「ゼロゼロ物件」と呼ばれるものが存在します。

こういった物件を探すことができれば、それだけで家賃の2~3ヶ月分程度の費用を削減することが可能になります。

ただし、敷金も礼金も必要がないということは、何らかの理由があるはずです。

普通に考えられる理由としては、入居者がなかなか見つからないために、あえて「ゼロゼロ物件」として入居者のハードルを下げているということです。

入居者が見つからない理由としては、「物件がかなり古い」「駅からの距離がかなりある」「日当たりが悪い」「近くに問題の施設がある」「事故物件である」などといった、さまざまなことが考えられます。

「ゼロゼロ物件」の場合には、一度契約をしてしまうと途中解約ができない物件もありますので、契約をするまえにどういった物件なのかを慎重にチェックする必要があります。

仲介手数料が無料の物件も存在します

仲介手数料が無料敷金や礼金がかからないだけではなく、仲介手数料が無料の物件も存在します。

敷金や礼金というのは大家さんに支払うお金です。

たとえ「ゼロゼロ物件」であっても、その後は毎月家賃が入ってくるわけですから、大家さんとしても基本的には問題ないわけです。

ところが、仲介手数料というのは、物件を紹介してくれる不動産業者に支払うものですから、これが無料ということになると、不動産業者はボランティアになってしまうような気がします。

しかし、実際には不動産業者にとって、まったく問題ないようなシステムになっているのです。

どういうことかといいますと、そういった仲介手数料無料物件の場合、不動産業者は入居者から仲介手数料を取るのではなく、大家さんからとる仕組みになっているからです。

賃貸物件が空室となってしまった場合に困るのは、不動産業者ではなく大家さんです。

そこで、大家さんは本来であれば入居者が仲介手数料として支払うべき分を負担することで、入居者探しのためのハードルを下げているわけです。

いずれにしましても、「ゼロゼロ物件」と同様に、なかなか入居者が見つからないために仲介手数料を無料としている可能性が高いので、その理由はしっかりと確認をしておいた方がいいでしょう。

前家賃が不要なフリーレント物件を探す

賃貸物件の契約をするときに、敷金・礼金・仲介手数料の他に必要になってくるのが、前家賃です。

しかし最近では、この前家賃でさえも不要な物件が登場しています。

それがフリーレント物件と呼ばれるものです。

フリーレント物件の場合、入居後の家賃が1ヵ月~3ヶ月にわたって無料になります。

つまり、家賃がタダということです。

このフリーレント物件も、「ゼロゼロ物件」や仲介手数料無料物件と同様に、何らかの理由があって入居者が集まりにくいからそういった条件を提示しているわけですから、契約前にしっかりと物件チェックをすることが大切です。

参考記事:引っ越し先の家賃を値引き交渉で安くすることはできるのか?

引越し業者に支払う費用を削減するための方法

新居となる物件探しにおいては、「ゼロゼロ物件」や仲介手数料無料物件、フリーレント物件といったものをうまく探すことで、契約時に必要となる初期費用をかなり削減することができるということがお分かりになったかと思います。

しかし、引っ越しをするためにかかる費用はそれだけではありません。

お金がない人が引っ越しをする場合には、引越し業者に支払うべき料金も大きな負担になるに違いありません。

しかし、引越し業者に支払う費用をゼロ円にする方法はありませんが、費用を削減する方法はいくつか存在します。

引っ越しの時期やプランで大幅に料金が下がります

引越し時期にこだわらないのであれば、引越し業者が暇な閑散期を狙えば、引越し料金は大幅に安くなります。

5月から8月は、引越し業者がそれほど忙しくない時期となりますので、3月などの繁忙期にくらべると半分以下の料金で引っ越しが可能になります。

さらに、引越し予定日や当時の作業開始時間などをすべて業者にお任せするプランを利用すれば、さらに安くなることでしょう。

また、ネットから複数の引越し業者に一括で見積もりをもらうことのできる、一括見積もりサイトなどを利用すると、同一条件で最安値の業者を見つけることが可能になります。

大型の家具や家電がなければ自力で引っ越しをする

自力で引っ越す引越し時期や業者のプランなどをうまく活用すれば、かなり安く引っ越しができるということがお分かりになったかと思いますが、それでも料金をゼロ円にすることはできません。

もし大型の家具や家電品などがほとんどなく、距離もそれほど遠くないということであれば、業者に依頼をせずに自力で引っ越しをすることも十分可能になることでしょう。

その場合、荷物を運ぶためのクルマがない場合には、トラックなどをレンタルする必要がありますので、どうしてもその分の費用は発生してしまいます。

大型のワンボックスカーなどを所有している人でなおかつ近距離の引越しであれば、自分のクルマに荷物を少しずつ積んで、何度も往復するピストン輸送で荷物を運ぶことも可能になります。

どうしてもお金を工面できなければ銀行から借入れをする

大型の荷物が多く、距離も遠いということになれば、さすがに自力での引っ越しは困難になりますので、引越し業者にお願いをするしかありません。

その場合、引越し業者というのは基本的に現金払いですから、お金がないことには依頼をすることができません。

どうしてもお金を工面することができないということであれば、銀行などから借りるしかありません。

ただし、どこの銀行にも「引越しローン」などといった商品はありませんから、利用目的が自由なローンを選択することになります。

利用目的が自由ということになりますと、カードローンなどを思い浮かべる人もいると思いますが、金利が高いのでおすすめはしません。

同じ利用目的が自由でも、カードローンとくらべるとはるかに金利の安い、フリーローン(多目的ローン)を利用してみるといいと思います。

カードローンの年利が13%~18%なのに対して、フリーローンであれば、年利5%~6%程度で借りることができる銀行が多くなっています。

まずは、銀行に行って相談をしてみるといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする