引っ越しの際に発生する不用品を上手に処分する方法を考えてみる

考える女性引っ越しのための荷造りを始めてみると、転居先に持って行く必要のない不用品がたくさん出てくると思います。

必要のないものまで転居先に持って行くのは意味がありませんし、荷物の量が増えると引越し料金も割高になってしまいます。

そこで、なんとか不用品は引っ越し前に処分をしたいものですが、処分の方法によって費用は大きく変わってきます。

ここでは、どの方法で不用品を処分するのがベストなのかについて、考えてみたいと思います。

とにかく費用を安くおさえるのであれば自治体のクリーンセンター

引っ越しの際の不用品処分を少しでも安くおさえたいのであれば、各市区町村で運営しているクリーンセンターに持ち込みをするのが一番です。

もともと営利を目的にしているわけではありませんから料金的には格安ですし、自治体によっては無料で引取りをしてくれるようなところもあります。

ただし、自治体のクリーンセンターの場合は、不用品回収業者のようにすべての不用品を取りに来てくれるわけではありません。

基本的には、クリーンセンターまで持ち込みをすることになります。

そのため、不用品がたくさんある場合には、軽トラなどをどこからか借りてきて自分で運搬するしかありません。

粗大ゴミに関しては収集に来てもらえますが、指定された場所まで事前に運んでおく必要があります。

家のなかから、大型の家具などを運びだすというのは想像以上に大変な作業になりますので、その点は覚悟をしておく必要がありそうです。

また、引き取りに来てくれるまで1週間から2週間ほどかかってしまうこともありますので、引っ越しのタイミングに合わせるのは難しいかもしれません。

不用品回収業者はモグリの悪徳業者に注意が必要です

専門の不用品回収業者に依頼をすれば、基本的に自分でやることは何もありません。

お金さえ支払えば、家のなかから不用品をすべて運び出して持って行ってくれます。

依頼をする方としては非常に楽なのですが、そのかわり費用が発生してしまうのがネックとなります。

不用品を積んだ軽トラックただ、不用品回収業者の中にも、軽トラ1台分で8000円~1万円などといった格安をアピールしているところもありますので、そういったとろに問い合わせをしてみるといいかも知れません。

ただし、あまりにも安い不用品回収業者の場合、モグリの業者である可能性もありますので注意が必要です。

不用品回収業者は、自治体から「一般廃棄物収集運搬業」の許可を受けていなければ業務を行うことができませんが、一部の業者はそういった許可を受けずにモグリで業務を行っているようです。

参考記事:引っ越しの際は違法な不用品回収業者にご用心!~モグリの業者が増えています  

そういった違法なモグリ業者の場合、回収した不用品を不法投棄してしまったりすることも多いので気をつけなければいけません。

また、「無料で不用品を回収」などとチラシなどでアピールしておきながら、荷物をトラックに積んでしまったあとに「処分料がかかる」などと難癖をつけて、高額な費用を請求するような悪徳業者もいるようなので、気をつけなければいけません。

引越し業者の不用品回収サービスを利用する方法

最近の引越し業者は、単純に荷物を運搬するだけではなく、さまざまなサービスを提供しています。

荷造りや荷解きの代行だけではなく、エアコンの脱着から盗聴器の発見サービスまでいろいろなことを代行してくれるところが少なくありません。

そんな引越し業者のオプションサービスの1つとして、不用品の回収サービスがあります。

こうした引越し業者の不用品回収業者のサービスを利用するメリットとしては、引っ越しをしてもらうときに同時に不用品の回収も依頼することができるという点です。

自分で不用品回収業者を探す手間が省けるわけです。

また、こうした大手の引越し業者と提携している不用品回収業者であれば、安心して依頼をすることができます。

大手の引越し業者がモグリの不用品回収業者や不当な料金を請求する悪徳業者に仕事をさせるということはあり得ません。

そんなことをすれば、一気に社会的な信用を失ってしまうからです。

ただし、引越し業者の不用品回収サービスにデメリットがまったくないわけではありません。

それは、料金的に割高になりがちだということです。

不用品回収サービスといっても、引越し業者が自社でやるのではなく、多くの場合は協力会社として不用品回収業者に外注しているわけです。

そのため、不用品回収業者に直接依頼をするときにくらべると、引越し業者の経費分が上乗せされる分だけ割高になるわけです。

引越し業者によって異なるサービス~使えるものしか引き取らない?

使えるものか見分ける料金的には割高になりますが、手間がかからずに安心して依頼できるのが引越し業者の不用品回収サービスだということがお分かりいただけたと思います。

しかし、この「不用品回収サービス」の考え方が、引越し業者によって微妙に異なることがあるので注意が必要です。

先ほど、引越し業者の不用品回収サービスは、自分で不用品回収業者に直接依頼するよりも割高になるというお話をさせていただきました。

ところが、引越し業者のなかには「無料で不用品引取り」をうたっているようなところがあります。

不用品を無料で引き取ってくれるというのは非常に魅力的に感じると思いますが、実はそういったサービスの場合、使えるものしか引き取らないことが多いのです。

どういうことかといいますと、まだ使える家具や家電などはリサイクル品として市場に流すことを前提に引取りをするわけです。

つまり、引越し業者にしてみれば、まだ使えるものであれば無料で引取りをしても、リサイクルショップなどに持ち込むことで利益を出すことができるわけです。

そういった「無料不用品回収サービス」の場合には、いわゆる粗大ゴミや壊れた家電などは引きとってもらえませんので注意が必要です。

ですから、この場合は厳密にいうと引越し業者がうたう「無料不用品回収サービス」というのは間違いで、「無料不要品回収サービス」が正解ということになります。

「不要品」というのは、いらなくなったけどまだ使えるもののことをいいますが、「不用品」というのは、壊れて使えないジャンク品やゴミのことを指すのが一般的です。

意外にお得感のある便利屋の片付けサービス

引っ越しにともなう不用品の処分を行う際には、各地区町村にあるクリーンセンターを利用するのが一番お得であるというお話を先ほどさせていただきました。

しかし、自分で不用品を運び出したり運搬をしたりという手間がかかってしまうのがネックでした。

そこで、そういった手間のかかる部分を、便利屋にお願いをして、クリーンセンターまで運んでもらうというやり方が意外にお得だったりします。

便利屋は「一般廃棄物収集運搬業」の許可を持っていませんから、不用品の回収そのものはできませんが、クリーンセンターまで運ぶお手伝いをすることは合法的にできることになります。

また費用的にも、発生するのは基本的に手間賃だけなので、不用品回収業者に依頼をする場合にくらべて、お得になる可能性が高いといえます。

また、不用品そのものはクリーンセンターに持って行くことになるわけですから、モグリの不用品回収業者のように不法投棄をされる心配もありません。

不用品回収業者や引越し業者の不用品回収サービスの見積もり金額が高いと感じる場合には、一度便利屋に相談してもるのもいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする