東京~宇都宮市までの引越見積もり金額は?~概算の料金と引っ越し費用の目安

東京から宇都宮これから東京~宇都宮間の引っ越しを予定している人が気になるのが、引越し業者の見積もり金額だと思います。

引っ越しというのはそう頻繁に行うわけではありませんので、どれくらいの費用がかかるのか見当がつかない人も多いと思います。

また、同じ東京~宇都宮間の引っ越しであっても、高い業者と安い業者で2倍近くの料金差になることも少なくありません。

ここでは、見積もり金額が高いのか安いのかを判断するための目安として、東京~宇都宮間の引っ越しの概算金額を書いてみたいと思います。

単身パックなどの専用プランを利用して東京~宇都宮間の引っ越しをする場合

日通やクロネコヤマトなどの大手の引越し業者では、一人暮らしの人に向けた専用プランとして「単身パック」や「単身引越サービス」などを提供しています。

指定されたコンテナに積み込むことのできる荷物だけを運ぶことを条件に、リーズナブルに引っ越しができるのが特徴です。

単身赴任の方などで、大型の家具や家電を運ぶ必要のないケースだと、こういったサービスで十分だと思われます。

また、学生などが入学にともなって引っ越しをする場合も、転居先で新たに家具や家電を購入することが多いと思いますので、こうした単身者専用プランを利用するといいかも知れません。

このような単身者専用プランを使って東京~宇都宮間の引っ越しをする場合の料金の目安としては、引越し業者がそれほど忙しくない時期で2万円~2万3千円程度になると考えていいでしょう。

転勤や入学のシーズンとなる春先だと、2万5千円~3万円程度の費用を見込んでおいた方がいいと思います。

東京~宇都宮まで赤帽を使って引っ越しをする場合の大まかな料金

一人暮らしであっても荷物が少し多めの人や、夫婦2人で大型の家具や家電がない人であれば、赤帽などの軽トラック便を使っての引っ越しを考えてみるといいと思います。

軽トラックの荷台には、単身者専用プラン専用コンテナの3倍近くの荷物が積めますので、大型のものでなければ洗濯機や冷蔵庫なども積み込むことが可能になります。

軽トラック便の赤帽また、こうした赤帽などの軽トラック便は、自分の荷物だけを運んでくれるチャーター便となりますので、混載便にくらべて荷物の破損や紛失の可能性は低くなります。

東京から宇都宮市まで赤帽を利用して引っ越しをした場合の料金の目安は、平日の場合で3万円(高速代込み)ほどになると思います。

土日祝日の場合ですと、割り増し料金になりますので、3万3千円~3万5千円ほどになると考えておくといいと思います。

単身者専用プランの3割増し程度の料金で利用することができ、なおかつ荷物もたくさん運べるわけですから、思った以上に赤帽はリーズナブルということがいえそうです。

2トンショートのトラックで東京から宇都宮まで引っ越しをするときの費用

引越し業者のトラックでよく目にするのが、2トントラックだと思います。

2トントラックにはショートボディとロングボディーの2種類があります。

2トンショートだと、ボディのサイズは乗用車と変わりませんので、狭い路地でも入って行けます。

荷台は畳3枚分ほどの広さがありますので、荷物が多めの単身者や2人家族にぴったりのサイズといえそうです。

間取り的には、広めのワンルームや1K、2Kなどが対象になります。

ここでは2トンショートトラックを利用して、東京~宇都宮まで引っ越しをするときの料金について考えてみたいと思います。

東京~宇都宮であれば、午前中に作業を開始すれば、その日のうちに引っ越しが完了します。

午後から作業を開始する「午後便」の方が料金的には安いのですが、ここではニーズの高い午前便を利用する場合で考えてみたいと思います。

引越し業者があまり忙しくない時期に、東京から宇都宮まで2トンショートトラックを使って引っ越しをするときの料金の目安は、5万円~8万円ほどになると思います。

3月などの繁忙期になりますと、6万5千円~11万円くらいに料金が上がると考えていいでしょう。

このほか、荷造りなどを引越し業者に依頼する場合は、別途で料金が発生します。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

2トンロングや3トントラックを使ったときの東京~宇都宮の引越し料金

仲良し親子同じ2トントラックでも、ロングタイプになるとボディのサイズはショートタイプとくらべるとだいぶ大きくなります。

サイズ的には3トントラックに近いイメージになります。

荷台の広さは2トンロングタイプだと約畳5枚分、3トントラックだと畳約6枚分になります。

このサイズのトラックを使った引っ越しは、一般的には2人~3人家族が対象になります。

間取りでいうと、2Kや2DKといったイメージになるかと思います。

ただし、このサイズのトラックになってきますと、狭い路地などには入って行けない可能性があるので注意が必要です。

2トンロングや3トントラックを使って東京~宇都宮まで引っ越しをするときの料金の目安としては、業者が忙しくない時期に午前便を利用すると仮定した場合で、7万円~11万円ほどになると思います。

どこの引越し業者も忙しくなる春先になると、9万円~15万円ほどの費用が発生すると考えておいた方がいいでしょう。

また、荷造りや荷解きといった作業を引越し業者に依頼をする場合には、オプション料金として4万円~5万円程度が見積もりに上乗せして計上されることになります。

東京から宇都宮まで4トントラックで引っ越しをするときの見積り金額

3人~5人家族が引っ越しをする場合には、4トントラックが必要になるケースが増えてきます。

4トントラックであれば、荷台のサイズは畳7.5枚分ほどありますから、大型の家電や家具などが複数あっても問題なく運ぶことが可能です。

間取り的には、3K以上の広い部屋にも十分対応が可能だと思います。

ただし、4トントラックは、全幅が2.2m以上、全長が9m以上ありますから、ある程度の道幅のある場所でなければ入って行くことができません。

そのため、場所によってはあえて4トントラックではなく、2トントラック複数台で対応することも少なくありません。

4トントラックを使って東京~宇都宮間の引っ越しをするときの料金は、引越し業者の閑散期であれば13万円~19万円程度になるかと思われます。

引越し業者が忙しくなる繁忙期の場合で、17万円~25万円ほどが目安になります。

さらに、業者に荷造りや荷解きを依頼する場合には、5万円~10万円をプラスして計算する必要があります。

東京から宇都宮まで10トントラックで引っ越しをする際の概算の費用

三世代家族引っ越しに10トントラックが必要になるケースはそれほど多くないと思われます。

対象になるのは戸建て住宅に住む大家族や、2世帯家族などになります。

荷台の広さも約畳12枚分ほどありますから、大型の家具や家電が多めの家族であっても、すべての荷物を問題なく積み込むことが可能です。

ただし、10トントラックの最大のネックは、そのサイズです。

全幅は2.5mほどありますし、全長も10mを超えます。

ある程度大きな通りに面した住宅でないと、直接10トントラックに荷物を積み込むのは困難だと思います。

そのため、10トントラックを別の場所にとめておいて、2トントラックで何度も往復して荷物を積み替えるという方法がよく行われます。

10トントラックを使って、東京~宇都宮まで引っ越しをするときの料金の目安としては、オフシーズンの場合で18万円~26万円くらいになってしまうでしょう。

繁忙期であれば、23万円~34万円ほどになってしまうと思われます。

さらに、引越し業者に荷造りや荷解きをお願いすると、10万円近くがオプション利用料金として見積もりに計上されることになると思います。

無料で一括見積りはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする