東京から大阪まで引っ越しをするときの料金相場は?~単身や家族の人数別の費用と実際の見積もり金額

東京から大阪東京から大阪への転勤が決まったら、さっそく引越し業者を探さなければなりません。

できれば、安い業者に依頼をしたいと誰もが思うことでしょう。

しかし、引越し業者の料金というのは、業者や引越しをする時期によって大きく変わってきます。

そのため、実際に見積もりをもらってもそれが安いのか高いのかピンとこない人が多いことでしょう。

できれば、東京~大阪までの引っ越し業者の相場を頭に入れたうえで、うまく業者と交渉したいものです。

ここでは、これから東京~大阪間のおおまかな引越し料金を紹介しています。

また、以下のような一括見積もりサイトで料金を比較することで、引越し費用が最大で50%も安くなることがありますので、引越し費用を節約したい人は利用してみるといいでしょう。


距離の割には割安感のある東京~大阪の引っ越し料金

引っ越しの料金というのは、大まかに荷物の量と移動距離によって決まります。

東京と大阪間は距離的には500kmほどありますから、かなりの長距離ということになります。

しかし、東京都と大阪は日本を代表する2大都市となりますので、両都市をつなぐ交通網が発達していますし物流も非常に盛んです。

そのため、他の地域にくらべて、移動距離の割には引越し料金が割安になることが少なくないようです。

それでは、実際に東京~大阪の引越し料金がどれくらいになるのか、単身の場合と家族の場合に分けて具体的にみていきたいと思います。

単身者が東京~大阪間の引っ越しをするときの料金はどれくらい?

東京都と大阪のような大都市間の引っ越しは、会社の転勤に伴うものが多いでしょう。

そして、会社の転勤に伴う引っ越しのなかでも、学校に通う子どもがいる家庭などの場合は、単身赴任を選択するケースが少なくないと思います。

そのため各引越し業者も、単身者向けのサービスを充実させています。

なかでも、日通の単身パックは有名ですね。

それでは、実際に単身者が東京から大阪まで引っ越しをする場合に、どれくらいの費用がかかるのか見て行くことにしましょう。

単身向け専用プランを利用すれば思った以上に料金は格安

一人暮らしの女性単身パックなどの業者が提供する「単身向けプラン」を利用して東京~大阪の引っ越しをするときの相場は、2万5,000円~2万8,000円ほどになります。

思った以上に安い料金ですね。

引越し業者がそれほど忙しくない閑散期などであれば、さまざまな割引が適用されて、さらに安く引っ越しをすることも可能になります。

逆に、3月などの繁忙期の場合には料金が割り増しになり、通常の見積り金額にくらべて5千円ほど割高になります。

この時期は、まさに転勤シーズンといえますので、業者もアルバイトなどを増やして対応をしなければならないために、人件費などのコストアップからどうしても割高になってしまいます。

それでも、3万円と少しの料金で引っ越しが可能になるわけです。

ただし、引越し業者が提供する単身専門プランの場合、コンテナのサイズが決まっていますので、あまり多くの荷物を運ぶことはできません。

目安としては、小型の冷蔵庫(100リットルくらい)、20インチ程度の薄型テレビ、テレビ台(小)、電子レンジ、掃除機、カラーボックス(3段)、布団、50cm×35cm×35cmサイズのダンボールが5個、程度の荷物を運ぶことができます。

荷物が多い単身者が東京~大阪の引越しをするときの相場

単身者専用プランのコンテナにすべての荷物が収まりきらないときには、コンテナの数を増やすか、通常の引越しプランを利用することになります。

コンテナの数を増やした場合には、さきほど紹介した料金にコンテナの数の分だけ掛け算をすればいいことになります。

コンテナ1つで2万5,000円だった場合、2つだと5万円ということになります。

ただし、複数のコンテナを依頼する場合には、コンテナ1つあたり1,000円程度割引になる引っ越し業者もありますので、事前に確認をしておくといいでしょう。

食器棚やベッドなどといった本格的な家具を運ぶ場合には、単身プランでは対応できませんので、一般の引っ越しサービスを利用することになります。

その場合の東京~大阪間の引っ越し料金としては、6万円~10万円程度が相場と考えておくといいでしょう。

業者が一番忙しい繁忙期だと、8万円~12万円程度になると思います。

少しでも費用をおさえたいのであれば、3月~4月上旬の引っ越しを避けた方がいいでしょう。

ちなみに、赤帽を使って東京から大阪まで引っ越しをした場合、7万円~8万円が目安になります。

軽トラックの荷台であっても、単身パックの3倍近くの荷物を積むことができますので、選択肢の1つとして考えてみてもいいでしょう。

ただ、赤帽を使って200km以上の引っ越しをするときには、組合によっては往復の高速代金を請求されることがありますので、事前に確認をしておく必要があります。

●単身者が東京~大阪に引っ越しをするときの相場

単身者専用プラン(通常):2万5,000円~2万8,000円

単身者専用プラン(繁忙期):3万円~3万3千円

荷物が多いとき(通常):6万円~10万円

荷物が多いとき(繁忙期):8万円~12万円

赤帽:7万円~8万円

家族で東京から大阪まで引っ越しをするときの料金

四人家族単身者の場合には、「単身パック」などの専用プランを利用すれば、料金的にはほぼ定額で利用することが可能です。

しかし、家族での引っ越しになると、同じ東京~大阪間の移動であっても家族の人数によって料金が大きく変わってきます。

荷物の量に応じて手配するトラックのサイズが変わってしまうからです。

家族といても夫婦2人だけの場合もありますし、子どもを含めて4人~5人の家族もありますので、単純に目安の金額を提示することはできません。

ここでは、引っ越しに使うトラックのサイズ別に、東京~大阪の引越し料金相場がどれくらいになるのかを見ていきたいと思います。

2tのロングボディで引っ越しをする場合の料金

夫婦2人だけの家族であったり、子どもがいてもまだ小さかったりする家族の場合は、2tトラックで十分なことも多いでしょう。

2tトラックにはショートボディとロングボディがありますが、ここではロングボディを想定しています。

2tロングの荷台は畳4枚半ほどの広さがありますので、思った以上の荷物を積むことが可能です。

実際にトラックの荷台にどれくらいの荷物を積むことができるのかは、以下の記事をご覧になってください。

参考:引っ越しのとき1台のトラックに積める荷物の量~2t・2tロング・3tで比較

引越し業者がそれほど忙しくない時期であれば、2tロングでの東京~大阪間の引っ越し料金は、10万円~15万円が相場と考えていいと思います。

3月などの繁忙期には3割ほど高くなると考えられますので、13万円~20万円程度が相場になります。

これらの料金はあくまでも荷物を運んでもらうためだけの相場になりますので、荷造りや荷解きなどをオプションで依頼する場合には、別途で費用が発生します。

荷物の多い2人~3人家族が3tトラックで東京~大阪を移動する場合の費用

3tトラックになりますと荷台の広さは畳6枚分ほどありますので、2人~3人家族で荷物がやや多めでも対応が可能になります。

間取りでいうと、2DK程度の広さの家に住んでいる人の荷物の量が、3tトラックに積める範囲といえます。

業者がそれほど忙しくない通常の時期に、東京~大阪を3tトラックで引っ越しをする場合の料金の目安としては、13万円~20万円くらいと考えていいでしょう。

3月~4月上旬ころまでの繁忙期だと、17万円~26万円くらいの料金になってしまいます。

また、料金もさることながら、近年は繁忙期に引越し業者の手配がつかなくなってしまうことも多いですので、もしその時期に引っ越しをするのであれば、早めに予約をしておくことをおすすめします。

4tトラックで3人~4人家族が引っ越しをするときの相場

3K以上の間取りで3人~4人で暮らしている家族の場合、すべての荷物を積み込むには最低でも4tトラックは必要になってくると思います。

ただし、4tトラックというのは、全長が9m以上ありますので狭い路地などには入っていけません。

そのため、3人~4人家族の場合には2tトラックを複数台使って引っ越しをすることも少なくありません。

東京から大阪までの引っ越しを4tトラックでする場合の料金の目安としては、閑散期で16万円~25万円くらいが相場になると思います。

これが繁忙期になると、21万円~32万円くらいまで料金がアップしてしまいます。

繁忙期になると引越し業者も強気の見積りを出してきますので、少しでも費用をおさえたいのであれば、繁忙期を避けるようにした方が賢明です。

●家族で東京~大阪に引っ越しをするときの相場

2tロングトラック(夫婦2人)
 通常:10万円~15万円
 繁忙期:13万円~20万円

3tトラック(2人~3人家族)
 通常:13万円~20万円
 繁忙期:17万円~26万円

4tトラック(3人~4人家族)
 通常:16万円~25万円
 繁忙期:21万円~32万円

チャーター便と混載便の料金の違い

近距離の引っ越しであれば、荷物を積んだトラックでそのまま転居先まで荷物を運ぶのは当然ですが、遠距離の場合には必ずしもそうとは限りません。

他の家族の荷物と一緒に大きなトラックで運ぶ「混載便」と、荷物を積んだトラックでそのまま目的地まで行く「チャーター便」のどちらかを選択することになります。

ここでは、チャーター便を利用した場合と混載便を利用した場合の東京~大阪間の引っ越し料金を比較してみたいと思います。

見積の条件として、夫婦2人か小さな子どものいる3人家族の場合を想定しています。

東京~大阪間のチャーター便はかなり割高な料金になります

2tロングのトラックをチャーターして、東京から大阪までを業者が忙しくない時期に引っ越しをした場合の料金の目安は13万円~20万円程度となります。

3月などの繁忙期となるとトラックの手配がなかなかつかなくなるため、チャーター便はお断りされてしまうことも多いです。

仮にトラックの手配がついたとしても、東京~大阪間で17万円~28万円とかなり割高な料金になってしまいます。

チャーター便は料金的には割高ですが、積んだトラックでそのまま目的地まで荷物を運んでもらえますので、短時間で荷物を運ぶことができるというメリットがあります。

東京~大阪間の距離は500km程度なので、トラックが移動をする時間は6時間程度になります。

そこに荷物の積み下ろしをする時間をプラスすると、およそ10時間程度で引っ越しが完了することになります。

朝早くから作業をスタートすれば、東京~大阪間であってもその日のうちに引っ越しを終えることも可能であるという点が、チャーター便の大きな魅力です。

チャーター便であっても料金が安くなる可能性のある帰り便

チャーター便は、東京~大阪間のような長距離の引っ越しの場合にはどうしても割高になってしまいますが、うまく帰り便をつかまえることができれば、割安に引っ越しをすることも可能になります。

帰り便というのは、ある地域から荷物を積んできたトラックが荷物をおろして帰るタイミングで、自分の荷物を積んでもらうというものです。

たとえば、ある家族が東京から大阪まで引っ越しをして荷物をおろしたあとに、そのまま空の荷台で東京まで帰るのは業者としても効率が悪くなります。

そこで、大阪から引っ越しをする人の荷物を積んで東京に帰るようにすれば、帰りの高速代や燃料代が無駄にならなくて済みます。

そのため、うまく帰り便を見つけることができれば、通常の引越し料金にくらべて割安になるといわれています。

チャーター便で東京~大阪の引っ越しを考えている人は、当日に帰り便がないかどうかを業者に確認してみるといいでしょう。

混載便を利用した東京~大阪までの引っ越し料金はどれくらい?

混載便チャーター便を利用すると、東京~大阪間であっても1日で引っ越しを完了させることも可能ですが、トラック1台を貸し切りにするため、料金的にはどうしても高くなってしまいます。

コスト的なことを考えると、他の家族の荷物と一緒に運んでもらう「混載便」がお得ということになります。

それでは、混載便を利用して夫婦2人か小さな子どもがいる3人家族が、大阪~東京の引っ越しをした場合、どれくらいの料金になるのでしょうか?

引越し業者がそれほど忙しくない時期であれば、7万円~12万円程度が料金の目安になると思います。

繁忙期の場合であっても、9万円~16万円程度の料金で東京~大阪の引っ越しが可能になります。

料金的にはチャーター便とくらべて、かなり割安感があると思います。

混載便の場合には、2tトラックなどでターミナルまで荷物を運んで、そこで大型のトラックに荷物を積みかえます。

その大型トラックの荷物がいっぱいになるまでターミナルで待機したうえで出発をすることになるため、どうしても日数がかかってしまいます。

東京~大阪間は流通量が多いので、大型トラックの荷台はすぐにいっぱいになってしまうことが多いですが、それでも荷物が目的地に到着するまで2~3日程度見ておく必要があるでしょう。

いずれにしましても、東京~大阪間は長距離になりますので、引越し業者の見積り金額に大きな差が生じることが少なくありません。

以下のような一括査定サイトから複数の引越し業者の見積を取得して、しっかりと比較をすることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました