東京~神戸市までの引っ越しの概算料金~見積もり金額を相場と比較してみよう

東京から神戸東京から神戸の転勤が決まったら、まずは転居先の賃貸物件を探したり引越し業者を探したりということをしなければなりません。

特に東京から神戸は520kmほどの長距離移動となりますので、引越し料金もどれくらいになるのか気になるところです。

引っ越しは一生の間にそう何度も経験するものではないですし、実際に引っ越し業者から見積もりをもらっても、それが高いのか安いのかを判断するのは難しいと思います。

ここでは、さまざまな状況別に、東京から神戸まで引っ越しをするときの見積もり金額や相場について解説をしてみたいと思います。

単身者が東京から神戸まで引っ越しをするときの見積もり相場

最近では、転勤の際に単身赴任を選択する人も増えています。

そのため、引っ越し業者も単身者向けにさまざまなプランを提供しています。

東京から神戸はそれなりの長距離となりますが、そういったプランをうまく活用することで格安で引っ越しをすることも可能になります。

ここでは実際に、単身者が東京から神戸まで引っ越しをするときにかかる費用について、具体的にみていきましょう。

引越し業者の単身向けプランを利用した場合の料金

引越し業者の単身向けプランは日通の「単身パック」が有名ですが、単身で荷物の少ない人であればそういったプランを活用することで、かなりお得に引っ越しをすることが可能になります。

東京から神戸であれば、引っ越しをする時期にもよりますが、2万5千円~2万8千円程度で引っ越しができると考えていいと思います。

移動距離が500km以上もある引っ越しにしては、だいぶ割安な感じがすると思います。

東京から大阪を経由して神戸というルートは、交通網が発達していて物流が盛んですから、同じ距離でも地方とくらべて料金が割安になりやすいです。

ただし、3月などの引越し業者の繁忙期になると、最低でも3割程度は料金が高くなってしまいますので、注意が必要です。

また、単身向けの専用プランの場合には、コンテナに入るだけの荷物しか運べませんので、荷物の多い人は別の方法を考えなければなりません。

荷物が多めの単身者が東京から神戸に引っ越しをする場合

単身での引っ越し単身者の引っ越しであっても、荷物の量が多い人の場合には「単身パック」などでは対応ができません。

大きな家具や家電などがなければ、単身パックのコンテナを2つ利用するという方法も考えられます。

その場合の料金は、5万円~5万6千円と単純に2倍になります。

しかし、食器棚や大型の冷蔵庫などを転居先に持って行くとなると、単身の専用プランではなく一般の引っ越しサービスを利用することになります。

単身者が一般の引っ越しサービスを利用して東京から神戸まで引っ越しをした場合の料金は、6万円~10万円程度を目安に考えておくといいでしょう。

もちろん、繁忙期には割高になりますので注意が必要です。

荷物の多い単身者の場合、赤帽を使って引っ越しをするというのも1つの選択肢になります。

赤帽をチャーターして東京から神戸まで荷物を運んでもらうと、7万円~8万円の料金(高速料金別途)になると考えていいでしょう。

ただし、この金額で荷物を運んでもらえるのはあくまでも平日の場合で、休日だと2割増しになるようです。

また、一般の引越し業者を利用するときには、トラックの助手席に乗せてもらうということはできませんが、赤帽の場合には荷物の監視を理由に助手席に乗って目的地まで行くことが可能です。

そのため、東京から神戸までの新幹線代を浮かせることができるわけです。

家族で東京から神戸まで引っ越しをするときの見積もり金額

引っ越しの料金というのは、基本的に移動距離とトラックのサイズによって決まってきます。

そのため、家族での引っ越しの場合には単身者にくらべて荷物が多くなる分だけ料金も高くなりがちです。

ただし、家族といっても夫婦2人だけの場合もあるでしょうし、子どものいる家庭だと4人~5人で引っ越しをすることになるかも知れません。

ここでは、夫婦2人と小さな子どもが2人いる4人家族で、東京から神戸まで引っ越しをしたときの料金を考えてみたいと思います。

チャーター便を使うと東京から神戸まではどれくらいの金額になる?

4人家族引越し業者が荷物を運ぶ方法には、大きく分けて2種類あります。

1つはトラックを貸し切りにして運ぶチャーター便で、もう1つは他の家族の荷物と一緒に運ぶ混載便です。

チャーター便というのは、荷物を積み込んだトラックでそのまま貸し切り状態で目的地まで荷物を運ぶことになりますので、引越し業者にしてみれば効率の悪いやり方です。

そのため、どうしても料金的には混載便にくらべて割高になってしまいます。

夫婦2人と小さな子どもが2人の家族の場合、使用するトラックのサイズは2tロング~3tが目安になると思います。

このサイズのトラックをチャーターして、東京から神戸まで荷物を運んだ場合、15万円~28万円程度が相場になることでしょう。

ただし、これはあくまでも引越し業者がそれほど忙しくない閑散期の場合の料金です。

これが3月などの繁忙期になると、料金が2倍近く跳ね上がることも普通にありますし、そもそも繁忙期にはチャーター便の取り扱をしていない引越し業者もあります。

このように、料金的にはかなり割高になってしまうチャーター便ですが、混載便のように荷物の積み替えをすることがありませんので、目的地まで早く到着できるというメリットがあります。

東京から神戸までの距離は約520km程度なので、道路事情にもよりますが7時間程度で移動が可能です。

荷物を積み下ろしする時間を含めても、10時間~11時間程度で引っ越しが完了しますので、早朝に荷物を積み込めば当日に引っ越しを終わらせることも不可能ではありません。

ただし、作業の開始が遅くなってしまった場合は、到着は翌日ということになります。

混載便を使って東京から神戸まで引っ越しの荷物を運ぶ

チャーター便には、引っ越し先にダイレクトに早く荷物が届くので、安心できるというメリットがあります。

その反面、料金が割高になってしまうというデメリットがあります。

途中で大型トラックに荷物を積みかえて、他の依頼者の荷物と一緒に運ぶ混載便であれば、チャーター便にくらべて料金を安くすることも可能です。

それでは、東京から神戸まで混載便を利用して引っ越しの荷物を運んだ場合の料金は、どれくらいになるのでしょうか?

繁忙期をさければ、6万円~12万円程度の料金で利用することも可能です。

これが引越し業者の繁忙期ということになりますと、8万円~16万円程度はかかると思っておいた方がいいでしょう。

それでも、チャーター便にくらべるとかなり割安感があると思います。

東京~神戸の場合には、幹線道路を走るトラックの便も多くなりますので、他の地域にくらべて割安になりやすいといえます。

ただし、チャーター便のデメリットとして、荷物が到着するまでに2日~3日かかってしまうのと、他の依頼者の荷物と一緒に運ぶことになりますので、荷物を紛失してしまう可能性があることがあげられます。

また、幹線を走る大型のトラックに何度か積み替えをすることになりますので、荷物を破損させてしまう可能性もチャーター便にくらべると高くなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする