20km以内の同一地域に引っ越しをするときの見積り相場と大まかな費用~単身・家族

笑顔の女性と電卓引っ越し費用は、荷物の量(トラックのサイズ)と移動距離によって大まかな見積もり金額が決まることになります。

同一市内などで移動距離が20km以内であれば、それほど高額な費用が発生することはありません。

しかし、ある程度の相場が分かっていないと、業者から見積もりをもらったときに高いのか安いのか判断ができずに不安になることもあると思います。

ここでは、20km以内の場所に引っ越しをする予定の人が、費用としてどれくらいを目安にしたらいいのかについて、家族の人数やトラックのサイズ別に考えてみたいと思います。

単身の人が20km以内の近場に引っ越しをするときの費用の目安

単身者が移動距離20km未満の同一市内に引っ越しをする場合、荷物が少ない場合であれば、十分に自力でも可能だと思います。

少し大きめの自家用車があれば、そこに荷物を積んで何度か往復することで引っ越しが完了してしまうこともあるでしょう。

しかし、どうしても自分で荷物を運ぶ時間がないという人や、マイカーを持っていないという人であれば、引越し業者の単身者専用プランを利用してみるといいでしょう。

大きな家具や家電がある場合は難しいですが、荷物が少ない人であればこういった単身者専用プランで十分です。

日通の「単身パック」やクロネコヤマトの「単身引越サービス」などの単身者専用プランを利用して、20km以内の引っ越しをする場合の料金の目安としては、コンテナ1つあたり1万5千円程度になると思います。

3月などの引っ越し業者が忙しい時期になると、少しアップして1万7千円程度になるでしょう。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

赤帽を使って20km以内の引っ越しをするときの料金の目安

荷物の少ない単身者であれば、引越し業者の単身向け専用プランなどを使って引越しをすることも可能ですが、ある程度の荷物がある人の場合には、赤帽などを利用した方がいいかも知れません。

軽トラックの荷台というのは思った以上に広く、単身者専用プランで使用するコンテナの3倍ほどの荷物を積むことができます。

しかも、赤帽は20km以内の近距離であれば、料金的にも非常にリーズナブルです。

地域によっても多少は異なりますが、走行距離20km以内で、作業時間が2時間以内という条件であれば13,500円ほどの料金で引っ越しが可能になります。

土日祝日は2割増しになりますが、それでも16,200円です。

先ほど紹介した単身者向け専用プランと、ほとんど変わらない料金ということがいえます。

移動距離が20km以内の引っ越しの場合、赤帽はかなりリーズナブルな料金になるということを覚えておくといいでしょう。

単身者~2人家族が2トントラックで20km以内の引っ越しをするときの費用

引っ越し準備のカップル広めのワンルームに住んでいて荷物が多い単身の人や、1Kや2Kの間取りに住む荷物が少なめの2人暮らしの人などが引っ越しをする場合には、2トントラックのショートタイプを利用することになると思います。

2トンショートトラックの荷台は畳3枚分の広さがありますので、大きめの家具や家電などがあっても、なんとか積み込むことが可能です。

トラックといってもボディサイズは乗用車なみですので、住宅街でも扱いやすいサイズとなっています。

20kmほどの距離を、2トンショートトラックを使って引越しをする場合の費用の目安としては、午前中に作業を開始する場合で、4万5千円~6万5千円くらいになると思います。

移動距離が20km以内でれば、午後から作業をスタートしてもその日のうちに引っ越しが終わるので、なるべく安く引っ越しをしたいという人は、あえて午後便を利用するといいかも知れません。
午後便を使って2トンショートトラックで20kmほどの距離を引越しした場合の料金は、3万5千円~5万5千円ほどになることでしょう。

午前便とくらべて、1万円ほど安くなると思っていいでしょう。

引越し業者が忙しくなる3月などになると、これらの料金が3割ほどアップすることになりますので、注意が必要です。

つまり、午前中の便で6万円~8万5千円、午後の便で4万5千~7万円くらいになると思われます。

2人~3人家族が20km以内の引越しを2トンロングトラックで行うときの相場

黒板を指す引越し業者2Kや2DKに住んでいる2人~3人家族で、荷物が少なめの人が引っ越しをするときには、2トントラックのロングタイプを使うことになると思います。

2トンロングトラックは2トンショートにくらべて荷室の広さが1.5倍ほどありますが、ボディの長さが6mを超えるので、狭い路地には入って行きにくくなります。

20km以内の引っ越しを2トンロングトラックで行う場合の料金の目安としては、午前中から作業を開始した場合で、5万5千円~8万5千円くらいになると思います。

20km以内の近距離の場合には、料金が安めになる午後便がおススメですが、その場合の料金は4万5千円~6万5千円くらいでしょう。

繁忙期になると割高になりますので、午前中の便で7万円~11万円、午後の便で5万5千円~8万円くらいを想定しておくといいでしょう。

3トントラックで2人~3人家族が20km以内の引っ越しをするときの費用

2Kや2DKに住む2人~3人家族であっても、荷物が多めの家族の場合は、2トンロングよりもひと回り大きい3トントラックで引っ越しをする必要があると思います。

3トントラックの荷台は、畳6枚分ほどの広さがありますので、大型の家具や家電が複数あるような場合でも問題なく積み込むことが可能になります。

ただし、ボディの長さが7mを超えるので、狭い路地で荷物の積み下ろしをする場合には、他のクルマの通行の妨げにならないように注意をしなければなりません。

3トントラックを使って20km以内の近場の引っ越しをするときの費用ですが、午前中に作業を介する場合だと7万円~9万5千円くらいを見込んでおく必要があります。

料金的に割安になる午後便の場合で、5万5千円~8万円くらいになると思われます。

引越し業者が一番忙しい3月などの場合は、午前便で9万円~12万円、午後便で7万円~10万円くらいと考えておくといいと思います。

ただし、業者によっては、繁忙期になると午前や午後の時間指定ができないことも多いので、事前に確認をしておく必要があります。

また、荷物を運ぶだけではなく、荷造りや荷解きなどの作業も引越し業者に依頼をする場合は、5万円程度の追加費用を見込んでおく必要があります。

3人~5人家族が4トントラックで20kmの距離を引越しする際の料金の目安

4人家族と引っ越しのトラック3K以上の間取りに住む3人~5人家族が引っ越しをする場合には、4トントラックが必要になってくると思います。

荷物が多めの家族だと、さらに荷台の広い4トンロングトラックが必要になってくるかも知れません。

4トントラックは、通常のタイプでも長さが9mを超えますので家の前から直接荷物を積み込むというのは難しくなります。

長距離の引っ越しであれば、近くの空き地に4トントラックを待機させておいて、そこまで小さいトラックで荷物を運んで積みかえるということも行われますが、20km以内の引っ越しだと逆に効率が悪くなってしまいます。

そのため、20km以内の引っ越しで4トントラックが入れないような場所の場合には、2トントラックを複数台使うことになるのが一般的です。

4トントラックを使って20km以内の引っ越しをする場合の費用は、午前便で9万円~13万5千円くらいが相場だと思います。

午後の便を使う場合には、7万円~11万円くらいになると思います。

繁忙期の場合には、これらの料金に3割程度を上乗せして計算をするといいでしょう。

また、荷造りや荷解きなどを引越し業者に依頼する場合は、さらに5万円~10万円をオプション料金として加算する必要があります。

hikkosi01

無料で一括見積りはこちら