意外に便利な引越し業者による家具の移動サービスとは?

家具の配置に悩む夫婦引っ越しをしたあとは、これまで住んでいた家とは間取りや生活動線などが大きく異なることになります。

そのため、事前に家具の置き場所を決めておいたにもかかわらず、実際に住んでみたら不便だったということも起こり得るわけです。

小さな家具であれば自分で簡単に移動することもできますが、大型の家具や家電になるとそう簡単には行きません。

そういった場合に便利なのが、引越し業者による無料の家具移動サービスです。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

あとで家具の配置を変えたくなることはよくある話

引っ越しを終えたあとに、家具の配置がまずかったことにあとになって気がつくことは少なくありません。

引越し業者が帰る前であれば、その場でお願いをして配置を変えてもらうことも可能です。

その程度であれば、追加料金も発生しないことでしょう。

しかし、引越し業者が帰ってしまったあとにそのことに気がついた場合は、けっこう面倒なことになりそうです。

また、引っ越しをしたあとしばらく住んでみて、生活導線があまりよくなくて家具の配置を変えたいと思うこともあるかもしれません。

新居の階段せめて同じ部屋の中での移動であれば、なんとか家族が力を合わせて移動をさせるということも可能かも知れませんが、1階から2階へ移動する必要がある場合などの作業を、素人が壁などに傷をつけないように行うというのは非常に困難です。

場合によっては、無理に慣れない作業をすることで怪我をしてしまう可能性もあります。

自分たちで行うのが困難であるということであれば、結局は業者にやってもらう以外にありません。

もちろん、通常の場合は業者に依頼をすれば費用が発生することになります。

しかし、無料の家具移動サービスがある引越し業者であれば、そういった心配をする必要はありません。

一切の追加料金も支払う必要もなく、引越し料金の範囲内で家具の移動を行ってくれるわけです。

引越し業者による家具の無料移動サービスは、引っ越しを終えたあとの家具の配置に関する不安を一気に解決してくれることになります。

すべての引越し業者がサービスを提供しているわけではい

なんともお得感のある引越し業者による家具の移動サービスですが、すべての業者がそのサービスを提供しているわけではありません。

転居先での家具の配置に不安のある方は、必ず家具の無料移動サービスに対応している業者を選んで契約をするようにしましょう。

ただ、対応業者であっても、会社によってサービスが適用になる条件がそれぞれ異なるようですので、こちらも事前に確認をしておくことが大切です。

一般的に家具の移動サービスは、引っ越しが終わってから、1年以内に1回のみ適用になるというルールのところが多いようです。

その場合、2回以降は有料となりますので、最終的な家具の設置場所は慎重に決めるようにした方がいいでしょう。

無料サービスが適用にならないケース

特殊な家財家具の無料移動サービスに対応している業者であっても、すべての家具に対応しているわけではありません。

場合によっては、移動を断られてしまったり別途で料金が発生してしまうこともあります。

たとえば、ピアノや仏壇、大型金庫などの重量物の移動です。

ピアノなどは、アップライトピアノでもあっても200kg程度の重さがありますので、簡単に動かすというわけには行きません。

無料の家具移動サービスで対応しているものは、基本的に作業員2人で運べる程度のものと考えておくといいでしょう。

また、無料の家具の移動サービスが適用になるのは、あくまでも引っ越しのときに業者が運んだ荷物に限ります。

引越しが終わったあとで購入した家具や家電などの移動は、基本的にやってもらうことは出来ません。

追加料金が発生してしまう場合もあります

無料で家具の移動サービスに対応している業者であっても、ものによっては別途で追加料金が発生してしまうものもあります。

たとえば、テレビやパソコン、洗濯機などを移動したあとに、配線や給水ホースなどの取り付けまでお願いしようとすると、その分は追加で料金が発生してしまうことになります。

基本的に業者が無料でやってくれるのは、あくまでも物をある場所からある場所まで移動することのみになります。

しかし、移動することだけであれば、たとえ1階から2階への移動であっても無料で対応してくれます。

ただし無料になるのは、あくまでも普通に階段を使って上にあげることが出来る場合のみです。

階段から上げることができずに、ベランダから吊り上げたりクレーンを使う必要がある場合などは、有料になります。

また、食器棚などを移動する際に、なかに入っているものを破損させないために一旦外に出したりする必要がありますが、それらの作業も無料サービスのなかは含まれていません。

基本的には、自分たちがやらなければいけない作業となります。

家具移動サービスを有料で依頼した場合の料金

電卓を持つ男性作業員もし、引っ越しを依頼した業者が家具移動サービスに対応をしていなかった場合は、残念ながら有料でお願いをするしかありません。

その場合、どの程度の料金がかかるのでしょうか?

業者によって料金はさまざまですが、家具1点あたり最低でも6000円程度かかるようです。

もし何点も移動するのであれば、2点目以降は3000円程度が加算されます。

仮に5点の家具を移動してもらった場合、およそ2万円程度の出費になると考えておくといいでしょう。

1階から2階へ家具を移動させるときに、階段が使えずにベランダなどから吊り上げる必要がある場合には、さらに別途で1万円程度が加算されることになります。

また、単純に家具を移動するだけならば、便利屋を使うという方法もあります。

便利屋の場合、1点あたりの料金が決まっているわけではなく、時間制で料金が発生することが多いようです。

相場としては、1人あたり1時間3000円程度です。

家具の移動となれば、最低2人1組で作業をすることになりますので、1時間あたり6000円ということなります。

たとえ家具が何点あったとしても、1時間以内に作業が終わればこの料金で収まってしまうわけです。

イメージ的には便利屋を利用したほうが安く上がりそうですが、彼らは引越し業者のように荷物を運搬することに関しての専門家ではありませんので、作業を任せるにあたっては不安な部分もあります。

また、万が一家具や家の壁などを破損してしまった場合でも、引越し業者の場合は保険により補償をしてくれますが、便利屋の多くはそういった保険には加入していません。

料金的には便利屋が魅力的な反面、作業の質や補償といった点に関しては引越し業者に軍配があがります。

そういった各業者のメリットとデメリットをふまえたうえで、自分がふさわしいと思う業者に依頼をするようにしたほうがいいでしょう。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>