電話1本で仕事を請け負う引越し業者と契約をしてはいけない理由

引越し業者と話をする女性急に転勤が決まってしまった場合など、ゆっくりと引越し業者を選んでいる時間がないために、地元の業者などに電話で契約を済ませてしまう人もいるようです。

大まかな家の広さと家族の人数だけを告げて、電話口で料金を聞いてそのまま予約をしてしまうわけです。

たとえ電話による口頭であったとしても、法律上契約は有効となってしまいますので、これはある意味では非常に危険な行為ということがいえます。

なぜ、電話1本で引越し業者に仕事を依頼することが危険な行為なのかについて、具体的に解説をしてみたいと思います。

電話口での受け答えだけで見積もりは作成できない

引っ越しのプロであったとしても、電話口で家の広さや間取り、家族の人数などを聞いただけで正確な見積もりを作成できるはずがありません。

過去のデータから、大まかな概算金額ははじき出すことが出来るかも知れませんが、想定していないような大きな家具があるかも知れませんし、玄関の間口が狭くて荷物の搬出が困難な家かもしれません。

もちろん、百戦錬磨の引越し業者であれば、そういったこともある程度想定していますので、最悪の場合を想定して高めの金額を提示することになります。

これは業者が料金をふっかけるとかいうことではなく、実際に現場を見ない以上リスクの分を上乗せして金額を提示するしかないのです。

「そんなに大きな荷物はないだろう」とか「搬出のやりにくい家ではないだろう」と勝手に決めつけて安い見積もり金額を提示してしまって、当日に大きな家具があったり搬出が困難であるということが分かったら、大赤字になってしまう可能性があります。

大赤字になるだけならまだしも、その荷物が用意したトラックでは積めないほど大きなものであったりすると、引っ越しを中止しなければならなくなるかも知れません。

たとえばピアノがあったり、大きな仏壇などがあったりした場合には、一般的な荷物を想定してそろえたスタッフだけではどうにもならないはずです。

一応、電話口でもそういった特殊な荷物がないかどうかは確認するはずですが、それでも回答する側がうっかり見逃してしまうとアウトということになります。

そのため、最悪の場合を想定して、かなり高めの見積もり金額を電話口で答えることになるわけです。

正式に見積もりをしてもらったら、その半分の料金で済むなどという可能性も十分にあります。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

「家財チェックリスト」「標準引越運送約款」を確認して契約

荷物をチェックする業者引っ越しの契約を電話で済まそうとする側にも問題がありますが、それを了承して現場を見ないで概算の金額で請け負ってしまう業者も大問題です。

電話で概算の金額を伝えることはどこの業者でもやっていることですが、契約前の最終的な見積もりは実際に現地を見たうえで、家の造りや間取り、荷物の量などを把握したうえで作成されるのが一般的です。

そして、見積書と一緒に「家財チェックリスト」と「標準引越運送約款」を渡されるはずです。

「家財チェックリスト」で見積もりに計上しているすべての荷物が確認できますし、「標準引越運送約款」によって業者との決めごとを確認することが出来ます。

それらをしっかりと確認したうえで契約をするようにすれば、まずトラブルになることはありません。

逆に、契約前にこれらの書類一式を提出してこないような業者は、モグリか悪質な業者である可能性が高いといえます。

参考記事:引越し業者と追加料金をめぐってトラブルにならないための事前チェック

引越しは振替のきかない一発勝負

引っ越しというのは、ある意味では一発勝負的なところがあります。

退去や入居の関係上、当日になって予定を変更するのは非常に困難といえますし、業者にしてもスケジュールが詰まっていればそう簡単に予定をずらすことはできません。

そういった意味では、確実にその日に引越しが出来るようにしっかりと段取りをしておかなければならないわけです。

電話の口頭契約だけで現場も見ていない引越し業者に仕事を依頼したあげく、何らかの原因によって当日に作業が出来なくなってしまうと、依頼した側も業者側もお互いが不幸なことになります。

より確実にその日に引っ越しを実行できるようにするためにも、引っ越しのプロである業者に一度下見に来てもらうということは必須のことといえるでしょう。

悪徳業者の罠にはまってしまう可能性も

悪徳業者に驚く男性「いま聞いた内容でしたら、20万円ちょうどでやらせてもらいます」
などと、電話口で引越し業者がそう言ったとしても、それを鵜呑みにしてはいけません。

悪質な業者になると、当日訪問するなり
「思ったよりも荷物が多いですね。10万円ほど追加料金が発生しますね~」
などと平気で言ってくることがあります。

それはおかしいだろうと主張しても、電話で聞いた範囲ではここまでの荷物の量は想定していなかった、といわれてしまえばそれまでです。

電話契約で、しかも1社にしか料金を出してもらっていないのであれば、まさに業者側の言い値になってしまいます。

むこうも、引っ越し当日になっていまさら断ることができないということを見越して、強気で主張してくることになります。

うっかり「そんな金額払えません」などと言おうものなら「じゃあ、帰らせてもらいますよ」などと捨てゼリフを吐く業者もいるようです。

引越し業者の見積もりを1社だけからしかとらず、しかも電話口で契約までしてしまうという横着なことをしたばっかりに、こういった悲劇を招いてしまうことになるわけです。

引越し見積もりは、必ず複数の業者から取得するようにし、現地を見てもらったうえで「正式見積書」「家財チェックリスト」「標準引越運送約款」を確認してから契約書にハンコを押すようにしましょう。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>