学生が引っ越しをするときにお得な「学割パック」とは?

棚からのぞき込む女性世の中のさまざまなサービスには学割というものが存在します。

まさに学生の特権ともいえるこの学割ですが、実は引越し業者の中にもこの「学割」がきく業者があります。

学生というのは、引っ越しに縁のある人が多いものです。

新入学のときや就職のときだけではなく、教養課程と専門課程で校舎が変わるということも多く、そのたびに引っ越しをすることになる人も少なくないでしょう。

頻繁に引っ越しをするとなると、当然ながらその費用が気になるものです。

ここでは、学生が引っ越しをするときに少しでも安く済ますことができるように、引越し業者の学割にスポットを当ててみたいと思います。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

学生が引っ越しをするときは業者の繁忙期

学生が引っ越しをするタイミングは、年度の切り替え時期である3月や4月となることが多いと思います。

実は、この時期は引越し業者にとっては、1年で一番忙しい繁忙期となります。

年度の切り替え時期には、学生だけでなく、転勤にともなうサラリーマンの引っ越しも非常に多くなるからです。

引越し業者が一年で一番忙しい時期ということは、料金的にも一番高い時期となるわけです。

高いと分かっていても、入学や就職の時期を変えるわけにはいきませんので、これは仕方のないところです。

全体的に引越し料金が高騰する中で、少しでも費用をおさえようとするならば、業者が学生のために用意してくれている学割などのサービスや専用プランを利用するというのが賢い方法といえます。

学割プランでどのくらいお得になるのかは引越し業者によって異なりますが、3割以上の割引率になるところもあるようですので、学生ならば利用しないと絶対に損だといえるでしょう。

アート引越センターの学割パックというサービス

テレビCMなどでもおなじみの大手引越し業者である、アート引越センターには「学割パック」と呼ばれる学生専用のプランが用意されています。

学生であれば「学割プラン」を使うことで、特別料金で引っ越しをすることができるようです。

また、このアート引越センターの学割パックには、ちょっと変わった特典があります。

カーテンのプレゼントそれは、「学割パック」を利用する人全員にカーテンをプレゼントしてくれるというものです。

サイズは100×200cmで、2枚1組セットでのプレゼントとなります。

色は、アイボリー、グリーン、ブルー、ピンク、の中から選べますので、男子学生でも女子学生でも自分にあったカラーが選べることでしょう。

またこの学割パックは、女子学生のためにスタッフ全員が女性の「レディースパック」を組み合わせることも出来るようです。

これから都会で1人暮らしをする予定の女子学生のなかには、見ず知らずの男性に転居先への荷物を運んでもらうというのは、なんとなく抵抗を感じるという人もいるでしょう。

これから都会で一人暮らしをするということがバレてしまうわけですから、万が一ストーカー行為などをされたりすると大変なことになります。

そういった意味では、女子学生にとっては、アート引越センターの「学割パック」と「レディースパック」を組み合わせたサービスが、費用の面でも安心の面でもおすすめといえるでしょう。

参考記事:アート引越センターのサービスと特徴

全国学生引越センターのお得な料金体系

大手の引越し業者と違い、それほど知名度は高くないかも知れませんが「全国学生引越センター」も学割を適用することで安く引っ越しをすることができます。

ネーミング的に公共の引越しサービスのようなイメージがあるかと思いますが、普通の民間会社です。

また、学生専用の引越し業者のような印象を受けると思いますが、一般人の単身の引越しにも対応しています。

しかし、全国学生引越センターの場合、学生であれば学割がきくので、より安く引っ越しをすることになります。

さらに、フリー便と呼ばれる、引越し業者に来てもらう時間を特に定めないプランの場合は、さらに3000円~5000円ほど料金がお得になります。

学生であれば、ぜひ候補に上げておきたい引越し業者のひとつです。

大学生協による引越サービス

大学生協も、引っ越しサービスを提供しています。

大学生協と提携している業者に依頼することで、料金の割引やさまざまな特典を受けることができます。

提携業者も、クロネコヤマトや日通、アート引越センターなど大手の業者が多く安心できます。

申し込みはインターネットからもできるし、電話の場合には「大学生協のホームページを見ました」と伝えるだけで割引や特典が適用されるようです。

大学生協の引越しサービスは、新入生から卒業生までが活用することができますので、どこの引越し業者に依頼したらいいかわからないという人は検討してみるといいでしょう。

新入学のときには自力の引越しで十分な場合も

女性二人で引越しの準備ある程度の荷物があるのであれば、学割のきく業者を使って安価に引っ越しをするのもいいですが、新入学のときには、意外に実家から持っていく荷物は少なかったりします。

家電や家具なども新たに買い揃えてしまうことも多く、実家から持っていくのは洋服などの小物だけだったりします。

ダンボール数個程度であれば、宅配便を使って送ってしまうのも賢い方法です。

参考記事:宅配便を使って引っ越しをしたらどれくらいの料金がかかる?

新たに買い揃える家具や家電は、購入した店から直接引越し先に送ってもらうようにすればいいわけです。

家電にしても家具にしても、大手の店であれば、ある程度の数をまとめて買うことで無料配送をしてくれることがほとんどです。

この場合、配送の日時を引越し当日で予約をしておくことが大切です。

ただし、新入学の時期には同じように家電や家具の配送を依頼する人が多いので、なるべく早めに予約をしておかないと、引越し当日に合わせた配送が難しくなってしまう場合があります。

また、同時にいろいろな配送業者が家電や家具などを持ち込むと収拾がつかなくなってしまう可能性があるので、出来れば配送時間を分散したほうがいいでしょう。

家電もさまざまな設定までをお願いするとそれなりに時間がかかりますし、家具も組み立て式のものだと完成までに30分~1時間程度はかかってしまいますので、各業者がバッティングをしないようにすることは重要であるといえるでしょう。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>