引越し業者の繁忙期に一括見積もりを利用しても意味がないのか?

はてなの札を持つ女性引っ越しの見積もりをもらうときには、1社だけでなく複数の業者からもらった見積もりを比較することで、大幅に安くなることがあります。

特に、閑散期などの引越し業者の仕事があまりない時期などの場合は、競争の原理が働くことによって50%以上も見積もり金額が安くなることがあります。

そういった時期に、ネットから簡単に申し込みのできる一括見積もりサイトを利用することは、とても効果的であるといえます。

しかし、引越し業者が一番忙しい繁忙期にはどうでしょうか?

断るくらい仕事のある時期に、引越し業者同士を競争させても意味がないような気がしますが、はたしてどうなのでしょうか。

繁忙期には競争の原理が働ないから一括見積もりは無意味?

引越し業者によっては、3月に入ると新規の申し込みを中止してしまうようなところもあります。

つまり、「どんなにお金を積まれても仕事は受けられませんよ」というような状態なわけです。

受付を中止していない引越し業者であっても、3月の末ともなると通常の2倍~3倍もの金額を提示してくるのが一般的です。

なかには通常であれば20万円程度でできる引っ越しに対して、100万円などという法外な見積もりを提出してくるようなところもあります。

これは、俗に「お断りの見積もり」と呼ばれるもので、さすがにこの金額では依頼はしてこないだろうという金額を意図的に提示してくるわけです。

このような、引越し業者が1年で一番忙しい繁忙期に、一括見積もりサイトを使って競争をさても意味がないような気がします。

そもそも、どこの業者も仕事を受注することに消極的なわけですから、競争の原理が働かず、見積もり金額が下がるということは考えにくいということになるわけです。

単純にこのことだけを考えた場合、引越し業者の繁忙期に一括見積もりサイトを利用しても意味がないということになってしまいます。

一括査定サイト経由であれば繁忙期でも引越し業者が必ずみつかる

パソコンと虫眼鏡単純に引越し業者の見積もり金額を下げさせるという目的だけの場合には、確かに繁忙期に一括見積もりサイトを使うことはあまり効果的ではないかも知れません。

しかし、一括見積もりサイトを使うことで、たとえ繁忙期であっても確実に引越し業者を探すことができるというメリットがあるのです。

3月の中旬以降になると、どこの引越し業者も忙しく、まともに電話にも出られないような状況になってしまうところも少なくありません。

先ほども書きましたように、3月に入ると受付そのものを中止してしまう引越し業者も少なくありません。

そんな状況のなか、自分でまともな引越し業者を探そうとすると大変な苦労をすることになるに違いありません。

どこに電話をかけてもなかなかつながらなかったり、仮に電話に出てくれたとしても軽くあしらわれたりして、引越し難民になってしまう可能性もあるわけです。

挙句の果てには、やっと見つけた引越し業者が、実はモグリの業者だったりすることもあるわけです。

ところが、そんな繁忙期であっても一括見積もりサイト経由であれば、必ず何件かの引越し業者からオファーが来ることになります。

引越し業者を見つけるために、苦労をしてあちこちの業者に電話をする必要はまったくなくなるわけです。

閑散期のように競争の原理で見積もり金額が大幅に安くなるということはないかも知れませんが、少なくとも一括見積もりサイトを利用することで、引越し業者が見つからないという最悪の事態は避けられることになります。

忙しい時期でもスポット的にスケジュールが空くことはある

空いていますよ一括見積もりサイトには、たくさんの引越し業者が登録をしています。

一括査定サイトでは、それらの引越し業者の状況を把握したうえで、申し込みをしてきた人の近隣で対応が可能な状態にある会社を探し出して紹介する仕組みになっているわけです。

個人が1件ずつ手当たり次第に電話をしていくのとは違い、効率的に引越し業者を手配できるシステムになっています。

ですから、たとえ3月などの繁忙期であっても「スケジュールの空いている引越し業者がこんなにたくさんいるの?」とびっくりするくらい多くの業者からオファーが来ることもあるのです。

繁忙期とは言っても、突然のキャンセルなどがあったりしてスケジュールがスポット的にあくこともあるわけで、そうしたタイミングにうまく合わせられれば、引越し業者を手配することが可能になるのかも知れません。

こういったことは、まさにたくさんの引越し業者が登録している一括査定サイトだからこそできるわけです。

引越し業者が一括査定サイトの依頼を断りにくいという事情もあります

一括査定サイト経由だと繁忙期であっても必ず引越し業者が見つかる理由を考えた場合、業者とサイト運営側の1年間を見据えた「お付き合い」の部分が見え隠れします。

確かに引越し業者にしてみれば、仕事を断るくらい忙しい繁忙期にお客さんを紹介されるのは、ありがた迷惑かも知れません。

しかしその一方で、仕事があまりない閑散期に貴重なお客さんを紹介してくれる一括査定サイトは、ありがたい存在である違いありません。

引越し業者によっては、一括査定サイト経由で年間に何千件ものお客さんを紹介してもらっているところもあるわけです。

そういった引越し業者にしてみれば、繁忙期に依頼をお断りしたことが原因で、閑散期にお客さんを紹介してもらえなくなるのは非常に困ることになるわけです。

そこで、単発のお客さんの依頼はお断りするけれども、一括査定サイト経由のお客さんの分は、なんとかスケジュールに詰め込むといったようなことも、あえてするわけです。

引越しというのは、1人のひとが一生に何度もするものではありせんから、リピーターを意識する必要がありません。

忙しい時期に申し込みをしてくるお客さんをお断りしたからといって、そのことによってその後の売り上げが落ちるということはありません。

しかし、一括査定サイトとは長期にわたってお互いがWin-Winの関係になる必要があるため、繁忙期であっても便宜をはかってくれることもあるわけです。

料金的なメリットがまったくないわけではありません

ミニチュアの家とトラック繁忙期に一括見積もりサイトを利用しても、競争の原理による大幅なディスカウントは期待しにくいということをお話しさせていただきましたが、必ずしも料金的なメリットがないわけではありません。

繁忙期ですから、どこの引越し業者も料金的に高くなってしまうのは仕方のないことですが、その高い中からでも安い業者を見つけることは可能になります。

たとえば、閑散期の料金がA社18万円、B社23万円、C社15万円、D社30万円だったとします。

同じ条件で3月の中旬以降に見積もりをもらったら、A社35万円、B社48万円、C社45万円、D社55万円といった感じになるかも知れません。

どこの引越し業者も閑散期にくらべて2倍~3倍の見積もり金額になってはいますが、A社~D社を比較することで、最安値となる35万円を提示したA社を選ぶことが可能になるわけです。

もし一括査定サイトを利用せずに、手あたりしだいに電話をかけていった場合、たまたま仕事を引き受けてくれたのがD社だったりしたら、55万円で発注をすることになってしまう可能性があるわけです。

このように、繁忙期であっても一括見積もりサイトを利用することで、閑散期ほどではないにしても、安くやってくれる引越し業者を探すことは可能であることがお分かりいただけるかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする