もし引越し当日に業者のスタッフが1名しか来なかったら?

作業員一人しっかりと事前に準備をして、いざ引越しの当日を迎えたときに、依頼をした引越し業者のスタッフが1名しか来なかったとしたら、あなたはどうしますか?

単身の場合で大きな荷物がなければ、1名でも何とかなるかも知れません。

しかし、大きな家具や洗濯機、冷蔵庫などの大型家電などがある場合には、1名の作業員で荷物の搬入や搬出をするというのは困難です。

そもそも、どういったことが原因で当日に作業員が1名しか来ないという事態が発生するのでしょうか?

あなたに原因がある場合

引越し業者の作業員が当日に1名しか来ない理由は、必ずしも業者側にすべての責任があるわけではありません。

実は、あなた自身の確認不足によりそういったことが起きてしまう可能性があるわけです。

そもそも引越し業者のプランそのものが、作業員1名だけのものだったりする場合もあります。

赤帽の作業員は運転手さん1名のみです

赤帽の作業員荷物が少ない引越しの場合には、フットワークが軽くて利用しやすい赤帽は便利ではありますが、基本的に作業員は運転手さん1名のみとなりますので注意が必要です。

もちろん、運転手さんが荷物の搬出や搬入の作業を手伝ってはくれますが、あくまでもお手伝い程度と考えていた方がいいでしょう。

荷物の積み込みなどは、依頼者であるあなたも一緒にやるのが普通ですし、1人では運べない重量のある荷物などがある場合には、一緒に運ぶ必要が出てくるでしょう。

レントラ便のセフル型プランに注意

赤帽の場合には、運転手さんが荷物の積み下ろしを手伝ってくれますが、なかには運転手さんはあくまで運転のみで荷物の搬入や搬出には一切かかわらないような引越しのプランもあります。

たとえば「レントラ便」と呼ばれる業者があります。

この業者は、時間制で運転手付きのトラックをレンタルするというコンセプトで他社と差別化を図っています。

参考記事:引越し料金が時間制で分かりやすい「レントラ便」とは?

このレントラ便も、一般的なプランであれば作業員が荷物の積み下ろしをしてくれます。

しかし、正規の料金よりも20%安くなる「セルフ型」というサービスを選択してしまった場合には、荷物の積み下ろしはすべてこちらでやらなくてはいけません。

もちろん、トラックを運転するためのドライバーはいますが、業務としてはあくまでもトラックの運転のみで、積み下ろしの作業は手伝ってくれません。

荷物の搬出から搬入まですべて作業を業者にお願いしたいのであれば、契約するときにうっかりこの「セルフ型」で依頼をしてしまわないように注意をしなければいけません。

チャーター便を依頼するときにも注意が必要です

引越し業者の運搬方法として、混載便とチャーター便があります。

参考記事:長距離の引っ越しは混載便とチャーター便のどちらを選ぶべきか

混載便もチャーター便もそれぞれに異なる特徴があるのですが、特にチャーター便を利用する場合には、作業員の確保に注意をする必要があります。

一般に引越し業者がチャーター便と呼ぶ場合、途中で大型のトラックなどに荷物の積み替えをせずに、旧居で荷物を積んだトラックがそのまま目的地まで運んでくれる形式のものを指します。

そのため、荷物の積み下ろしに関しても、混載便と同様に業者の作業員が普通にやってくれます。

しかし業者によっては「チャーター便」というのはあくまでもトラックと運転手さんの派遣のみで、荷物の積み下ろし作業はすべてこちらでやらなければならない場合があります。

たとえば、クロネコヤマトのチャーター便などがそのパターンです。

過去に、荷物の積み下ろしまでやってくれる別の業者のチャーター便を利用したことのある人が、うっかりクロネコヤマトのチャーター便も同様だろうと勝手に思い込んで申し込みをしてしまったりすると、当日に運転手さんしか来なくてあわてることになります。

引越し業者に問題がある場合

バイトが来なくて困る社員見積書に作業員の人数が3人とはっきり書かれているにもかかわらず、当日の朝に引越し業者が1人で来るケースがまれにあります。

この場合は、あなたにはまったく落ち度がなく、業者側に何らかのハプニング的な出来事が生じたと考えていいと思います。

これは実際にあった事例なのですが、もともと社員1名とバイト2名の3人で依頼主の家に向かう予定のはずが、バイトが2人とも当日の朝にドタキャンしたために、社員は泣く泣く1人で現地に向かったそうです。

繁忙期になると、引越し業者は社員だけではすべての仕事をこなすことができないために、大量のアルバイトを採用します。

しかし、引っ越しの仕事というのは思った以上に大変なために、1日や2日仕事をしただけで来なくなってしまうような情けないバイトも多いようです。

当日の朝に、社員がトラックで待ち合わせ場所に行って待っていても、バイトが一向に姿をあらわさないなどということが、実際によく起こるそうです。

残念ながら、現代ではそんな無責任なアルバイトが増えているようです。

かわいそうなのは社員です。

無責任なアルバイトのせいで、本来は3人でやるべき仕事をたった1人でやらなければならなくなるため、そのあとのスケジュールが大幅に狂ってしまいます。

もちろん、自分1人で持てる荷物ばかりではありませんから、重い荷物などはお客さんに手伝ってもらう必要が出てきます。

もちろん、お客さんにしてみればすべての作業をお願いする前提で契約をしていますから、強烈なクレームにつながるわけです。

繁忙期の引っ越しには、こういったあり得ないようなことが、実際に起こる可能性があるということを、あらかじめ知っておいた方がいいと思います。

作業員が1名しか来なかった場合にはどうするか?

キャンセルするか悩む女性当日に、自分の予想に反して作業員が1名しか来なかった場合には、どうすればいいのでしょうか?

どうしてもその日に引っ越しをしなくてはならないということではなければ、キャンセルをするというのも1つの選択肢だと思います。

明らかにプランを勘違いしていたなどで、自分に責任がある場合には、キャンセル料として引っ越し代金の20%を支払う必要がありますが、自業自得なのでそれは仕方のないところです。

明らかに業者側のミスが原因ということでれば、キャンセル料が発生することはありません。

ただ、仮に作業員が1名であったとしても、自分が少し手伝えば何とかなる程度の荷物量であれば、あえてキャンセルをせずに、その日に引っ越しをしてしまってもいいと思います。

もちろん、あなたが手伝った作業分くらいは、当初の見積もり金額から値引きしてもらうべきです。

本来であれば業者が手間賃を支払うべきアルバイトが来なかったわけですから、その分をマイナスしてもらうのは当然のことです。

それでは、旧居の契約の関係や仕事の関係などで、どうしてもその日に引っ越しをしなければならない場合はどうすればいいのでしょうか?

この場合は、とにかくトラックだけでも当日の朝に来たことをラッキーだと考えて、友人や知人に片っ端から連絡をして応援を頼むなりして、なんとか引っ越しを終えるしかありません。

繁忙期には、引越し業者もギリギリの人数で仕事をしていますので、当日の朝に他の現場から人を回してもらうというは困難なので、自分でなんとかするしかないわけです。

場合によっては、便利屋などに電話をすれば、うまく人の都合をつけてくれるかも知れませんので、ダメもとで電話をしてみるのもいいでしょう。

自分の勘違いで作業員が1名しかこなかった場合は仕方ありませんが、もしそれが業者のミスだった場合には、便利屋への支払い分なども含めて、しっかりと金銭的な面での話し合いをする必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>