引越し業者の荷造りサービスはあまり利用されていないという事実

引越しアンケートの統計引越し業者というのは、トラックで家財道具を運んでくれるのが仕事であると思われていたのは過去の話です。

最近の引越し業者は、単に家財道具の運搬を請け負うだけではなく、引越しにかかわるあらゆるサービスを提供しています。

荷造りや荷解きに始まり、家電の設置から引越しに伴うさまざまな届け出の代行まで、オプションとして用意されています。

そんな引越し業者のオプションサービスの中でも、一番のメインだと思われている荷造りサービスですが、意外にも利用する人は少ないようなのです。

実際にやってみると分かりますが、荷物の運搬もさることながら荷造りも大変な作業です。

なぜ、そんな便利なサービスを利用する人が少ないのでしょうか?


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

なんと9割以上の人が自力で荷造りをしている!?

100人の人を対象に、引越しの際の荷造りは誰がしたのかをアンケートしました。

その結果、なんと9割以上の人が引越し業者に依頼せずに、自分か家族で荷造りをしているという事実が判明しました。
誰が荷造りをしのかの分布グラフ自分または家族で荷造り ・・・98人 
引越し業者が荷造り ・・・9人

アンケートの回答者は100人ですが、7人がダブって回答していますので、トータル人数は107人となっています。

つまり、すべてを自分または家族でやった人が91人、自分で梱包する荷物と引越し業者にお任せする荷物を分けて行った人が7人、そしてすべてを引越し業者にお任せした人は、たった2人だけという結果になりました。

荷造りを自分でやるのは思ったよりも大変

実際に引越しをしたことのある人はお分かりかと思いますが、荷造りというのは実は大変な仕事です。

ダンボールを確保して、そこにさまざまな家財品を詰め込んでいくわけですが、なんでも適当に詰めていけばいいというものではありません。

本などのように重量のあるものを大量に詰め込むと、簡単にダンボールの底が抜けてしまいますし、皿やコップなども養生や詰め方を工夫しないと運搬中に破損させてしまうこともあります。

また、引越しをしてすぐに使うものと、そうではないものに分けて荷造りをする必要もあります。

荷造りの素人がそういったことを考えながら、作業をしていくというのは想像以上に大変な作業です。

昼間に仕事をしている人であれば、仕事を終えた夜か土日に作業をしなければなりません。

集合住宅ですと、夜中に荷造りであまり大きな物音を立てるわけにもいかないでしょう。

荷造りサービスが利用されない理由とは?

そういったさまざまな制約があるにもかかわらず、自力で荷造りをする人が多く、引越し業者の荷造りサービスはあまり利用されていないのが現実のようです。

実際にアンケート回答者の9割近くの人がサービスを利用していないという事実から、そこには何らかの明確な理由があるはずです。

いったいどのような理由があるのでしょうか?

荷造りオプションサービスは高い?

まず、考えられるのがコストの問題です。いったいどれくらいの料金がかかるのでしょうか?

もちろん荷物の量によって料金は変わってきますが、一般的な3LDKに4人家族程度の場合であれば、4万円~5万円程度が相場かと思われます。

この料金を高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれだと思いますが、慣れない素人が試行錯誤しながら荷造りをする手間暇を考えれば、決して高い料金ではないと思います。

実際にサービスを利用してみた人の声を聞くと、プロの手際のよさに圧倒されるようです。

プライバシーの問題が原因?

引越し業者に荷造りを依頼しない料金以外の理由として考えられるのがプライバシーの問題です。

引越しというのは、自分たちのプライベートな空間を業者に開示することになりますので、荷造りまでを依頼するということになれば少なからず抵抗を感じる人もいることでしょう。

特に女性であればなおさらです。

引越し業者の作業員は男性がほとんどですので、女性の方が彼らに自分の持ち物をみられたり、手で触れられたりすることに拒絶反応を示すのは当然のことだと思います。

引越し業者の方でも、その辺の事情は十分に分かっているようで、一人暮らしの女性向けにスタッフ全員が女性のサービスを提供しているところもあるようです。

ただし、スタッフが女性ということで体力的な問題もあり、あまり大型の家具などの運搬は出来ないこともあるようです。

あくまでも、一人暮らしで比較的荷物の少ない女性向きのサービスと考えてもらえばいいと思います。

参考記事:レディースパックという引っ越しのスタッフが全員女性のサービス

荷物をどの箱に入れたか分からなくなる?

多くの人が引越し業者に荷造りを依頼しない理由として、料金の問題とプライバシーの問題を考えてみましたが、それ以外の理由としては荷物をどこに梱包したか分からなくなるという不安があると思います。

自分で荷造りをしたのであれば、何をどのダンボールに入れたかをある程度は覚えているものです。

ところが、荷造りをすべてお任せしてしまうと、いざ荷解きをするときになって目当ての品物がどこに行ってしまったのか見当がつかないということも起き得るわけです。

もちろん、引越し業者はダンボールの中身がなんであるかをマジックなどで記載はしてくれますが、事細かに箱の中身を書いてくれるわけではありません。

自分の部屋を勝手に他人に整理されてしまった経験のある人はお分かりかと思いますが、なにがどこにあるのかさっぱり分からなくなってしまいます。

引越し業者に荷造りをすべてお任せしてしまった場合は、転居後に、すぐに使いたい家財道具を探すためにどのダンボールに入っているのを見極めるのに途方に暮れてしまうという可能性もあります。

さまざまなデメリットはあるけれど。。。

このように、さまざまなネガティブ要因があるために、引越し業者の荷造りサービスは思ったほど利用されていないのだと思います。

しかし、忙しい現代人にとっては、荷造りのオプションサービスは非常に魅力的なサービスであることは間違いのないことなので、まったく利用しないというのはもったいないと思います。

プロに任せることのメリットもたくさんあります

荷解きに関しては、引っ越し後にゆっくりとやればいいという考えから自分でやるという選択肢も悪くはないと思いますが、荷造りに関しては引越し当時に間に合わせなければいけないので、けっこう時間に追われることになります。

プロであれば、その辺もしっかり考慮して対応してくれます。

また、アンケート結果で7名の方がそうしたように、自分たちで梱包する荷物と業者にお任せする荷物を分けて依頼するというのも賢いやり方だと思います。

プライベート色の強い家財(女性であれば下着など)に関しては自分で箱詰めをして、ワレモノや重量のあるものなど梱包に工夫が必要なものはプロに任せるというようにすればいいわけです。

その辺は、事前に業者に相談すればフレキシブルに対応してくれるはずです。

いずれにしても、荷造りサービスのメリットとデメリットをよく考えて、賢く利用したいものですね。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>