近距離の引越し見積もりをさらに安くするためのコツ

荷物を運ぶ引越し作業員引越し業者の料金は、大雑把に言えば荷物の量と移動距離でおおよその金額が決まります。

同じ荷物の量であっても、近距離の引っ越しであれば遠距離の場合にくらべて料金が安くなるのは当然のことです。

しかし、引越し業者との契約方法をひと工夫することで、近距離の引っ越しをさらに安くすることも可能なのです。

ここでは、近距離の引っ越しを安くするための、いくつかのコツを紹介してみたいと思います。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

移動時間が少ない近距離なら午後便がおすすめ

遠距離の引越しの場合には転居先への移動時間がかかるために、作業開始時間が限られてしまいます。

午後から作業を開始したのではその日のうちに引越しが終わらなくなってしまう可能性があるために、午前中の早い時間帯から作業を開始するのが一般的です。

また、それほど遠距離ではなくても、心理的になるべく早い時間帯に作業をスタートさせて、余裕を持って引っ越しを終わらせてしまいたいと考える人が多いでしょう。

そのため、時間帯でいうと午前中に作業をスタートするプランが引越し料金としては一番割高になるのです。

ものの値段は需要と供給の関係で決まりますから、需要の多い午前中の便が割高になってしまうのは仕方のないところです。

しかし、近距離の引っ越しであれば、あえて午前中にこだわる必要はありません。

午後からスタートしても、近距離であれば十分にその日に作業を終えることも可能です。

その日のうちに引越しが完了すればいいということであれば「午後便」を利用することで、引越し料金を安くすることができます。

先ほどと同様に需要と供給の関係で、需要が少なければ料金は安くなるわけです。

これが平日となると、土日祝日にくらべて料金がさらに安くなる可能性があります。

仕事の都合のつく人は、午前中で早退をして午後便を利用してみるといいかも知れません。

午後便よりもさらに料金をお得にするのであれば「フリー便」というサービスもあります。

こちらは、作業の開始時間を業者に一任するというもので、作業の開始時間がいつになるのか事前に分からないというデメリットがあります。

しかしその反面、料金的には「午後便」よりもさらに安くなるので、近距離の引っ越しでとにかくその日のうちに作業が終わればいいという人は、利用してみる価値があるでしょう。

ただし、フリー便の場合は引越し業者がいつ来るか分かりませんので、平日の午前中で早退をして待機をするということは出来ません。

参考記事:引越し業者を利用する人は圧倒的に近距離の依頼が多いという事実

引越し業者が提供する近距離がお得になるプラン

時計を持つ作業服の男性大手の引越し業者では、近距離の引っ越しがお得になるプランを用意しているところも少なくないようです。

そういったプランをうまく活用することで、近距離の引っ越し費用を安くすることが出来るに違いありません。

ここでは、その中から代表的なサービスをいくつか紹介してみたいと思います。

クロネコヤマトが提供するおまかせフリー割サービス

近距離の引っ越しがお得になるサービスとして、クロネコヤマトには「おまかせフリー割サービス」というものがあります。

家財の量が15㎥以内で、なおかつ輸送距離が50km以内という条件に当てはまれば、この「おまかせフリー割サービス」を利用することができます。

このフリー便を利用することで、基本料金が同社の「引越らくらくタイムリーサービス」の半額程度になるようです。

この「おまかせフリー割サービス」というのは、あなたが指定した5日間のうち、クロネコヤマトの都合がいいいずれかの日時を指定して引っ越しを行うというものです。

クロネコヤマトにしてみれば、たまたまトラックやスタッフが空いてしまうタイミングにあわせて仕事を入れ込むことが出来るので、非常に効率が良くなるわけです。

その結果として、料金を安くおさえることが出来るわけです。

たとえば、荷物の量が5㎥ほどで、なおかつ輸送距離が10km程度の近距離であれば、引越し料金が2万円台で収まってしまうようです。

ただし、3月20日~4月5日までの、いわゆる引越し業者が一年で一番忙しい時期には「おまかせフリー割」の取り扱いはないようなので注意が必要です。

アリさんマークの引越社が提供するミニ引越しプラン

アリさんマークの引越社にも、近距離向けのサービスとして「ミニ引越しプラン」というものがあります。

このプランは、同一市内の5km以内という条件で、なおかつ荷物の量がタタミ3枚くらいまでのスペースに入る場合に適用されます。

単身者の方が、同一市内に引っ越しをする場合に有効なプランといえるでしょう。

こちらのサービスも、引っ越しの日時を指定することは出来ませんので、業者の都合のいい日に合わせる必要があります。

その分、料金は格安になるわけです。

また、この「ミニ引越しプラン」も3月10日~4月10日は適用外となりますので、注意が必要です。

ダック引越センターが提供する家具だけプラン

家具を運ぶトラックダック引越センターには「家具だけプラン」というちょっと変わったサービスがあります。

引っ越し先が町内や同じ建物、あるいは同じ敷地内などの超近距離の場合に便利なサービスです。

プロの引越し業者ではなくても運べるような小物やダンボールは、時間の開いたときに少しずつ自分でマイカーなどを使って運び、大型の家具や家電品のみをダック引越センターに依頼をするというものです。

こうすることで、業者に運んでもらう荷物の量を大幅に減らすことが出来るので、結果的に引越し費用を安くおさえることが出来るわけです。

近距離だしなるべくなら自力で引っ越しをしたいけれども、大型の家具や家電を運ぶのはちょっと不安だという人にとっては、ダック引越センターの「家具だけプラン」は願ってもないサービスといえるでしょう。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>