引越し業者への支払いでトラブルにならないための基礎知識

赤い財布を持ちOKサイン引越し業者に仕事をしてもらった場合には、当然のことながら料金の支払い義務が発生します。

しかし、引越し業者によって支払いの条件などが異なっていることも多いので、事前にしっかりと確認をしてトラブルにならないように注意しなければなりません。

また、家族の人数が多くて移動距離もそれなりにある引っ越しの場合には、業者に支払う料金もそれなりに高額になるはずですので、少しでも家計に負担にならない支払い方法を考える必要もあるでしょう。

ここでは、引越し業者への支払いでトラブルにならないために、事前に知っておくべき基礎知識について解説していきたいと思います。

引越し業者へは現金で支払うのが一般的

引越し業者によってルールは異なりますが、料金の支払いは当日に現金で手渡すのが一般的です。

支払うタイミングとしては、作業を開始する前に要求する業者もあれば、作業完了後でOKとしている業者もあります。

なぜ作業開始前に受け取る業者と、作業後に受け取る業者があるのかといいますと、これは追加料金が発生したときの手続きの方法などに関する考え方が異なるからだと思います。

本来であれば、事前に提出してもらった見積もりによって料金が確定しているわけですから、作業前であれ作業後であれ、契約をした金額を支払えばいいことになります。

しかし、引っ越しというのは、当日にどういった予期せぬ出来事がおこるのか分かりません。

見積もり作成時には計上していなかった新たな荷物が当日にたくさん出てきてしまったり、大型の家具が玄関から入らずに、2階のベランダから引き上げて窓から搬入する必要が出てきたりするかも知れません。

そのような場合には、追加料金が発生してしまうことも多いのですが、作業前にそれらの不測の事態を予測することはできません。

引越し費用の請求書すべての作業が終わったあとに、追加の分も含めて清算するようにすれば、支払いや領収書の作成などが一度で済んでしまうためにお互いに楽なわけです。

ただ、引越し業者にしてみれば、作業を終えた後に依頼者がお金の支払いをしてくれないということがあると非常に困るわけです。

そのため、とりあえず見積もりで計上した分だけは先に受け取っておき、もし追加料金が発生したらば作業後にその分だけを請求するという形をとるところもあるのです。

いずれにしても、現金一括で支払いをしなければならないことには変わりありませんので、万が一追加料金が発生することも考えて、見積書に記載されている金額ぴったりではなく、ある程度は多めに現金を用意しておく必要があります。

また、支払いをしたら必ず領収書を受け取ることも忘れないようにしましょう。

銀行振り込みがOKな場合もあります

引越し業者によっては、銀行振り込みに対応しているところもあります。

会社の転勤などの場合で、引っ越し費用を会社がすべて負担してくれる場合には、会社が本人に費用を現金で手渡すのではなく、業者に直接銀行振り込みで支払いをするというケースが多いようです。

また、人によっては、引越し当日のバタバタしているときに、あまりお金の受け渡しをしたくないという人もいることでしょう。

そのような場合は、銀行振り込みによる支払方法を選択するようにしましょう。

ただし、銀行振り込みによる支払の場合は、原則として前払いとなります。

引越し当日までに振込みの確認ができないと、業者が作業をしてくれない可能性もありますので注意が必要です。

手元に現金がないときはクレジットカードという方法も

クレジットカード現金や銀行振り込みでの支払いは、手元に現金があることが前提となります。

しかし、引っ越しの規模によっては数十万円の支払いが発生してしまうことも多く、人によっては支払いのための現金が用意できないことがあるかも知れません。

そういった場合には、クレジットカードでの支払いに対応している引越し業者を探してみるといいでしょう。

クレジットカードのボーナス一括払いなどを利用すれば、日常生活での家計のやりくりをあまり気にせずに引っ越し代金の支払いを済ませることができます。

ただし、クレジットカードが利用できる会社は、ある程度の規模の大きい会社に限られます。

アート引越センターやサカイ引越センターといった大手であれば、例外なくクレジットカードでの支払いに対応しているはずですが、地元の中小の引越し業者などの場合には対応していない可能性が高くなります。

また、カードもVISAやJCBであれば、ほとんどの大手引越し業者で使用することができますが、アメックスやダイナースなどの場合には、対応していない業者もありますので、事前に確認をしておくといいでしょう。

カードローンなど利用して支払う

クレジットカードを持っていないという人で、手元に現金がないということであれば、友人や知人にお願いをして借り入れをするか、カードローンなどを利用する以外に方法がありません。

ただし、カードローンの場合は非常に金利が高いですので、確実に返済ができるというあてのない場合には利用をしない方が無難です。

たとえば、引っ越し費用としてカードローンを使って金利18%で30万円借入れしたとします。

そして毎月の返済額を2万円とした場合、借り入れたお金をすべて返済するまでには18か月もかかってしまうのです。

毎月の限られた生活費の中から、18か月にわたり2万円を支払い続けというのは、思った以上に大変なはずです。

また、お金を借りる以上、借入金はあくまで30万円ですが、最終的には元利合わせて346,583円を支払うことになるということも、しっかりと肝に銘じておく必要があります。

手付金などの前払いの要求はお断りしましょう

手付金の要求拒否これまで、説明してきましたように、多くの引越し業者は当日に現金一括での払いが基本になります。

しかし、なかには手付金として契約をした時点で引越し代金の何割かの支払いを要求する業者もいるようです。

理由としては、お客にキャンセルをされることを防止するためです。

他に安い業者が見つかったなどの安易な理由でキャンセルをするお客も少なくないため、手付金を支払せることでキャンセルしにくくさせるわけです。

もちろん、キャンセルをした場合には、手付金は返ってきません。

しかし、引越し業者は手付金や内金を請求してはいけないことになっています。

国土交通省による引越運送約款には「見積もりは無料で内金、手付金等を請求しない」とはっきり書かれています。

もし、引越し業者から内金や手付金を請求されたら、きっぱりと断るようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>