引っ越しが超簡単なミニマリストと呼ばれる人たちのライフスタイルとは?

シンプルな部屋実際に引っ越しをすることになると、自分の家のどこにこんなにたくさんの家財があったのかと驚く人も少なくないでしょう。

しばらく生活をしているうちに、家の中の荷物はどんどん増えていってしまうものです。

しかし、世の中には必要最小限のものしか持たずに生活をする、ミニマリストと呼ばれる人たちが存在します。

ミニマリストは、荷物の絶対数が少ないために、引っ越しも非常に楽です。

荷造りがわずか30分で終わってしまったなどという人もいるようです。

また、引っ越しだけではなく、ミニマリストにはさまざまなメリットがあるようです。

物を持たなくても生活ができてしまう時代になってきた?

現代はものがあふれている時代などと言われますが、逆に物を持たなくても生活ができる時代になっているのではないかと主張する人もいます。

たとえば、スマホが1台あれば固定電話もカメラもいりません。

また、カレンダーも必要ありませんし、時計や地図、メモ帳もすべてスマホがあれば十分です。

スマホには音楽プレーヤーも内蔵されていますし、ネットで動画をいくらでも見ることができますのでテレビも必要ありません。

そもそも、スマホというのはパソコンを小さくしたようなものですから、よほど凝ったことをする人以外はスマホが1台あればパソコンも必要ないということなります。

仮に何かをプリントアウトしたいときであっても、スマホをコンビニに持って行けば可能になりますので、プリンターも必要ありません。

また、本などもスマホがあれば電子書籍で読めますから、あえて書店からかさばる書籍を購入する必要もありません。

DVDプレーヤーなどがなくても、動画配信サービスを使えば古今東西のあらゆる映画をスマホで見ることができます。

もちろん、DVDのパッケージがとんどん増えていってしまうということもありません。

こうしたことを考えてみた場合、家の中にものがあふれている人というのは、相当に効率の悪い生き方をしているといえるかも知れません。

ミニマリストの引っ越しは業者に依頼する必要がない?

自力で引っ越しそもそも引っ越しのときに業者に依頼をするのは、たくさんの荷物があるために自分たちで運ぶのは大変だからです。

しかし、荷物そのものが少なければ、あえて引越し業者に依頼をする必要はなくなることになります。

ミニマリストの中には、家財道具一式をマイカーに余裕で積むことができる人も少なくありません。

仮にマイカーを持っていない人であっても、宅配便などを使って格安に引っ越しをすることが可能になります。

参考記事:宅配便を使って引っ越しをしたらどれくらいの料金がかかる?
       
もちろん、必要最小限の家財しか持たないミニマリストは、引っ越しのための荷造りも簡単です。

冒頭にも書きましたように、わずか30分ほどで荷造りが完了してしまったという人もいるくらいです。

まさに、ちょっとした旅行にいくときの準備くらいの感覚でしょうか?

多くの人は、引っ越し前の準備や引っ越し後の荷解き作業などに相当のストレスを感じるものですが、こうしたミニマリストであれば、まさにストレスフリーの旅行感覚で引っ越しができるのかも知れません。

ミニマリストの家には家財が1つもない部屋が存在する?

何もない部屋あるミニマリストの家には、家財がまったく何もない、まさに空っぽの部屋があるそうです。

普通の人であれば、いったいその部屋で何をするのだろうかと疑問に思うところですが、ミニマリストに言わせれば、なんにでも使える部屋なんだそうです。

確かに言われてみればその通りで、部屋というのは何か家財を置くことで目的が決まってしまいます。

ソファーやテレビなどを設置すれば居間になりますし、ベッドを置けば寝室になります。

ところが、何も家財がない部屋とういのは、目的が絞られていない分、なんにでも使うことができるわけです。

つまり、マルチルームということになります。

あるときは知人が遊びに来たときのお泊り部屋になり、あるときには急な来客のときの応接室になります。

雨が続いて外に洗濯物が干せないときには、室内干しのための部屋に早変わりします。

また、子どもが勉強をするときにこの部屋を使わせたりすると、周りに家財が何もないことによって勉強に集中できるのだそうです。

家族の誰かがインフルエンザなどの感染力の強い病気にかかったときにも、こういった部屋があれば他の家族に感染させることを防ぐことができるかも知れません。

また、こういった部屋があることで、このままずっとスッキリした部屋を維持したいという気持ちが芽生えて、新たに物を購入しようという気持ちがなくなってくるそうです。

つまり、無駄な買い物をしなくなるということですから、経済的にも大いにメリットがあるといえるでしょう。

部屋にあまり物を置かない方が豊かにみえてしまいます

本格的なミニマリストを目指さなくても、家の中の荷物を少なくしたいと考えている人は少なくないと思います。

同じ広さの部屋であっても、物が少ないと広々と感じるからです。

ある意味では、そういった空間こそが本当に贅沢な空間といえるのかも知れません。

物があふれていて、足の踏み場もないような空間は、むしろ貧乏臭く感じてしまうものです。

物がいっぱいあるからといって、豊かさを感じるという時代ではなくなってきているような気がします。

テレビなどでよく放映されるお金持ちの家というのは、部屋のなかに余計なものが置かれていなくてスッキリとしているものです。

お金持ちというのは、けっこう風水を気にする人も多いので、部屋のなかに普段使わないよけいなものは置かないようにしているのかも知れません。

ミニマリストに少しでも近づくために

家の中が荷物であふれている人が、少しでもミニマリストに近づくためにはどうすればいいのでしょうか?

いきなりキレイさっぱり断捨離しようとしても無理なので、できることろから少しずつやっていくしかないようです。

まずはいらないものから少しずつ処分をしてみる

いらない物を処分家の中を冷静に見まわしてみると、もう二度と使わないだろうと思われるようなものがたくさんあるはずです。

もう二度と着ることはないと思われるタンスの肥やしになっているような洋服や、子どもが小さいとき使っていたおもちゃや絵本などが、けっこうなスペースを占領していたりすることが多いものです。

そういった家の中にある「二度と使わない」と思われるものを処分するだけでも、家のなかはだいぶすっきりするに違いありません。

買うものよりも捨てるものを多くすれば自然と家の中はスッキリ

家の中にどんどん荷物が増えて行ってしまう原因はハッキリとしています。

要するに、捨てるものよりも新たに買って家の中に持ち込むものの数の方が多いからです。

何かを購入したときに、何かを捨てるようにすれば、基本的に荷物が増えることはないはずです。

たとえば、新しい洋服を一着かったら、もう二度と着る予定のない洋服を1着以上捨てるようにすれば、家の中の荷物は増えないどころか少しずつ減っていくはずです。

何か買い物をしたら、何かを処分するということを、自分の中でルール決めすることによって、家の中のものは確実に減って行くことになります。

それを続けることで、いつの間にか自分の家が広々として解放感に満ちた、贅沢な空間に変わっているかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする