即日に引っ越しをしなければならなくなったときに何をすべきか?

考える男性引っ越しというのは、あらかじめしっかりと準備をしたうえで、余裕を持って行うのが基本です。

しかし、長い人生においては何が起こるか分かりません。

どうしてもその日に引っ越しをしなければならないといったような状況になってしまうこともあるかも知れません。

そういったケースでは、状況的にかなり切羽詰まった現実に直面していることが少なくないはずです。

いわゆる夜逃げなどもそうですし、DV夫から逃げるために何としてもその日に引っ越しをしたいといったケースもあると思います。

しかし、引越し業者というのは、だいぶ前から配車のスケジュールを組んで、計画通りに仕事を進めていくのが一般的です。

はたして、即日の引っ越しに対応をしてくれる業者はいるのでしょうか?

また、即日に引っ越しをするときに、注意すべきことはどういったことでしょうか?

即日の引っ越しは事前に準備をすることは困難?

即日に引っ越しをしたいと思う人の多くは、かなり切迫した状況に身を置いていることが多いでしょう。

そのため、引っ越しをしようと思っていることを周囲に悟られないようにして普段通りに生活をしつつ、ある日突然に引っ越しをしようと決意するわけです。

当然ながら、一般的な引っ越しのように、事前に荷造りなどをする余裕はありません。

ちょっとでも、そういった雰囲気を悟られるとまずいからです。

そうなると、即日に引っ越しをしようとする人は、荷造りを含めて引っ越しに伴うすべての作業をその日に行わなければならないことになります。

そんなことをしてくれる引越し業者ははたしているのでしょうか?

結論からいえば、います。

すべての引越し業者が対応してくれるわけではありませんが、そういった業者を探すことは決して不可能ではありません。

また、夜逃げを専門に扱っている引越し業者なども存在します。

参考記事:大きな声では言えませんが夜逃げ対応の引越し業者も存在します
   
しかし、そういった専門の業者を依頼するにしても、あまりにもたくさんの荷物があったのでは、仕事が終わらなくなってしまいますので、持って行くものは身の回りの必要最小限のものだけになってしまいます。

あくまでも、フットワークは軽くしておかなければならないわけです。

大型の家電や家具などはあきらめて、絶対に必要な自分の持ちものだけを、引越し業者に手伝ってもらいながら荷造りすることになります。

そもそも即日対応が可能な引越し業者をどうやって探すのか?

即日に引っ越しをしたいと思ったときに、実際に対応をしてくれる業者を探すにはどうしたらいいのでしょうか?

先ほども書きましたように、引越し業者というのは事前の予約をもとに配車のスケジュールを組んで計画通りに仕事をしています。

そのため、常識的に考えれば即日の引っ越しは断られることになります。

電話で確認ただし、引越し業者がそれほど忙しくない閑散期であれば、電話をしたその日にたまたま空いているトラックがある可能性はあります。

たまたまそういったタイミングでお願いをすれば、引き受けてくれる業者もいるかも知れません。

しかし、これも実際に電話をしてみるまでは分かりません。

そうなると、即日に引っ越しをしてくれる業者を探す唯一の方法は、片っ端から電話をかけまくるという原始的な作戦になってしまうわけです。

タウンページに掲載されている引越し業者やネットで検索をして出てきた業者に、上からしらみつぶしに電話をしまくるということになります。

ただし、この電話作戦が有効なのは、あくまでも引越し業者がそれほど忙しくない閑散期であり、3月などの繁忙期に実行するのはかなり厳しいといえるでしょう。

それでも、片っ端から電話をかけまくることで、たまたまキャンセルなどで空きがでてしまった引越し業者がいるかも知れませんので、最初からあきらめる必要はありません。

どうしても即日対応してくれる引越し業者が見つからなければ、先ほど紹介したような夜逃げ専門の引越し業者などをネットで検索して相談をしてみるといいでしょう。

そういった業者であれば、一般の引越し業者にくらべて即日対応してくれる可能性はずっと高くなります。

引っ越し費用に関しては業者の言いなりになってしまう可能性があります

当日までにしっかりと準備のできる一般の引っ越しであれば、複数の業者の見積もりを比較することで費用をかなり低く抑えることが可能になります。

しかし、即日の引っ越しとなると、そもそも引越し業者を比較している暇などありませんし、仕事を受けてくれるだけでもありがたいと思わなければなりません。

最近では、ネットの一括見積もりサイトなどを利用して、一番安い業者を探すのがトレンドになっています。

しかし、残念ながら一括見積もりサイトは即日の引っ越しには対応していません。

そのため、基本的には即日の引っ越しに対応してくれた業者の言値でお願いをすることになります。

しかも、その日に引っ越しをしたいというかなり無理なお願いをしているわけですから、ある程度は足元を見られることは覚悟しなければなりません。

即日の引っ越しは高くつく、ということをあらかじめ頭に入れておくといいでしょう。

即日引っ越しの開始時間は基本的には業者におまかせになります

時間はおまけせ即日に思い立ったように引っ越しをする場合、作業の開始時間は業者におまかせということになります。

たまたまトラックやスタッフのスケジュールが空いている時間を割り当ててもらうことになるわけですから、基本的にこちらの要望は無視されると考えなければなりません。

ですから、電話で片っ端から引越し業者を探していくときに、作業を始めることができる時間もしっかりと確認をしておくことが大切です。

作業開始時間が遅くなってしまって、引っ越しが完了する前にDV夫が帰宅などしてしまったら、それこそ修羅場になってしまいます。

間違っても作業終了時刻がそんな時間にならないように、あらかじめ余裕もって作業を進められる引越し業者に依頼をしなければなりません。

また、引っ越し業者が来るまでの間は、自分で出来る範囲で少しでも荷造りを進めておくといいでしょう。

引越し業者が到着してからバタバタ荷造りをすると、何をどこのダンボールに詰め込んだか分からなくなりますし、忘れ物をする確率も高くなってしまいます。

意外に便利な赤帽の即日配送便サービス

軽トラックのチャーター便で有名な赤帽は、一般の引越し業者とは違って、即日に集荷をして即日の配送を普通にやってくれるという特徴があります。

そのため、即日の引っ越しであまり荷物が多くないようであれば、赤帽を利用するというのも1つの選択肢です。

赤帽というのは、引越し業者とは違って全国の加盟業者同士のネットワークを持っていますので、その日に空いている便があれば、うまく振り分けてくれます。

また、荷物の積み込みなどもドライバーさんが手伝ってくれますので、意外に便利ですし、料金的にリーズナブルなのも赤帽の特徴です。

近場への引っ越しであれば、1万5千円程度の料金でやってくれるはずです。

さらに赤帽の便利なところは、荷物の監視という名目で引っ越し先まで助手席に乗せてもらって移動することができるという点です。

一般の引越し業者の場合には、依頼主がトラックに乗り込むことはできませんので、この点は赤帽の大きなメリットといえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする