賃貸物件の24時間緊急駆けつけサポートは本当に必要なのでしょうか?

24時間サポート最近では、賃貸物件の契約をするときに、24時間緊急駆けつけサポートなるものに加入することを義務付けている管理会社が多くなっています。

それでなくても、敷金や礼金など入居するための費用がかさむのに、わけの分からないサービスにお金を支払いたくないと思っている人もいることでしょう。

しかし、そこがどうしても入居したい物件であり、しかも人気の物件だったりすると加入を拒否するというのは難しいものです。

そこで、仕方なしに内容もよく確認せずに渋々加入をするという人も多いと思います。

実際にはどのようなことをしてくれるサービスなのでしょうか?

24時間駆けつけサポートは決して割高なサービスではない

24時間駆けつけサポートの料金は、契約する会社によって異なりますが、賃貸物件の契約期間である2年間で1万円~2万円程度を支払うのが一般的です。

つまり、1ヵ月あたり400円~800円ほどになりますから、決して高いものではありませんし、管理会社と加入するかしないかで揉めるほどの金額ではないといえます。

しかし、さまざまな費用がかかる入居の際に、前払いの形で一括で支払うことになるので、割高に感じてしまう人が多いのでしょう。

実際に何かあったときのための保険と考えれば、1ヵ月あたり400円~800円は決して高くはないといえます。

「管理会社に強制されて仕方なしに入った」などと思わずに、自分が加入しているサービスがどういったことをしてくれるのか、いま一度確認をしてみるといいでしょう。

決して無駄ではないということがお分かりになるかと思います。

水のトラブルなど1回分でほとんど元が取れます

アパートやマンションなどの入居者が遭遇する可能性が一番高いトラブルといえば、なんといっても水のトラブルです。

洗濯機などの水漏れトラブルやトイレのタンクの故障、あるいはキッチンの排水口の詰まりやトイレの詰まりなどです。

こういったトラブルが起きてしまったときに、よくテレビなどでCMを流している専門業者を呼ぶと、出張料と作業料を合わせて、8千円~3万円ほどかかってしまいます。

しかし、24時間緊急駆けつけサービスに加入をしていれば、60分以内の作業であれば無料で対応をしてくれるところが多くなっています。

もちろん部品交換などが必要な際の費用は実費となってしまいますが、とりあえずの応急処置に関しては無料でやってくれるのが一般的です。

つまり、賃貸物件に住んでいる2年間の間に、1度でもこういったトラブルが発生してしまってサービスを利用することになったら、それだけで十分に元が取れてしまう可能性があります。

こう考えると、24時間緊急駆けつけサービスに加入する料金は、決して高くはないということがお分かりいただけるかと思います。

ある意味では保険と同じですから、加入が強制ではない物件であったとしても、自主的に加入を検討してみてもいいと思います。

部屋の鍵を失くしてしまったときにも対応してくれます

鍵を紛失24時間緊急駆けつけサポートが対応してくれるのは、もちろん水回りのトラブルだけではありません。

たとえば、夜遅くに帰宅したときに、鍵を失くしてしまって自分の部屋に入れないなどというトラブルも普通にありそうです。

そういった場合であっても、24時間緊急駆けつけサポートに加入をしていれば対応をしてもらうことができます。

もし、そのようなサービスに加入をしていなければ、夜中に営業をしている鍵屋さんを探さなければならず、パニックになってしまうことでしょう。

料金的には、加入をした会社によってまちまちですが、60分までの出張費と作業費が無料になるというところが多いようです。

また、契約時の料金が安めのサービスの場合には、無料ではなく、本来であれば1万円の料金を半額の5千円にしてくれるなどということもあるようです。

もちろんサービスで対応してくれるのは、あくまでも部屋の鍵を開けてくれるまでの作業であって、合鍵を作る費用などは実費となります。

ガラスが割れてしまったときの応急処置などにも対応

台風などの自然災害によって窓ガラスが割れてしまうということがあるかも知れません。

あるいは、留守の間に泥棒が窓ガラスを割って侵入するようなこともあるかも知れません。

いずれの場合におきましても、窓ガラスが割れてしまった状態の部屋で過ごすわけには行きません。

かといって、時間帯によってはガラス屋さんがすぐに来てくれるかどうかわかりませんし、そもそもガラス屋さんの連絡先など分からないという人も多いでしょう。

そういった場合でも、24時間緊急駆けつけサポートに加入をしていれば、とりあえず部屋で過ごすことができるように応急措置をしてくれますし、ガラス屋さんへの手配なども依頼をすることができます。

もちろん、ガラスの修理代は実費になりますが、応急処置のための作業は、60分以内であれば無料のところが多いようです。

2年間で、わずか1万円~2万円のお金で、万が一のときの安心感が買えると思えば、決して高くはないと感じるでしょう。

健康の相談ができるサポートなどもあるようです

健康相談ちょっと変わったサービスとしては、健康に関する相談などのサポートもしてくれるようです。

1人暮らしのひとで、日頃から帰りが遅くて病院の空いている時間になかなか帰宅のできないような人にとっては、心強いサービスかも知れません。

もし病院にいく必要性があれば、自分の住んでいるところの近くの病院などを紹介してくれたりもするようです。

ただし、何かの発作が起こったりするような緊急性の高い症状がある場合には、119番をして救急車を呼ぶべきなのは言うまでもありません。

1人暮らしの高齢者のための安否の確認も可能です

24時間緊急駆けつけサポートで、安否確認のサービスなどを提供しているところもあるようです。

たとえば、高齢な自分の親などが1人暮らしをしているときに、電話で連絡が取れなくなってしまった場合などは不安になってしまうものです。

そういったときに、実際に現場に駆けつけて安否の確認をしてくれるわけです。

これからの時代は、1人暮らしの高齢者がどんどん増える傾向にありますので、こうしたサービスがあると、離れて住んでいる家族は安心できるに違いありません。

加入をすることを理不尽に感じる人もいると思います

納得できないここまで、24時間緊急駆けつけサポートでどういった対応をしてもらえるのかということや、メリットなどについて書いてきました。

しかし、管理会社が加入を強要してくる時点で、なにか胡散臭いと感じてしまう人も多いことでしょう。

確かに管理会社がサービスを提供している業者から紹介料を受け取っているという事実はあるでしょう。

また、入居者がそういったサービスに加入してくれることで、何らかのトラブルが起きたときに、自分たちが対応をしなくて済むといったメリットを、管理会社の人は感じているに違いありません。

管理会社を儲けさせてあげたり、トラブルの際に楽をさせてあげたりするために、入居者が自腹で24時間駆けつけサービスに加入するというのは、納得の行かない人もいるでしょう。

そもそも、自分の住んでいる部屋に何かトラブルが起こったといっても、普通に使っていてトラブルが起きてしまった場合には、管理会社や大家の方で対処をしなければならないはずです。

トラブルの際に、入居者が自分でお金を負担しなければならないのは、あくまでも自分に過失がある場合に限られます。

そういったことを考えた場合、24時間駆けつけサポートに加入をしなくても、自分で負担をしなければならないようなトラブルは滅多に起こらないと思われますし、多くの場合は加入料の元を取ることはできないでしょう。

もし、入居者の多くが元をとってしまうようなトラブルが頻繁に起こるとしたら、サービスを提供する会社は倒産してしまうはずです。

ですから、このことはあくまでも保険と考えるしかないわけです。

保険に入っても、多くの人は保険料の元を取れることはありません。

しかし、何かあったときのために、損をする可能性が高いことを承知のうえで保険に加入するわけです。

24時間緊急駆けつけサポートも、月額になおすとわずか400円~800円程度しかかかりませんので、理不尽に感じる部分はあるかも知れませんが、加入はしておいたほうがいいと言えるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする