レディースパックという引っ越しのスタッフが全員女性の安心サービス

女性専門引越しサービス・スタッフ全員が女性
引っ越しの作業をすべて女性スタッフが行ってくれる、レディースパックというサービスをご存知でしょうか?

引っ越し業者のスタッフというと、体格のいい体育会系のお兄さんたちというイメージがあると思います。

たしかにそれはそれで頼もしいのですが、1人暮らしの女性などが引っ越しを依頼するときには、ちょっと不安になってしまうかも知れません。

引っ越し直前とはいえ、これまで自分が住んでいた部屋に男性がぞろぞろと入ってくることに抵抗を感じる女性も少なくないでしょう。

また引越し先においても、これから自分が住むことになる場所の間取りや家具の配置まで、引越し業者の男性作業員に知られてしまうのは、一人ぐらしの女性にとっては大きな不安材料になるに違いありません。

そんなときに安心できるのが、アート引越センターが提供するレディースパックと呼ばれる、女性スタッフのみによる引っ越しサービスです。

もちろんこうした女性スタッフだけによる引越しサービスは、アート引越センターのレディースパックだけではなく、大手の引越し業者であれば「レディースプラン」というかたちで取り扱っていることが多くなっています。

ここでは、女性スタッフによる引越しサービスについて詳しく解説してみたいと思います。

女性スタッフであれば荷造りなども安心して任せられます

引っ越しの荷造りをする女性スタッフ最近では、女性といえども遅い時間まで仕事をする人も増えてきました。

そのため、引っ越しの準備をするといってもなかなか時間が取れなくてはかどらないこともあると思います。

引越し業者には荷造りサービスがオプションで用意されているところも多いのですが、女性の場合には特にこのサービスの利用には抵抗を感じる人が多いでしょう。

女性の持ち物のなかにはデリケートなものもありますから、そういったものを男性スタッフに見られるのは耐えられないことでしょう。

レディースパックなどの女性専用プランであれば、そういった引っ越しの荷造り作業においても、派遣されるスタッフはすべて女性ですから安心して任せることが可能です。

ちなみに、アート引越センターのレディースパックには、荷物の運搬だけをする「基本コース」と、荷造りも行ってくれる「ハーフコース」、さらに引っ越し先での荷解きまで行ってくれる「フルコース」が用意されています。

いずれのサービスを利用した場合でも、基本的に作業スタッフはすべて女性ということになります。

引越し業者からストーカーまがいの被害を受ける女性もいます

女性をつけ狙うストーカー一人暮らしの若い女性にとって、見知らぬ男性に個人情報を知られるというのは、あまり気持ちのいいものではないでしょう。

しかし、引っ越しをすることになれば、新居の住所や部屋の間取りなどが引越し業者のスタッフにすべて筒抜けになってしまいます。

また、引っ越し業者と連絡を必要があることから、相手に携帯電話の番号を伝えているのが普通です。

実際に、引っ越しが終わった直後に、業者のスタッフからLINEを使ってナンパされた女性もいるのです。

しかも、その引越し業者は誰もが名前を知っている大手の引越し業者です。

大手の引越し業者であっても、すべての従業員にしっかりと教育が行き届いているとは限らないわけです。

特に、3月から4月にかけての繁忙期になりますと、アルバイトのスタッフが増えてきますので、注意が必要になります。

関連記事:女性は引越し業者のナンパにご注意ください~実際にあったLINEでナンパ事件

ナンパ程度で済めばまだいい方ですが、さらにそこからストーカー行為にまで発展してしまう可能性もないとはいえません。

自分の住んでいる部屋や電話番号を知られているわけですから、ストーカー行為を受けるとことになるとかなり面倒です。

すべてが女性スタッフの引っ越しサービスを利用すれば、そうした男性スタッフ特有のリスクから逃れることが可能になるわけです。

女性の下着が引越し業者に盗まれることもあります

下着泥棒に狙われる女性の洗濯物引越し業者のスタッフの中にはいろいろな人がいます。

先ほども書きましたように、3月から4月にかけての繁忙期には、まともな社内教育を受けていないアルバイトの男性スタッフも部屋に招き入れることになります。

そういった状況で、若い女性が特に気をつけなければならないのが下着の盗難です。

自分ですべて荷造りをすれば大丈夫だろうと思う人もいるかも知れませんが、うっかりとダンボールに「下着類」などと書いてしまうと非常に危険です。

何のダンボールだか分からなくならないように、マジックで書いておきたくなる気持ちは分かります。

しかし、トラックに積み込んだときのダンボールの数と新居に荷降ろししたダンボールの数が合わないという事故は決して少なくないのです。

ダンボールの数が合わない原因のすべてが盗難ということではありませんが、「下着類」と書かれたダンボールが男性スタッフに盗まれてしまう可能性は十分にあるのです。

ダンボールにマーキングをする際には、単純に番号を振っておいて、その番号ごとに中身が何であるかをリストにまとめておくようにするといいでしょう。

もちろん、下着の盗難リスクを最小限にするには、女性スタッフによる引越しサービスを利用するのが無難であることは言うまでもありません。

関連記事:引越し業者による盗難から荷物を守るためにやるべきこと
    

レディースパックだけでは対応できない重量物運搬

バツをする女性スタッフレディースパックなどの女性専門の引っ越しサービスは、1人暮らしの女性にとってはとても心強いサービスとなりますが、例外的に女性スタッフだけで対応ができない作業もあります。

それは、重量のある大型家具などの運搬です。

段ボールなどの小物や小さな家電などであれば、女性スタッフだけで対応が可能なのですが、大きなタンスであったり重量のあるドラム式の洗濯機などを運んだりするのは女性だけでは困難な場合があります。

特にドラム型の洗濯機の重量は80kg~100kgほどもありますので、設置場所によっては男性のスタッフでも苦労します。

また、2階などから階段を使って重量物をおろしたりする作業も、女性スタッフだけではかなり厳しい作業になります。

そういったケースでは、すべての作業を女性スタッフだけで行うというわけにはいかず、やむを得ず男性スタッフの手を借りることになります。

ただし、すでに部屋の中には段ボールなどに箱詰めされた荷物しかなく、同性である女性スタッフも近くにいるわけですから、全員が男性スタッフで行われる引っ越しにくらべて抵抗感は少なくなると思います。

大きめの家具などがあって気になる場合には、見積もりを作成してもらうときに実際に家具の大きさなどを見てもらったうえで、全員女性スタッフで可能かどうかを確認してみるといいでしょう。

若い女性が一般の引越し業者に依頼するときの対策

女性の引っ越しの立会いをする友人の男性1人暮らしの女性にとって強い味方ともいえるレディースパックなどの女性専用のサービスですが、地域などによっては利用できないところもあります。

また、先ほども書きましたように、重量物が多いケースなど、女性スタッフだけでは対応できないこともあります。

そういった場合には、残念ながら一般の単身向けの引っ越しサービスを使うことになると思います。

一般向けの引っ越しサービスを使った場合、スタッフは基本的に全員男性のことが多いですから、若い女性が1人でいる部屋に何人もの男性を入れるのはどうしても抵抗があると思います。

そういった場合には、親や友人などに立ち会ってもらうようにすると安心です。

基本的に当日の作業は引越し業者がすべてやってくれますから、親や友人を呼んでも特に手伝ってもらうことは何もありませんが、一緒にいてもらうだけで安心できるはずです。

特に、父親や男性の兄弟、あるいは男性の友人などに立ち会ってもらうことができれば、引越し業者の男性スタッフに対するけん制になります。

可能であれば、引越し業者とのやり取りに使う携帯の番号も、親や兄弟のものにすることで、より安心できることでしょう。

また、下着などの盗まれやすいものは、ダンボールを別に分けておいて、マイカーで運んだり宅配便を使って送ったりすると安全です。

タイトルとURLをコピーしました