尼崎市~東京の引っ越しにかかる費用はどれくらい?~業者の見積り額と相場

これから東京と尼崎市の間で引っ越しをすることを計画している人にとって、どれくらいの費用が発生するのかとても気になると思います。

尼崎市と東京の距離は500kmほどありますので、かなりの長距離を移動することになります。

荷物の量が同じ場合、引越し業者の料金は距離に応じて高くなっていくのが普通です。

しかし、引っ越しなど滅多にするものではありませんので、ほとんどの人は業者の見積りに関して相場観がありません。

また、引越し業者の見積り金額は、業者によっても大きく変わりますので、うっかり高すぎる業者に依頼をしてしまわないか不安になる人もいると思います。

注目記事:引越し料金を50%安くするためにやるべきこと~業者のカモにならないために

ここでは、尼崎市~東京の引っ越しをする人に向けて、家族の人数別にどれくらいの費用が発生するのかについて、目安を紹介してみたいと思います。

尼崎市~東京を単身者が引っ越しする場合に発生する費用の目安

最近では、家族がある人であっても単身赴任という形で引っ越しをする人が増えているようです。

そのため、大手の引越し業者が提供している単身者向け専用のサービスが人気になっています。

また、単身であっても荷物の多い人などは、赤帽などの軽トラック便を利用したりするという選択肢もあります。

ここでは、単身で東京~尼崎の引っ越しをする予定の人が、どれくらいの費用を計上すればいいのかについて、荷物の量別に目安の金額を書いてみたいと思います。

単身者向け専用のサービスを使って東京~尼崎市まで荷物を運ぶ場合

日通の「単身パック」やクロネコヤマトの「単身引越サービス」といったプランであれば、尼崎市~東京のような長距離であっても、かなり割安な料金で引っ越しをすることが可能になります。

ただし、専用コンテナのサイズはそれほど大きくありませんので、運べるものは日用品など身の回りのものに限られてしまいます

家具や大きな家電などを引越し先に持って行かないという人であれば、こういったプランを利用することで格安に引っ越しをすることが可能になります。

東京~尼崎市の引っ越しを、こうした単身者向け専用プランを利用して行う場合の料金の目安としては、2万5千円前後と考えていいでしょう。

ただし、引越し業者が1年で一番忙しくなる3月中旬以降に引っ越しをする場合は、割増料金として5千円ほど加算になると考えておきましょう。

荷物がやや多い単身者が東京~尼崎市の引っ越しをするケース

単身者向けの専用プランは料金が格安なのが魅力ですが、どうしても運べる荷物の量が限られてしまいます。

ちょっとした家具や家電などがある場合には、軽トラックなどを使って引っ越しをする必要がでてきます。

軽トラックの荷台であれば、単身者向け専用プランの3倍ほどの荷物を積むことが可能です。

軽トラックを使った引っ越しで頭に思い浮かべることができるのが、赤帽ではないでしょうか。

赤帽は全国に組合がありますから、東京~尼崎市の引っ越しにももちろん利用することが可能です。

実際に尼崎~東京の引っ越しを、赤帽を使ってする場合の料金の目安としては、高速料金を除いて7万円程度と考えていいと思います。

あとは、これに高速料金として片道1万円弱を見込んでおく必要があります。

赤帽の場合、組合によって高速料金のルールが変わるようで、距離が200km以上の場合には往復の高速代を請求されることがありますので、事前に確認をしておくといいでしょう。

また、赤帽を利用する場合には、土日祝日は料金が2割増しになりますので、その点も頭に入れておくようにしましょう。

単身者でもかなり荷物が多い人が東京~尼崎の引っ越しをするときの見積り額

単身者であっても、家具や家電などをすべて転居先に持って行きたいという人もいるかも知れません。

そういった場合、軽トラックの荷台ではすべての荷物を積み込むことはできませんので、2トントラックを使った引越し業者の一般的なサービスを利用することになります。

2トントラックには、ショートとロングがありますが、単身者であればよほどのことがない限りは2トンショートで十分だと思われます。

荷物のかなり多い単身者の人が、2トンショートトラックで東京~尼崎の引っ越しをする場合の業者の見積り額は、8万円~12万円程度が相場になると考えていいでしょう。

ただし、この料金は荷物を運ぶだけの場合で、荷造りや荷解きなどのオプションサービスを利用する場合には、その分の料金が加算されることになります。

また、3月などの繁忙期には相場が上がりますので、東京~尼崎市だと荷物を運ぶだけで10万円~16万円程度を計上しておく必要があります。

東京~尼崎市を家族全員で引っ越しするときの見積り金額の目安

同じ尼崎市~東京の引っ越しであっても、家族で引っ越しをする場合には単身者にくらべて荷物の量が多くなります。

荷物の量に応じて使用するトラックのサイズや作業員の人数などが変わってきますので、単身の引っ越しのときとくらべると、かなり高額な引っ越し費用になる可能性があります。

ここでは、家族の人数別に東京~尼崎市の引っ越しをするときにかかる費用の目安について書いてみたいと思います。

東京~尼崎市を2人~3人家族(荷物が少なめ)が引っ越しをする場合

2人~3人家族だと、2Kや2DKといった間取りに住んでいることが多いと思いますが、荷物の量が少ない場合には、2トンロングトラックですべて運べてしまうことがあります。

2人~3人家族で2トントラックだと小さすぎるイメージがあるかと思いますが、ロングタイプの場合、荷台の広さが畳4枚半ほどありますので、思った以上の荷物を積むことができます。

荷物の少ない2人~3人家族が東京~尼崎市の引っ越しをする際の業者の見積り額の目安としては、業者がそれほど忙しくない時期であれば、11万円~17万円ほどになると思われます。

3月の繁忙期になりますと、14万円~22万円とかなり割高になります。

荷物が多い2人~3人家族が3トントラックで引っ越しをするときの相場

2人~3人家族であっても、荷物が少ない場合は2トンロングトラックで十分なこともありますが、同じ人数であっても荷物が多い場合には3トントラックが必要になってくると思います。

3トントラックの荷台の広さは、畳6枚ほどになりますので、2トンショートトラックの約2倍です。

尼崎市から東京の引っ越しを荷物が多めの2人~3人家族がする場合の料金の相場としては、15万円~23万円くらいになると考えておく必要があります。

引越し業者が一年で一番忙しい時期だと、20万円~30万円ほどになると想定しておきましょう。

さらに、オプションとして荷造りや荷解きのサービスなどを利用するときには、5万円ほど別途で加算になりますので、その分も予算計上するようにしましょう。

3人~5人家族が東京~尼崎市の引っ越しをするときの費用の目安

3人~5人家族となりますと、間取り的にも3K以上が想定できますので、荷物の量もかなり多くなります。

大型の家電や家具なども複数あると思われますので、4トントラック程度の荷台の広さがないとすべての荷物を運ぶことはできないと思います。

ただ、4トントラックは狭い路地に入っていけませんし、引越し業者も所有している台数が限られてしまいますので、2トントラックを複数台使って引っ越しをすることも多いようです。

3人~5人家族が、尼崎市~東京の引っ越しをするときに発生する費用の相場としては、18万円~27万円ほどが目安となります。

3月の繁忙期だと、23万円~35万円ほどの見積り金額になってしまうと思われます。

また、荷造りや荷解きサービスを利用するときには、さらに別途で5万円~10万円を計上する必要があります。

注目記事:引越し料金を50%安くするためにやるべきこと~業者のカモにならないために