荷物の少ない引っ越しを格安で済ませる方法~単身パック・赤帽・マイカー・宅配便・ヤマト便などを賢く活用

引っ越しのときの荷物の量は、その人のライフスタイルによって大きく変わります。

同じ1人暮らしの人であっても、2tトラックが必要になる人もいれば、宅配便でダンボール箱を2~3箱送るだけで済んでしまうほど荷物が少ない人もいます。

荷物の量が少ない1人暮らしの人の間で人気になっているのが、「単身パック」などの単身者専用のプランです。

また、「単身パック」を使うまでもないほどに荷物の少ない単身者であれば、マイカーを使って自力で運んだり、クロネコヤマトが提供しているサービスをうまく活用したりすれば、格安で引っ越しが可能になったります。

ここでは、荷物の少ない人が引っ越しをするときにぜひ利用したい、お得で便利なサービスをいろいろと紹介してみたいと思います。

家具や家電がまったくなく荷物が極端に少ない人が引っ越しをする場合

たとえば、家具が備え付けになっている会社の独身寮などに住んでいる人が引っ越しをする場合、引越し業者に依頼をするほどの荷物がないこともあるでしょう。

食事も外食や社員食堂などで済ませるのであれば、食器や調理用品も必要ありません。

そのような人が引っ越しをする場合に、荷物といえるものはせいぜい衣服と身の回りのこまごましたものだけになってしまいます。

そういった荷物の量が極端に少ない人が引っ越しをするときには、費用的にはかなり低くおさえることが可能になります。

ダンボール10箱程度の荷物であればマイカーで運べます

一人暮らしの人が生活をするための洋服や食器などといった身の回りの生活用品だけであれば、自分のクルマを使って運ぶことも十分に可能です。

普通の乗用車でも、後部座席や足元、トランクルームなどをうまく活用すれば、普通サイズのダンボールを10箱以上は余裕で積めるはずです。

仮にすべてのダンボールを積み込むことができなかったとしても、転居先までの移動距離が短ければ、ピストン輸送の形で何往復かすることもできます。

マイカーを利用すれば基本的にはガソリン代しかかかりませんので、荷物が少なくて家具や家電などがない引っ越しをする場合には一番おススメできる方法です。

マイカーを持っていない人が自力で引っ越しをする場合は、レンタカーを借りることになります。

最近は、移動先の店舗でクルマを返却することができる乗り捨てタイプのレンタカーがありますので、わざわざ返却のために借りたお店まで戻る必要はありません。

乗り捨てタイプのレンタカーを借りた場合、100km程度の距離で1万円ほどのレンタル料が発生します。

それに、ガソリン代や高速代などを入れても、1万5千円程度で済みます。

ただし、乗り捨てタイプのレンタカーを利用しての引っ越しは、長距離の場合にはおすすめしません。

たとえば、東京から大阪までは500kmほどありますが、これだけの距離になりますとレンタル料金だけで5万円ほどかかってしまうからです。

高速代とガソリン代を入れると7万円ほどにもなってしまいます。

荷物の少ない単身者が500km程度の引っ越しをするときの費用として7万円はあきらかに高すぎで、普通に引越し業者が2トントラックで運ぶ料金と変わらなくなってしまいます。

ダンボール数箱程度の少量の荷物であれば宅配便が安あがり

マイカーを持っていない人が少量の荷物を引っ越し先まで運ぶのに便利なのが、クロネコヤマトの宅急便に代表される「宅配便」です。

ダンボール5~6箱分の荷物しかないのであれば、「単身パック」などの専用プランとくらべても圧倒的に安い金額で引っ越しができます。

たとえば、単身パックなどの単身者向け専用プランを使って東京から大阪まで引っ越しをした場合、繁忙期以外の平日であっても25,000円ほどかかります。

ところが、クロネコヤマトの宅急便で、120サイズ(縦横高さの合計が120cm)のダンボール5箱を東京から大阪までおくった場合の料金は、わずか8,425円(2019年5月25日現在)にすぎません。

参考:クロネコヤマト宅急便の料金表

宅配便を使って単身パックなどの単身者向けサービスよりも料金が高くなってしまうのは、120サイズのダンボールが15箱以上ある場合です。

それ以下の荷物の量であれば、宅配便を使った方がお得ということになるわけです。

しかも、引越し業者の料金は3月などの繁忙期には割高になるのが普通ですが、宅配便であれば365日同じ料金で利用することができます。

宅配便よりも圧倒的に料金の安い「ヤマト便」

引っ越し用のダンボール荷物の少ない1人暮らしの人が引っ越しをする場合に、宅配便というのは料金的には非常にお得であるということがお分かりになったかと思います。

しかし、実はそれ以上に魅力的なサービスがクロネコヤマトにあるのです。

それは「ヤマト便」と呼ばれるサービスです。

「ヤマト便」を知らない人も多いと思いますが、これは引っ越しのようにたくさんの荷物を同じ場所から別の同じ場所に運ぶときに料金的なメリットが大きいサービスになります。

宅配便の場合には10個の荷物を別々のところに配達してもらっても、すべての荷物を同じ場所に配達してもらっても料金的にはまったく同じです。

しかし、実際に配達をする人にしてみれば、集荷した10個の荷物をバラバラの場所に届けるよりも、まとめて1ヵ所に10個の荷物を届けた方が手間はかかりません。

手間がかからないということであれば、料金を下げることも可能なわけです。

そこで、すべての荷物を同じ場所に配達することを条件とする代わりに、宅配便にくらべて料金的にかなり安くしてくれるというサービスが「ヤマト便」なのです。

ヤマト便の場合は、箱のサイズを重さに換算して料金を計算するのですが、120サイズの箱が14箱の場合149kg相当になるため、東京から大阪までの料金はわずか6,254円(2019年5月25日現在)です。

参考:「ヤマト便」料金表

ちなみに、ヤマト便の重量というのは実際の荷物の重さではなく、サイズによって以下の書式で換算をします。

縦(メートル)×横(メートル)×高さ(メートル)×280=容積換算重量(kg)

普通の宅急便で120サイズのダンボール14箱を東京から大阪まで送った場合の料金が23,590円ですから、ヤマト便の方が圧倒的に安いことになります。

ただし、ヤマト便の場合は、宅急便にくらべて配送日数が1日よけいにかかってしまうので、急ぎの場合は注意が必要です。

宅急便ほど有名ではないために、ヤマト便を知らない人も多いのですが、まさに引っ越しのためにあるといっても過言ではないようなお得なサービスです。

これから引っ越しを予定している人で、荷物が少なくて家具や家電などの大物家財がない人はぜひ活用してみるといいでしょう。

荷物は少ないけれども家電や家具などがある場合

大きな家財1人暮らしで荷物の少ない人にとって魅力的な、クロネコヤマトの宅急便やヤマト便を使った引っ越しですが、1つだけ大きなデメリットがあります。

それは、サイズの制限です。

宅急便の場合は、縦横高さの合計が160cmサイズまでしか取り扱ってもらえませんし、ヤマト便の場合も2017年6月19日にサービス内容の変更があって、三辺の合計が200cmまでしか取扱いができません。

そのため、サイズの大きい荷物が1つでもあった場合、これらの方法で転居先まで荷物を運ぶことはできないことになってしまいます。

また、マイカーやレンタカーを使って自力で引っ越しをする場合でも、よほど大きなワゴン車でも所有していない限りは、家具や家電を運搬するというのは難しいでしょう。

それでは、荷物の量は少ないけれども、家電品や家具などがあるときの引っ越しはどうすればいいのでしょうか?

「単身パック」などの単身者向けサービスを利用する

単身赴任などで、荷物が少ない人が引っ越しをするときに人気になっているのが、「単身パック」などの単身者向けの引越しサービスです。

指定されたコンテナに納まる量の荷物であれば、格安で引っ越しができる点が人気になっているようです。

コンテナのサイズは、日通の「単身パックS」の場合で横幅108cm、奥行き74cm、高さが155cmとなっています。

小型の冷蔵庫や20インチ程度の液晶テレビであれば十分に運べますし、布団一式も一緒に運ぶことができます。

もう少したくさんの荷物を運びたいということでれば、コンテナのサイズが108cm、奥行き104cm、高さが175cmとひと回り大きい「単身パックL」もあります。

こうした単身者向けの専用プランであれば、東京から大阪といった500kmほどの長距離の引っ越しでも、2万5千円程度の料金で済んでしまいますので、荷物の少ない人は利用をしてみるといいでしょう。

ただし、こうした単身者向けサービスも業者によって料金に差がありますので、複数の業者から見積りをもらって比較をすることが大切です。

以下のような一括見積もりサイトであれば、ネットから簡単に複数の業者の見積り金額を知ることができます。


荷物の量によっては赤帽を使うという選択肢もあります

荷物の量は少ないけれども、単身パックなどのコンテナには収納できないサイズの家具や家電などがあるときには、赤帽を選択肢の1つとして考えてみるといいでしょう。

ご存知のように赤帽は軽トラックを使用しますので、それほどたくさんの荷物を積むことはできません。

しかし、軽トラックの荷台というのは、単身パックのコンテナの3倍ほどの広さがありますので、思った以上に大きな荷物を運ぶことができます。

ちなみに、幌付きの軽トラックの荷台のサイズは高さ140cm、幅140cm、奥行き195cmになります。

これだけのサイズであれば、多少大きめの家電などがあっても十分に積み込むことが可能になります。

近距離であれば料金的に割安感が高いのも赤帽の特徴です。

作業時間2時間以内で、走行距離が20km以内といった近距離の引っ越しであれば、わずか1万3,500円で利用することができます。(土曜・日曜・祝祭日は2割増)

ただし、赤帽は軽トラック1台を貸し切りにするチャーター便となりますので、どうしても長距離だと割高になってしまいます。

たとえば、東京~大阪などのように500kmほどの距離がある場合には平日でも7万円~8万円(高速代別)の料金になってしまいます。

赤帽は、荷物が少ない近距離の引っ越しで、単身パックなどの専用サービスのコンテナには入らないサイズの荷物がある人におすすめのサービスということがいえます。

荷物は少ないけれども大きめの家具がいくつかあるときの引っ越し

荷物そのものは少なくて、引越し業者の2トントラックを使うほどではないけれども、大きめの家具があり、なおかつ長距離なので赤帽は利用したくないというときにはどうすればいいのでしょうか?

そんなときに便利なのが、クロネコヤマトの「らくらく家財宅急便」というサービスです。

このらくらく家財宅急便であれば、ダブルベッドや衣装タンスのような大きな家具であっても、1点から運んでもらうことが可能です。

しかも、このらくらく家財宅急便の場合は、荷物の梱包もすべて業者がやってくれますので、依頼をする側は非常に楽です。

らくらく家財宅急便の料金は、SS(80cm以下)~G(450cm以下)までのサイズごとに決められています。

たとえば、東京から大阪まで運んでもらう場合の料金は以下になります。

SSランク:80cmまで 1,728円
Sランク:120cmまで 2,376円
Aランク:160cmまで 3,348円
Bランク:200cmまで 5,292円
Cランク:250cmまで 8,694円
Dランク:300cmまで 12,150円
Eランク:250cmまで 19,170円
Fランク:400cmまで 25,866円
Gランク:450cmまで 33,642円

参考:らくらく家財宅急便の料金

肘掛け椅子や座卓といったものがBランクになり、全自動洗濯機や学習机、小型の冷蔵庫などはCランクになります。

Dランクになりますと、2人掛けのソファや食器棚などが対象になります。

大型の冷蔵庫やシングルサイズのパイプベッド、タンス、本棚、大人用の自転車などはEランクになります。

さすがにDランク以上となりますとそれなりに料金も高くなりますが、このサイズの家具は単身パックなどでは運ぶことができませんので、料金の比較をするときは軽トラックのチャーター便などが対象になります。

複数のサービスを組み合わせて賢く引っ越しをしましょう

荷物を運ぶ荷物の少ない単身者が引っ越しをする場合、さまざまなサービスをうまく組み合わせて活用することで、費用をおさえることが可能になります。

荷物がダンボールだけの場合には、宅急便やヤマト便を使えばかなり安く済みますし、大きい荷物が1つだけあるなどというケースでは、らくらく家財宅急便とヤマト便や単身パックなどを組み合わせたハイブリッドな引っ越しにすればいいわけです。

たとえば、120cmサイズのダンボール箱5箱と洗濯機1台を東京から大阪の引越し先まで運びたい場合の料金は以下になります。

ヤマト便料金3,360円、らくらく家財宅急便Cランク8,694円、合計12,054円。

洗濯機をらくらく家財宅急便で運んでもらって、さらに布団一式や小型の冷蔵庫なども運びたいというときには、単身パックと組みわせるといいでしょう。

この場合の東京から大阪までの引っ越し費用は、らくらく家財宅急便Cランク8,694円と単身パックが25,000円ほどになりますから、トータルで34,000円ほどということになります。

先ほども書きましたように、赤帽を東京から大阪までチャーターするときの料金が7万円~8万円となりますので、さまざまなサービスを組み合わせたハイブリッドな引っ越しの方が断然安くなります。

ちなみに、一般的な2トントラックを使って東京~大阪までの引っ越しをする場合の費用は6万円~10万円(繁忙期は8万円~12万円)かかります。

参考:東京から大阪までの引っ越し費用

荷物の量が少ないにもかかわらず、普通に引越し業者を利用するというのはかなり割高になってしまうということがお分かりになるかと思います。

ただし、1人暮らしの人であっても、大きな家具や家電が複数あるような場合には、やはりそれなりのサイズのトラックが必要になりますので、残念ながら普通に引っ越し業者に依頼をするしかありません。

その場合であっても、以下のような一括見積もりサイトを利用することで料金をかなり安くなることできますので、利用してみるといいでしょう。