サカイ引越センターのプランやサービスを比較してみる

赤ちゃんと女の子大阪に本社のあるサカイ引越センターは、テレビCMなどによりとても知名度の高い引越し専門の業者です。

「勉強しまっせ引越のサカイ」や「サカイ、安い、仕事きっちり」などのユニークなキャッチフレーズが話題になったこともあります。

ここでは、サカイ引越センターのさまざまなサービスやその特徴について詳しく見ていきたいと思います。

サカイ引越センターのらくらくコース3プランの比較

サカイ引越センターには、基本的なサービスとして「らくらくコース」というものがあります。

この「らくらくコース」は「Aコース」「Bコース」「Cコース」の3つに分かれており、依頼者の都合や予算に合わせて自分にあったコースを選ぶことが出来るようになっています。

基本的すべておまかせOKのAコース

サカイ引越センターのらくらくAコースは、引越しに伴うすべての荷物の梱包から配送、荷解きまでをトータルで行ってくれるサービスとなります。

そして、荷解きを終わったあとの最後に、10分間サービスという独自のサービスがあります。

このサービスは、特に作業の項目を決めておらず、あなたがやってほしいことをサカイ引越センターのスタッフが10分間だけ作業をしてくれるということです。

床掃除でも家具の配置換えでも、10分以内であれば無料で行ってくれます。

その他にも「らくらくAコース」での契約の場合、荷造り用の段ボールが最大50箱まで無料で提供されるサービスや、ハンガーケースを5箱まで無料でリースしてくれるサービスなどがあります。

荷解きは自分でやるらくらくBコース

Aコースはすべてをサカイ引越センターにお任せできるサービスでしたが、Bコースの場合は、その中から荷解きサービスを除いたものがセットになっています。

予算を少しでも安くおさえたい人や、引越しが終わった後は少しずつ自分で整理をしながら荷解きをしていきたいという人に向いています。

段ボールの無料サービスやハンガーケースの無料リースサービスなども、Aコースと同様に受けることが出来ます。

サカイ引越センターに食器の荷造りをしてもらうCコース

たくさんの食器らくらくCコースの場合には、基本的には荷造りや荷解きの作業は自分でやらなくてはなりません。

ただし、大変な食器の荷造りと荷解きだけはサカイ引越センターのスタッフがやってくれるというサービスになります。

比較的時間はたっぷりあって、荷造りや荷解きは自分で行うことが出来るけれども、割れやすい食器などの荷造りだけはプロにお任せしたいと考えている人にとっては最適なサービスといえるでしょう。

こちらのCコースも、他のコースと同様に段ボール無料サービスやハンガーケースの無料リースを受けられます。

Cコースの場合、引越し業者が一番忙しくなる3月15日~4月15日の期間は取扱いがないようなので注意が必要です。

基本コース以外のニーズに合わせたさまざまなコース

サカイ引越センターでは、3つのらくらくプランの他にも、さまざまなニーズに合わせた便利でお得なプランがあります。

そして、それらのプランと基本プランを組み合わせることで、より便利なプランを組めるようになっています。

リーズナブルなご一緒便プラン

サカイ引越センターには、ご一緒便プランというサービスがあります。

これは、日にちや時間を特に指定せずに、他のお客様の荷物と一緒にサカイ引越センターの都合に合わせて荷物を運んでもらうというサービスです。

引越を依頼する側には、料金がとても安くなるというメリットがあり、業者側にも他の荷物と一緒に時間に縛られずに運ぶことが出来るので効率がいいというメリットがあります。

日時に余裕があって、なるべく料金を安くしたいと考えている方は利用してみるといいでしょう。

家を建てかえるときに便利な建て替えコース

家を建てかえるときにも、引越しの作業は発生します。

そのときに困るのが、たくさんの家財道具をどこに保管をしておくかということです。

新しい家が出来るまでの間、アパートなどに仮住まいをすることになると思いますが、一戸建ての家に置いてあったすべての家具をそこに保管するというのは困難だと思います。

そこで便利なのが、サカイ引越センターの建て替えコースということになります。

新しい家が完成するまでの間、サカイ引越センターの倉庫に家財道具をあずけておくことが出来るのです。

仮住まいで必要な最小限の家財だけをアパートに運び、それ以外のすぐに使わない家財は新しい家が完成するまでの間預かってもらえるので、とても便利なサービスといえるでしょう。

必要最小限のことだけをやってもらう「せつやくコース」

サカイ引越センターには、引っ越しに関する必要最小限のことだけをやってもらう「せつやくコース」というサービスがあります。

これは、家財の荷造り作業や荷解き作業などは食器も含めてすべて自分でやり、大型家具などの運搬のみをサカイ引越センターにお願いするサービスです。

コース名からもお分かりのように、とにかく引っ越しの費用を安く抑えたいと考えている人にとっては最適のコースになると思います。

時間に十分な余裕があり、荷造りや荷解きを自分のペースでゆっくりと行うことが出来るひとは、このサービスを利用してみるといいでしょう。

せつやくコースであっても、段ボールの無料サービスやハンガーケース無料リースサービス、引っ越し後の10分間サービスなどは他のコースと同様に受けることが出来るようになっています。

海外引越しサービス

飛行機か船で運ぶサカイ引越センターでは、海外への引越しにも対応しています。

海外の引越しとなると、国内とは何かと勝手が違って戸惑う人も多いと思います。

慣れている方は別ですが、そうでない方はサカイ引越センターのような大手の専門業者に依頼するのが安心でしょう。

サカイ引越センターでは、アメリカ・イギリス・ブラジル・ロシア・メキシコ・ドイツ・フランス・中国・韓国・ベトナム・フィリピン・マレーシア・オーストラリアなど、50か国以上に海外拠点があります。

日本国内での作業はサカイ引越センターのスタッフが担当をして、海外に到着以降は拠点の提携業者が作業をする形になります。

海外の引越しプランには、大きく分けて船便コースと航空便コースの2つがあります。

船便コースの場合は、日数がかかってしまうというのが難点ですが、引っ越し費用が比較的安くてすむというメリットがあります。

航空便の場合は、料金が割高になってしまう反面、荷物の到着が早いというメリットがあります。

この2つを組み合わせて、生活必需品だけを航空便で送って、それ以外のすぐに使わない荷物は船便で送るというふうに使い分けをすることも出来ます。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

便利なオプションサービス

サカイ引越センターでは、引っ越しにともなうあらゆる作業をオプションサービスとして依頼することが出来ます。

たとえば、専門のスタッフがいなければできないピアノの搬送やエアコンの取り付け、造園サービスなどです。

変わったところでは、盗聴器発見サービスや消毒・殺虫サービスなどもあります。

また、マイカーをお持ちの方が長距離の引越しをする際に便利な、車の陸送サービスなどもあります。

このように、すべての作業をサカイ引越センターに一括で依頼をすることで、それぞれの業者に仕事を発注せずに済みます。

特に、引っ越したばかりの慣れない土地で専門業者を探す手間暇を考えたら、引越しのついでにサカイ引越センターにお任せしてしまった方がいいかも知れません。

サカイ引越センターを実際に利用した人の体験談

サカイ引越センターはとても知名度の高い業者ですので、誰でも一度くらいはその名前を聞いたことがあるでしょう。

知名度は抜群であっても、実際のサービスはどうなのでしょうか?

ここでは、実際にサカイ引越センターを利用して引越しをした人の体験談を紹介してみたいと思います。

一人暮らしでダンボール10個程度の引越しでした

独り暮らしの荷物先日埼玉県から東京都へ引越しをしました。一人暮らしのため荷物はダンボール10箱程度でそれほど多くはありませんでした。

実は今回のこの引越しでは非常に苦労した点がありました。

それは、業者選びでした。

というのも、引越し業者って思っている以上にたくさんあるんですよね。

実際にどこに依頼したらいいのか、自分で判断できずに本当に悩みました。

まずはネットの一括見積もりサービスで比較

まずは見積もりの比較をしようと思い、ネットの引越し一括見積もりサービスを利用しました。

多くの業者から連絡が来て、そのつど見積もりのための説明をするのは大変でした。

しかし、甲斐あっていい業者をいくつかに絞り込むことが出来ました。

最終的には、一番見積もり額の安かったサカイ引越センターに依頼をすることにしました。

サカイ引越センターを使って2万5千円程度で済みました

実際の金額は2万5千円程度で、親戚も引越しをしたいと思っている旨を伝えて、同じくこのサカイ引越センターを利用してもらうという約束で、安くしてもらえました。

引越し業者選びは大変でしたが、頑張って選んだおかげで思ったよりも安く引越しができました。

繁忙期などにはもう少し高くなってしまうと思いますが、そうでなければ一人暮らしならうまくいけばこのくらいの料金で引越しができると思います。

小さな子供二人を見ながらのバタバタ引越し

小さい子供がいる引越し我が家が引越しをしたのが、下の子が6か月で上の子もまだ3歳の時でした。

念願のマイホームを購入し、家族4人で住むための引っ越しでした。

引越し先も車で10分ほどの同一市内だったため、簡単に考えていたのですが、現実的にはそう簡単にはいきませんでした。

荷造り費用込みで10万円の費用でした

我が家が、引越しに利用したのは、サカイ引越センターという会社です。

サカイ引越センターはいくつか見積もりを依頼したなかで、一番初めに見積もりをしてもらった引越し業者で、前日の荷造り込みで10万円という値段に魅力を感じましたのでお願いすることにしました。

我が家の場合、私の嫁入り道具であるタンス一式や食器棚、ベッドなど大きな家具も多く、その上、2人の子供の荷物もいっぱいで、想像以上に大変な引越しになりました。

サカイ引越センターのスタッフの手際のよさにびっくり

前日の荷造りまでに、自分で出来る作業はコツコツとやっていたのですが、子供がいる中での荷造りは思い通りに進みませんでした。

結局、荷造りのほとんどを、前日にサカイ引越センターのスタッフにお願いすることになってしまいました。

しかし、そこはプロ!驚くほどの手さばきで、次から次と荷造りを進めて行ってもらうことができ、あっと言う間に部屋中ダンボール箱だらけになってしまいました。

そして、翌日、2回に分けて荷物を運び入れ、その間、子供2人の面倒を見ながらの引っ越し作業は、本当に大変でした。

でも、サカイ引越センターの人がスムーズに作業を進めてくれたおかげで、無事に引越しを終えることができました。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする