引越し業者よりも便利屋に依頼したほうが本当にお得になるか?

頬杖をつき悩む女性かつては引っ越しというと、知人や同僚などに手伝ってもらって自力で行うのが一般的でした。

しかし最近では、引っ越しはプロである業者にお願いをするという考え方が主流になってきました。

そのため引越し業者の数も多くなり、各社とも引っ越しに関連するさまざまなサービスを展開するようになっています。

確かに引越し業者に依頼をすれば楽で便利なのですが、それほど荷物の多くない引越しの場合には、便利屋などに依頼をした方が安上がりなのではと考える人もいるようです。

便利屋はもちろん引っ越しのプロというわけではありませんが、請負業務の一環として引っ越しの業務を行っているところもあるようです。

しかし、本当に便利屋に依頼をすれば、お得に引っ越しをすることができるのでしょうか?


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

そもそも便利屋は引っ越し業務をしてはいけない?

便利屋さんで、引っ越し業務の請負をしているところは少なくないようですが、厳密には便利屋がすべての業務を行うことはできません。

どういうことかといいますと、代金をいただいて他人の荷物を運搬するためには、一般貨物自動車運送業許可というものが必要になって来るからです。

いわゆる青ナンバーと呼ばれているもので、正式に許可を受けている業者のトラックのナンバーは緑色であることからそう呼ばれているわけです。

それに対して、一般貨物自動車運送業許可を受けていない業者は「白ナンバー」と呼ばれ、モグリの運送業者ということになります。

白ナンバーのトラックで代金を受け取って、他人の荷物を運んではいけないことになっていますので、仮に便利屋さんが自社でトラックを所有していたとしても、ナンバーが白であればお客様の荷物を運ぶことは出来ないということになるのです。

つまり、白ナンバーのトラックしか持っていない便利屋が、引越し業者とまったく同じ業務をするというのは違法行為となるのです。

荷造りや荷物の積み込みであればまったく問題ありません

荷物を運ぶ便利屋一般貨物自動車運送業許可を受けていない便利屋が、料金を受け取って荷物を運搬するということは法的にできませんが、荷造りや荷物の積み込みといった仕事であれば問題なく行うことができます。

そのため、白ナンバーの便利屋に依頼することの出来る作業というのは、あくまでも引っ越しの補助ということになります。

自力で引っ越しをしようとした人が、すべての作業を1人でやるのは大変なので、便利屋さんに手伝ってもらうというイメージです。

ダンボールにこまごました荷物を詰め込んだりする作業は1人でやると結構大変ですので、そういった作業を手伝ってもらうだけでもだいぶ楽になります。

また、大型の家具や家電などの運搬は1人ではどうにもなりませんので、便利屋さんに力を貸してもらう必要が出てくるでしょう。

荷物を積み込むためのトラックは便利屋をあてにはできませんので、レンタカーで借りてくるなりして、あなたが運転して運搬をすることになります。

あるいは、便利屋とは別途で青ナンバーの運送業者を手配しておいて、そのトラックで荷物を運んでもらうという方法もあります。

ただし、そこまでするのであれば便利屋に頼むよりも、引越し業者にすべてを任せてしまった方がいいでしょう。

便利屋だと万が一のときに補償を受けられない

引越し作業中の傷引っ越しの作業にともなって家具や家電を破損させてしまったり、住宅の壁や床に傷をつけてしまうというトラブルが発生することがあります。

そういった場合でも、引越し業者の多くは「運送業者貨物賠償責任保険」というものに加入しており、万が一のときにもそれなりの補償をしてくれます。

参考記事:引越し業者と契約する前には必ず補償に関する確認をしましょう

しかし、便利屋は個人でやっている人も多く、そういった保険に加入している可能性は低いといえるでしょう。

万が一、運搬作業中に物を破損したり、壁や床に傷をつけてしまったりした場合、依頼者の自腹になってしまう可能性があります。

また、便利屋はたとえ業務として引っ越しの手伝いをするとはいっても、プロではありません。

荷物の運搬作業における手際の良さなどは、毎日その作業に携わっている引越し業者の作業員のようなわけにはいきません。

また、道具や養生材なども、プロが使うような効率的で便利なものは所有していないことでしょう。

そのため、階段を使って2階から荷物をおろしたりするような難易度の高い作業のときに、うっかりミスを犯してしまう可能性もあるわけです。

荷物の積み込みなどの作業であれば便利屋が行っても違法にはなりませんが、やはりプロである引越し業者とくらべてしまうと、どうしても見劣りする点がたくさんでてきてしまいます。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

便利屋を頼むと引っ越しは安上がりになるのか

便利屋は引越し業者にくらべるとさまざま制約があり、補償などの点でも不安があることが分かりました。

それでは、引越し業者に依頼をした場合と、便利屋に手伝ってもらって引っ越しをした場合ではどちらが費用的に安く済むのでしょうか?

引越し業者の場合は、事前に作成した見積もり金額で、一式を請け負う形で仕事をしてくれますが、便利屋の場合には作業にかかった時間で料金を計算します。

相場としては、1人あたり1時間で3000円程度のところが多いようです。

たとえば、荷物の積み込みから、転居先での荷下ろしまで2人が3時間ずつ仕事を下とします。

出張費として1人あたり2000円程度かかることが多いので、それと合わせると、2000円×2人+3000円×2人×3時間=22000円となります。

これにプラスして、トラックのレンタル代金がかかります。

1tクラスのトラックを1日借りる代金とガソリン代などで1万円程度になると思います。

便利屋に支払う22000円と合わせると、32000円となります。

この計算事例は、あくまでも近場での引っ越しを想定しています。

金額に驚く女性遠方になると便利屋を長時間拘束することになり、料金が跳ね上がってしまうので現実的ではありません。

そういう意味では、便利屋に引っ越しの手伝いを依頼するのは、あくまでも近場に限られるということになります。

便利屋に支払う代金とトラックにかかる費用を合わせて32000円というのは、引越し業者に依頼する場合とくらべて本当に安いのでしょうか?

引越し業者には、さまざまなプランがありますが、独り暮らしの向けの単身パックなどのサービスを利用すると、近距離の引っ越しの場合15000程度で済んでしまう場合があります。

単身パックでは収まりきれない荷物の量だったとしても、独り暮らしの荷物の量であれば30000円~40000円くらいの料金で収まると思います。

つまり、荷物の量にもよりますが、便利屋に頼んだ場合と同じかむしろ安くなる可能性があるということがお分かりかと思います。

しかも、引越し業者の場合には、荷物の量や移動距離で見積もり金額を算出するので、搬入や搬出に手間取ってしまって時間がかかってしまった場合などでも、基本的には見積もり金額以上を請求されることはありません。

それに対して便利屋の場合は、あくまでかかった時間ごとに料金が発生しますから、なんらかの理由で想定以上に時間がかかってしまった場合などには、料金も跳ね上がることになってしまいます。

こういったことをトータル的に考えてみますと、便利屋に引っ越しの作業を依頼するメリットはほとんどないということがお分かりかと思います。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>