長崎市~東京の引っ越しをするときの費用と見積もり金額の相場

長崎市と東京の間は、1200kmほどの道のりがありますので、かなりの長距離ということがいえます。

引越し見積りの金額は、移動距離によって大きく変わってきますので、これから長崎市~東京間の引っ越しを予定している人は、どれくらいの費用が発生するのか不安になっていると思います。

そういった方のために、ここでは東京~長崎市間の引っ越しをするときの見積り額の目安について、単身の場合と家族の場合に分けて具体的に解説をしてみたいと思います。

注目記事:引越し料金を50%安くするためにやるべきこと~業者のカモにならないために

単身者が東京~長崎市の間を引っ越しするときに発生する費用の目安

最近は、企業の転勤などで単身赴任をする人が増えているようです。

そのため、引っ越し業者各社も、単身者向けのサービスを充実させています。

実際に単身者が東京~長崎市間の引っ越しをする際に、どれくらいの費用を見込んでおけばいいのか、荷物の量別に紹介をしてみたいと思います。

東京~長崎間で単身パックを利用した場合の費用の目安

東京と長崎のように長距離の引っ越しの場合に、割安感を感じることのできるサービスが、引越し業者が提供する単身者向けの専用プランです。

一般に「単身パック」などと呼ばれることが多いようですが、この「単身パック」というのは日通の単身者向けサービスの商品名となります。

こうした単身者向けの専用プランの場合、コンテナのサイズが限られていますので、大きな荷物は運べません。

単身パックのSプランの場合ですと、コンテナサイズは横幅108cm、奥行き74cm、高さ155cmになります。

このサイズに入り切る荷物だけを、格安な料金で運んでくれるのが単身パックというサービスになります。

こうした引越し業者の単身者向け専用プランを利用して東京~長崎市の引っ越しをする際の料金の目安としては、4万円ほどと考えておくといいと思います。

キャンペーンや申し込むタイミングで割引になることもありますので、実際に見積もりをとってみることをおススメします。

また、3月などの引っ越し業者が一番忙しい時期には、料金が5千円ほど割増しになりますので、そのことを頭に入れておくようにしましょう。

荷物が多めの単身者が東京~長崎市の引っ越しをするときの相場

単身者専用プランの場合、コンテナのサイズが限られていますので、たくさんの荷物がある場合にはすべての荷物を運ぶことができません。

そういったときに、コンテナを2つ利用する方法(料金は2倍)もありますが、大型の家具や家電などがある場合には、コンテナに納めることができません。

そういったときに、よく利用されるのが赤帽などの軽トラックを利用したサービスです。

軽トラックといっても荷台のサイズは思ったよりも広く、単身プランで使われるコンテナの3倍ほど荷物を積むことが可能です。

ただ、赤帽のような軽トラック便は、1台を貸し切りとするチャーター便となりますので、近場だと割安感があるのですが、東京~長崎市のような長距離だとかなり割高になってしまいます。

実際に赤帽を使って東京~長崎市の引っ越しをするときの料金の目安としては、高速料金別途で15万円前後になると思います。

土日祝日は2割の割り増し料金がかかりますので、18万円前後を見込んでおく必要があります。

また、高速料金も、東京~長崎の場合だと片道2万円ほどかかります。

赤帽の組合によっては、200km以上の引っ越しの場合には往復分の高速代金を請求されるところもありますので、事前に確認をしておくといいでしょう。

荷物がかなり多い一人暮らしの人が東京~長崎の引っ越しをするとき

一人暮らしであっても、家具や大型の家電などが複数あって、軽トラックの荷台には積みきれないケースもあるでしょう。

そういったときには、2トントラックを使った引越し業者の一般的なプランを利用することになります。

2トントラックにはショートタイプとロングタイプがありますが、ショートタイプであっても荷台の広さは畳3枚分ほどありますので、一人暮らしの人であれば十分なサイズといえます。

また、東京~長崎市のような長距離の引っ越しの場合は、ターミナルで大型のトラックに積みかえて、他の家族の荷物と一緒に運ぶ混載便を利用するのが一般的です。

長野市~東京の引っ越しで2トンショートトラックに積める量の荷物を混載便で運んだ場合の見積り金額の目安としては、12万円~20万円ほどと考えておくといいでしょう。

3月などの繁忙期になりますと、一気に相場が上がりますので、15万円~26万円ほどになってしまうと思います。

家族がそろって東京~長崎市の引っ越しをするときの業者の見積り額

長崎市~東京間はかなりの長距離となりますので、単身者の引っ越しであってもそれなりの費用がかかってしまいます。

さらに家族で引っ越しをするとなると、人数が増えるにつれて荷物の量が多くなりますので、大きなトラックが必要となり料金も大幅にアップします。

家族がそろって東京~長崎市間の引っ越しをする際には、業者の見積り金額はどれくらいになるのでしょうか?

あまり荷物が多くない2人~3人家族が東京~長崎市の引っ越しをするとき

2Kや2DKの間取りに住んでいて、それほど荷物が多くない2人~3人家族が引っ越しをするときのトラックのサイズは、2トンロングになると思います。

2トンロングはショートタイプにくらべて荷台の広さが1.5倍ほどありますので、思った以上に多くの荷物を積むことができます。

2トンロングトラックでターミナルまで運んで、そこから大型トラックで運搬するかたちの混載便を使って東京~長崎市の引っ越しをする場合の費用としては、引越し業者があまり忙しくない時期であれば15万円~25万円が相場になります。

引越し業者が忙しい時期になりますと、18万円~30万円はかかってしまうことでしょう。

また、引越し業者の見積り金額は、業者によって大きく変わってきますので、必ず複数の会社から見積もりをもらって比較をすることが大切です。

荷物が多めの2人~3人家族が東京と長崎市の引っ越しを業者に依頼するとき

同じ2人~3人家族であっても、それぞれの家族でライフスタイルが変わりますので、荷物の量も大きく変わってきます。

2人~3人家族で荷物が多めの場合には、3トントラックを使ったり、2トントラック2台でターミナルまで運んだりする形が一般的だと思います。

3トントラックであれば、2トンショートの2倍ほどの荷台面積がありますので、大型の家具や家電などが多めにあっても積み込むことができます。

荷物多めの2人~3人家族が東京~長崎市の引っ越しをするときの見積り金額の目安としては、20万円~35万円ほどが相場になると思います。

引越し業者が1年で一番忙しい時期だと、25万円~45万円ほどかかってしまう可能性があります。

また、荷造りなどを引越し業者に依頼するときには、オプション料金として5万円ほど追加で発生します。

3人~5人の家族が東京~長崎市まで転居するに発生する費用

3K以上の間取りに住む3人~5人家族が引っ越しをするとなると、荷物の量もかなり多くなるのが普通です。

4トントラックのような大型のトラックを利用するか、2トントラックを3台ほど使って荷物を運ぶのが一般的です。

4トントラックの場合は、全長が9mを超えますので、実際に入っていける場所は限られてしまいます

4トントラックの荷台がいっぱいになるほどの荷物がある3人~5人家族が、長崎市から東京まで引っ越しするときにかかる費用の目安は、28万円~45万円ほどになると思います。

3月中旬以降の繁忙期の場合は、35万円~60万円ほどにアップしてしまうと思います。

また、引越し業者に荷造りのオプションサービスなどを依頼する場合には、5万円~10万円程度の追加料金が発生します。

いずれにしましても、東京~長崎市は長距離となりますので、どうしても高額な引っ越し費用が発生しています。

以下のようなサイトを利用して、1社でも多くの引越し業者から見積もりを取って比較をしてみることをおススメします。

注目記事:引越し料金を50%安くするためにやるべきこと~業者のカモにならないために