引っ越しをきっかけにピアノの処分をしたいときの選択肢

ピアノの鍵盤これから引っ越しを予定している人の中には、ピアノをどうすべきかで悩んでいる人もいるかも知れません。

現在も子供がピアノを弾いているという家庭であれば、引っ越し先まで運ぶ必要があるでしょう。

しかし、子供が大きくなってしまってすでにピアノを弾くことがなくなってしまっている場合には、あえて引越し先まで持って行く必要はないかも知れません。

ピアノを引っ越し先まで運搬するためには、それなりの料金が発生してしまいますし、新居でもそれなりのスペースを占領してしまいます。

参考記事:ピアノの引越しをするときの料金の目安と注意すべきこと

ここでは、ピアノを引越し先に持って行かずに処分するときの方法について解説してみたいと思います。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

ピアノを専門の業者に買取りしてもらう

愛着のあるピアノを不用品として処分してしまうことに抵抗があるという方は、まずは売却を検討してみるといいでしょう。

ただし、売却金額に関してはそれほど大きな期待はしない方がいいと思います。

ピアノの買取り価格はメーカーや年式などによって大きく変わってきますが、アップライトピアノの場合ですと、せいぜい1万円とか2万円程度の金額になってしまうことも多いようです。

場合によっては値がつかずに、運搬費用などを差し引くとマイナスになってしまうことも少なくありません。

もちろん、年式が新しくグレードの高いものであれば10万円以上の売り値になることもありますが、いずれにしても新品で購入したときの値段からくらべるとかなり安くなってしまうというのが現実のようです。

一般の家庭でグランドピアノのある家は少ないと思いますが、グランドピアノであっても買取り価格はせいぜい20万円~30万円程度というのが相場のようです。

ただ、買取り業者によって値段が大きく異なることも多いようなので、売却をするときにはいくつかの買取り業者から見積もりをとって比較をするといいでしょう。

いずれにしても、ピアノを売るときには金額的にはあまり大きな期待はせずに、子供たちの思い出の詰まったピアノが他の家庭で大切に使ってもらえるということに、感謝をするようにしましょう。

友人や知人にゆずってあげる

使わなくなったピアノを引越し先まで持って行くというのも大変だし、売却しても大した金額にならないどころか逆に運搬費などでマイナスになるということであれば、友人や知人に譲るという選択肢も考えられます。

ただし、譲るといっても一般の家電品や家具などのように、簡単に運べるものではありません。

リビングに置かれたグランドピアノ一般家庭によく置かれているアップライトピアノであっても、200kg~250kgほどの重量があり、グランドピアノになると300kgから350kgの重量になります。

専門の業者に依頼しなければ、とても運べるものではありません。

しかし、専門の業者といっても、それほど高額な費用が発生するわけではないようです。

近距離の場合であれば、2万円~3万円程度の費用で請け負ってくれる業者が多いようです。

もちろんこれは、1階から1階へ運んだ場合の料金で、2階に運ぶ必要がある場合にはクレーンなどが必要になり、さらに1万円~2万円程度の費用が発生します。

これらの費用を譲る方と譲り受ける方のどちらが負担すべきかについては、相談して決めなければいけません。

かりに譲り受ける方が負担してくれることになったとしても、運搬が終わった後の調律費用として1万円~1万5千円程度かかるということは伝えておくようにしましょう。

不用品として処分をする

古いピアノであまり状態が良くなくて、買取り業者に売ることも出来ずに、友人や知人に譲り渡すことのできないようなピアノは、残念ながら不用品として処分を考えなければいけません。

子供たちの思い入れのあるピアノが、ゴミとして処分されてしまうというのはとても残念な気持ちになると思いますが、使わないものを引越し先に持って行くわけには行きませんので、心を鬼にして処分をするしかありません。

ピアノの場合は、粗大ごみとして自治体に処分してもらうことは出来ませんので、ピアノを扱っている廃棄処分業者に依頼をすることになります。

費用的には2万円~3万円程度で処分をしてくれる業者が多いようですが、業者によって料金が異なることが多いので、2~3社から見積もりをとって比較をするといいでしょう。

どうしても廃棄処分に抵抗がある場合

スマホでオークションをする女性愛着のあるピアノを廃棄処分してしまうことにどうしても抵抗がある場合には、ダメもとでヤフオクなどに出品してみるという選択肢があります。

もちろん、出品価格は「1円」とします。

つまり、ただで出品をして送料だけを落札者に負担をしてもらうということです。

もっとも廃棄処分に2万円~3万円の費用がかかるわけですから、その金額の範囲であれば送料も出品者負担ということでもいいわけです。

ただし、落札者があまりにも遠方の場合には、運搬費用がかなり高額になってしまう可能性がありますので、運送業者の送料をしっかりと調べたうえで落札地域を限定するなどした方がいいでしょう。

また、ヤフオクに出品をしたとしても必ずしも落札されるとは限りませんから、引っ越し当日までにピアノを処分できるという保証はありません。

そのため、ヤフオクを使ってピアノを処分するのであれば、引っ越しをするだいぶ前から出品を続けて気長に落札を待つというやり方をする必要があります。

また、たとえ「1円」の出品とはいえ、ホコリだらけの薄汚れたピアノを落札してくれる人はいませんので、きれいに掃除をしたうえで上手に写真撮影して出品するようにしましょう。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>