東京~仙台市の引越し見積りの相場は?~家族の人数別に仙台と東京間の引越し費用の目安を紹介

東京から仙台杜の都仙台市は、東北地方を代表する都市であるため、人の移動も盛んです。

転勤などにともない、東京から仙台に引っ越しをする人も少なくないでしょう。

引っ越しの費用というのは、基本的には荷物の量と移動距離によって決まります。

東京から仙台までは350km以上の距離がありますので、どれくらいの引っ越し費用がかかるのか気になる人も少なくないと思います。

参考:東京~仙台のルートと移動距離

ここでは、実際に東京~仙台間の引っ越しをするときの相場を、家族の人数やトラックのサイズ別に見ていきたいと思います。

また、以下のような一括見積もりを利用することで、引越し費用が最大で50%も安くなることがあります。

仙台~東京のように引っ越し費用が高額になるケースでの利用価値は高いと思います。


単身赴任者や学生が東京から仙台へ引越しをするときの相場

企業にとって仙台市は東北地方の拠点となりますので、多くの会社が支店を構えています。

そのため、転勤に伴う引っ越しが盛んですが、妻子をいま住んでいるところに残して、自分だけが単身で引っ越しをするというスタイルを選択する人が最近は増えているようです。

また、仙台には東北大学がありますので、入学のために仙台市に引っ越しをしてくる学生も多いことでしょう。

そういった単身の方が、東京から仙台まで引っ越しをしたときに、どれくらいの費用が発生するのかを見てみたいと思います。

単身パックなどの専用プランを利用した場合にかかる費用

東京から仙台市までの道のりは365kmほどになり、東京から名古屋までとほぼ同じくらいの距離になります。

引越し業者が提供する単身パックなどの単身者専門のプランを利用した場合、東京~仙台までの相場は、22,000円~30,000円ほどになります。

だいたいどこの業者も似たような料金ですが、転勤や入学のシーズンとなる春先は、引越し業者の繁忙期となるため、料金的には割高になってしまいます。

東京~仙台間の単身者専用プランの繁忙期相場としては、27,000円~35,000円くらいになると考えておくといいでしょう。

コンテナの数また、単身プランの場合には、限られたスペースのコンテナにおさまる範囲の荷物しか運べませんので、たくさんの荷物がある人は、コンテナを2つ利用するか赤帽などの軽トラチャーター便を利用することになります。

コンテナを2つ利用する場合には、基本的に料金は2倍になりますので、44,000円~60,000円が相場になってしまいます。

ただし、引越し業者によっては、コンテナの数が増える場合には、1つあたり1,000円程度の割引になるところもあるようです。

東京~仙台だとコンテナ2つと軽トラチャーター便のどちらがお得?

単身者が東京から仙台まで引っ越しをする際に、ある程度荷物が多い人の場合、単身専用プランのコンテナを2つ利用するのと、赤帽などの軽トラックのチャーター便を利用する場合では、どちらがお得になるのでしょうか?

先ほど書きましたように、東京から仙台までコンテナ2つを利用した場合の料金は、割引を考慮しない場合には44,000円~60,000円ほどになります。

春先などの繁忙期だと、55,000円~70,000円くらいになってしまうでしょう。

それに対して、赤帽の軽トラックを1台チャーターして東京から仙台まで平日に引っ越しをした場合の費用は、高速代込みで55,000円~60,000円ほどになります。

赤帽は土日祝日だと2割増しになりますので、平日以外に引っ越しをするときには65,000円~71,000円くらいの費用が発生することになります。

こうして比較をしてみると、単身者専用プランのコンテナを2つ利用した場合と赤帽を利用した場合では、料金的にはほとんど差がないことが分かります。

ただし赤帽の場合には、依頼者が荷物の監視名目で助手席に乗って目的地まで行くことができますので、東京から仙台までの新幹線代(約1万円)を浮かせることが可能になります。

一般の引っ越し業者だとトラックの助手席に乗せてもらうということはできませんので、この点は赤帽だけの大きなメリットといえます。

また、運ぶことのできる荷物の量も、単身者専用プランのコンテナ2つを利用したときの容量が2.5立方メートル程度なのに対して、赤帽に使われる軽トラックの荷台は3.5立法メートルあります。

つまり軽トラックの荷台は、単身者専用プランに使われるコンテナ3つ分ほどの広さがあるということです。

こういった点を総合的に考えてみますと、東京~仙台間の単身者が引っ越しをするときには、単身者向け専用プランのコンテナを2つ依頼するのであれば、赤帽を利用した方がお得になりそうです。

大きな家具や家電のある単身者の引っ越し費用

軽トラックの荷台に積むことのできない大きな家具や家電品などがある場合には、単身者であっても2tトラックを利用して引っ越しをすることになります。

2tトラックにはショートタイプとロングタイプがありますが、単身者であればよほど荷物の多い人以外はショートタイプで十分だと思われます。

2tトラックであれば、ショートタイプであっても荷台の広さは12平方メートルもありますので、軽トラックの約3倍の広さがあります。

関連記事:引っ越しのとき2tショート・2tロング・3tの各トラックに積める荷物の量は?

単身者が2tショートトラックを使って東京から仙台まで引っ越しをするときの費用は、引越し業者がそれほど忙しくない時期であれば、8万円~15万円が相場になります。

3月~4月中旬の繁忙期になりますと、11万円~20万円程度に相場が跳ね上がります。

2tショートトラックで東京から仙台まで引っ越しをするときの料金は、単身者専用プランや赤帽にくらべてかなり高くなりますが、大型の家具や家電を運ぶことができるという点が大きなメリットになります。

東京から仙台まで単身者が引っ越しするときにかかる費用

●単身者専用プラン
 閑散期:2万2千円~3万円
 繁忙期:2万7千円~3万5千円

●赤帽によるチャーター便
 平日:5万5千円~6万円(高速代込み)
 土日祝:6万5千円~7万1千円(高速代込み)

●2tトラック(ショート)を使用
 閑散期:8万円~15万円
 繁忙期:11万円~20万円

家族で東京から仙台まで引っ越しをするときにかかる費用は?

三世代家族
家族全員で東京から仙台まで引っ越しをするときの相場について見て行くことにしましょう。

引っ越しの費用は、利用するトラックのサイズによって変わってくることになりますが、家族の人数が多ければ多いほど大きなトラックが必要になります。

ここでは使用するトラックのサイズごとに、東京から仙台まで家族で引っ越しをする場合の費用について紹介してみたいと思います。

2tトラック(ロング)で東京から仙台まで引っ越しをする場合の費用

2tショートトラックを使って東京から仙台まで引っ越しをするときの相場は先ほど紹介しましたので、こんどは2tロングトラックを使ったときにどれくらいの費用がかかるのかを紹介してみたいと思います。

2tロングトラックの荷台の広さはおよそ畳4.8枚分で、それに高さを加えた容量でみると18立法メートルとなります。

2tショートの容量が12立方メートルなので、2tロングだと1.5倍の荷物を積むことができることになります。

2tロングであれば、夫婦2人程度の荷物は十分に積み込むことができるでしょう。

子どもがいる3人家族であっても、荷物が少なければ2tロングで運べてしまうこともあります。

2tロングトラックを利用して東京から仙台まで引っ越しをするときの費用の目安は、業者の閑散期であれば10万円~17万円が目安になります。

ただし、3月や4月などの繁忙期には料金が割高になりますので、13万円~22万円程度の費用が発生してしまう可能性があります。

また、この相場はあくまでも荷物の積み降ろしと運賃だけの料金です。

荷造りや荷解きなどの付帯サービスを利用した場合には、別途料金が加算されることになりますので事前に確認をする必要があります。

3tトラックを利用する場合~小さな子どものいる3人~4人家族

3tトラックは、荷台の大きさが畳6枚分ほどありますので、かなりの荷物を載せることができます。

小さな子どもが1人~2人と夫婦2人程度の引っ越しであれば、3tトラック1台で十分に運ぶことができるでしょう。

間取りでいうと、2Kや2DKに住んでいて荷物がやや多めの人が引っ越しをするのにちょうどいいサイズのトラックです。

3tトラックを利用して、東京から仙台までの引っ越しをする場合の料金の目安としては、業者がそれほど忙しくない閑散期の場合であれば、12万円~20万円程度となります。

繁忙期の場合には料金が3割ほど高くなるのが一般的ですので、16万円~26万円程度の費用がかかると考えておくといいでしょう。

もちろん、これらの料金には付帯サービスの分は含まれていませんので、荷造りなどを業者に依頼するときには、別途で4万円~6万円を用意しておく必要があります。

また、エレベーターのないマンションの5階に荷物を運び入れるなどといった、通常よりも人件費がかかるケースの場合も、割り増し料金が適用されることがあります。

4tトラックを使って東京から仙台まで移動するときの見積もり相場

トラックの種類大人が3人~4人程度の家族が引っ越しをする場合には、4tトラックが必要になってきます。

4tトラックの荷台は畳7.5枚ほどの広さがありますから、大きな家具や家電品などが複数あっても問題なく積むことが可能です。

3DKくらいまでの家の荷物であれば、よほど荷物が多い家族でない限りは十分に対応が可能です。

ただし、引越し業者の使用する4tトラックというのは全長が9m以上ありますので、狭い路地などには入っていけません。

そういった場合は、2tトラックを複数台使用したりします。

あるいは、4tトラックを別の場所に待機させておいて、小さなトラックでピストン輸送の形で積替えをするという方法もあります。

4tトラックを使って東京から仙台まで引っ越しをするときの相場は、業者が忙しくない時期であれば、16万円~26万円程度が目安になると思います。

繁忙期に引っ越しをする場合であれば、20万円~30万円程度の費用を見込んでおく必要があります。

さらに、荷造りや荷解きなどのオプションサービスを利用した場合には、手間賃として5万円~8万円程度を加算する必要があります。

また、家族4人が東京から仙台まで移動するための交通費として、5万円程度を見込んでおく必要があります。

このように東京から仙台まで4tトラックをチャーターして引っ越しをするとなると、それなりの高額な費用が発生してしまうことになります。

もし、少しでも引っ越し費用を安くしたいと考えているのであれば、「帰り便」などの利用を検討してみるといいでしょう。

「帰り便」というのは、仙台の業者が東京まで荷物を運んで来て、再び仙台に戻るときの荷台に荷物を載せてもらうという方法です。

業者にしてみれば、空荷で仙台まで帰るよりは、料金を下げてでも荷台に荷物を積んで帰った方が得なわけです。

一般に、帰り便を利用すると通常の6割~7割程度の費用で荷物を運んでもらうことが可能だといわれています。

ただし、いつでも帰り便を利用できるわけではありません。

引っ越しをするタイミングで、たまたま東京から仙台に帰るトラックを見つけることができれば利用が可能になります。

帰り便を利用したい場合には、事前に引越し業者に確認をしてみるといいでしょう。

いずれにしても、引っ越しの費用というのは、業者の都合やタイミングによって大きく変わります。

東京から仙台のような長距離の引っ越しをするときには、必ず複数の業者に見積もりをもらって料金を比較することが大切です。

1社だけだと、どうしても強気(高め)の見積りがでてきてしまいますので、相場よりも高い金額で引っ越しをすることになりかねません。

東京から仙台まで家族で引っ越しするときの相場

●2tトラック(ロング)を使用
 閑散期:10万円~17万円
 繁忙期:13万円~22万円

●3tトラックを使用
 閑散期:12万円~20万円
 繁忙期:16万円~26万円

●4tトラックを使用
 閑散期:16万円~26万円
 繁忙期:20万円~30万円

タイトルとURLをコピーしました