一人暮らしの人が引っ越しするときの相場や費用の目安はどれくらい?

一人暮らしの引っ越し・相場や費用の目安は?
一人暮らしの方がこれから引っ越しをするときに、どれくらいの費用が発生するのかについて、大まかな相場の目安を紹介しています。

一人暮らしであれば、荷物もそれほど多くないので、格安で引っ越しが出来るイメージがあると思います。

しかし、引っ越しの相場というのは荷物の量だけで決まるわけではなく、たとえ一人暮らしであっても移動距離や引っ越しの方法によっては、高額な費用が発生する可能性があります。

一人暮らしの人が少しでも安くお得に引っ越しをするためは、具体的にどすればいいのか分かりやすく解説をしています。

一人暮らしの方が近場(20km以下)に引っ越しをするときの費用

一人暮らしの人が近場に引っ越しするとき一人暮らしの方が同一市内などの近場に引っ越しをする場合、大きな荷物がなければマイカーなどを使ってピストン輸送で荷物を運ぶことも可能になります。

しかし、大きな荷物があってマイカーには荷物を積みきれなかったり、体力に自信がなかったりする人の場合は、引越し業者にお願いをすることになると思います。

実際に一人暮らしの人が引っ越し業者に依頼をした場合、近距離だとどれくらの費用がかかるのか、サービス別に解説をしてみたいと思います。

単身者向け専用プランで同一市内に引っ越しをする際の費用

まず、一人暮らしの方向けの専用プランである、日通の「単身パック」を利用した場合の費用について紹介します。

日通の単身パックは、コンテナのサイズによって料金が異なります。

小さめのSサイズのコンテナで19,800円、ひと回り大きいLサイズのコンテナで22,000円となっています。

Web申し込みの場合ですと、2,200円の割引になりますので、Sサイズ17,600円、Lサイズ19800円となります。

ただし、3月から4月にかけての引越し業者の繁忙期になりますと、料金が5千円割高になりますので頭に入れておく必要があります。

また、土日祝日と夜間の配達を希望する際には、料金が2,200円高くなります。

単身パックで近場に引っ越しの料金
●単身パックS(通常):19,800円
●単身パックL(通常):22,000円
●S(通常Web申込み):17,600円
●L(通常Web申込み):19,800円
●単身パックS(繁忙期):25,300円
●単身パックL(繁忙期):27,500円
●S(繁忙期Web申込み):23,100円
●L(繁忙期Web申込み):25,300円
※土日祝日・夜間配達は2,200円増し

一人暮らしが赤帽で近場に引っ越しする際の費用

一人暮らしであっても、荷物の量が多かったり大きな家具や家電などがあったりして、単身パックでは運びきれないケースもあると思います。

そういったときに、一番身近な存在として考えられるのは、軽トラックによるチャーター便である赤帽です。

実は、近距離の引っ越しの場合、赤帽の料金は想像以上にリーズナブルです。

作業時間2時間以内、走行距離20km以内という条件であれば、13,750円で依頼ができます。土日祝日は2割増しになりますが、それでもかなり安いです。

ただし、3月~4月にかけての繁忙期は1割の割増運賃が加算されますので、事前に割増料金が適用される時期を確認しておくといいでしょう。

料金もさることながら、軽トラックの荷台というのは思った以上に広く、単身パックのSサイズコンテナの3倍近くの容量があますので、お得感はとても高いです。

また単身パックだと、たとえ近場であっても荷物が転居先に到着するのは翌日になりますが、チャーター便である赤帽の場合は、その日のうちに荷物を届けてくれます。

ただし赤帽の場合は、当日に来るのは運転手さん一人だけなので、荷物の積み下ろしに関しては依頼者が手伝う必要があります。

どうしても自分で作業が出来ない方は、単身パックや次に紹介する引越し業者の一般のプランを利用した方がいいでしょう。

赤帽で近場に引っ越しの際の費用
●通常の時期:13,750円
●引越しの繁忙期:15,125円
●通常の時期(土日祝日):16,500円
●引越しの繁忙期(土日祝日):17,875円

2tトラックで同一市内に一人暮らしの人が引っ越し

一人暮らしであっても、大きな家電や家具などが複数あって、軽トラックの荷台にすべての荷物を積みきれないということもあるでしょう。

そういった荷物のたくさんある単身者の場合は、一般の引越し業者を使って2トントラックで引越しをすることになります。

2トントラックにはショートタイプとロングタイプがありますが、一人暮らしの方が2トンロングを使って引っ越しをするケースはまれだと思いますので、ここでは2トンショートトラックを使った場合の費用を紹介してみたいと思います。

2トンショートトラックの荷台には、軽トラックの2倍以上の荷物を積むことができますので、かなり荷物の多い一人暮らしの方であっても、十分に対応できるサイズです。

2トントラックのショートタイプを使って、一人暮らしの方が同一市内の引っ越しをした場合の料金は、引越し業者がそれほど忙しくない時期であれば、3万5千円~6万5千円程度が相場になります。

近場であれば、午後から積み込みをしても、その日のうちに引っ越しを終えることができますので、あえて料金が安くなる「午後便」を利用してみるのもいいかも知れません。

一人暮らしの方が同一市内の引っ越しに、午後便の2トントラックを使った場合の相場は、3万円~5万5千円となります。

3月中旬以降の繁忙期になりますと、相場的には5割ほど割増になるのが普通なので、5万5千円~10万円程度に相場があがります。

また、繁忙期には引越し業者のスケジュールが詰まっていますので、午前便や午後便などの時間指定ができないのが普通です。

2tトラックで近場に引っ越しする場合
●通常時期の午前便:35,000円~65,000円
●通常時期の午後便:30,000万円~55,000円
●繁忙期(3月~4月):55,000円~100,000円

引越し料金を約半分にする方法はこちら

一人暮らしの人が50km先に引っ越しするときの相場

一人暮らしの引っ越し・50km先までの費用・相場一人暮らしの人が50kmほど離れた場所に引っ越しをする際に、どれくらいの費用が発生するのかについて、大まかな相場の目安を紹介してみたいと思います。

移動距離が50km程というと、同一県内や隣の県に引っ越しをするケースが該当すると思われます。

単身パックを利用した場合と、赤帽を利用した場合、そして2トンショートトラックを利用した場合に分けて、各サービスの見積もり金額について解説いたします。

単身パックで50km先まで引っ越しするときの相場

一人暮らしの方が、50km先まで日通の単身パックを利用して引っ越しをする際の、相場について紹介します。

近場だと単身パックよりもむしろ赤帽の方がリーズナブルな感じがありましたが、50km先までの引っ越しだとどうでしょうか?

単身パックのSサイズのコンテナを利用して50km先まで引っ越しするときの料金は、20900円になります。

これがLサイズのコンテナなど、24,200円になります。

Web申込みだとここから2,200円安くなりますので、Sサイズが18,700円、Lサイズが22,000円となります。

3月~4月の繁忙期には、これらの料金に5千円を加算した金額を費用の目安としてください。

また、土日祝日及び夜間の配達を希望する場合には、2,200円の割増料金がかかります。

一人暮らしが単身パックで50km先まで引越し
●単身パックS(通常):20,900円
●単身パックL(通常):24,200円
●S(通常Web申込み):18,700円
●L(通常Web申込み):22,000円
●単身パックS(繁忙期):26,400円
●単身パックL(繁忙期):29,700円
●S(繁忙期Web申込み):24,200円
●L(繁忙期Web申込み):27,500円
※土日祝日・夜間配達は2,200円増し

一人暮らしが赤帽で50km先まで引っ越しするときの費用

一人暮らしの方が、50km先まで赤帽を使って引っ越しをするときの料金相場について考えてみたいと思います。

赤帽はチャーター便ですので、近場だと料金的に割安ですが、移動距離が長くなればなるほど割安感は薄れていきます。

一人暮らしの方の荷物を50km先まで赤帽で運ぶときの費用の目安としては、通常時期の平日で2万円程度と考えておくといいでしょう。

土日祝日は料金が2割増しになりますので、2万4千円前後が相場になります。

さらに繁忙期になりますと、これらの料金が1割増しになります。

また赤帽の場合、高速道路や有料道路を利用したときに、実費を別途請求されることになります。

赤帽で50km先までの引越し費用
●通常の時期:20,000円前後
●引越しの繁忙期:22,000円前後
●通常の時期(土日祝日):24,000円前後
●引越しの繁忙期(土日祝日):26,000円前後

50km先まで2tトラックによる一人暮らしの引っ越し

一人暮らしの方が、2tトラックを使って同一県内や隣の県まで50kmほどの移動距離で引越しするときの費用の目安について考えてみましょう。

2tショートトラックを使った通常の時期の引っ越しであれば、4万円~7万円が相場になります。

料金が割安になる午後便を利用することで、3万円~5万5千円で請け負ってくれる引越し業者があるかも知れません。

繁忙期になりますと一気に相場があがりますので、6万円~10万5千円程度が費用の目安となります。

2tトラックで50km先に引っ越しする場合
●通常時期の午前便:40,000円~70,000円
●通常時期の午後便:35,000万円~60,000円
●繁忙期(3月~4月):60,000円~105,000円

引越し料金を約半分にする方法はこちら

一人暮らしの引越しで移動距離100kmのときの料金相場

一人暮らしの引っ越し・100km先までの費用は?一人暮らしの方が、100kmほど離れた場所に引っ越しをする際に、どれくらいの費用が発生するのかを見て行きたいと思います。

移動距離が100kmとなりますと、一人暮らしの引越しといえどもそれなりの見積もり相場になりますし、割安な午後便が使えない可能性が高くなります。

具体的に「単身パック」「赤帽」「2tショートトラック」で、それぞれの引越し費用がどれくらいになるのかについて解説します。

単身パックで100km先まで引っ越すときの相場

単身パックというのは、近場の引っ越しだと赤帽にくらべてそれほど割安感がありませんでしたが、移動距離が長くなればなるほど相場が逆転して、割安感が増してくるという特徴があります。

単身パックのSサイズコンテナを利用して100km先まで引っ越しをするときの費用は、通常の時期で22,000円が相場です。

これがLサイズのコンテナになりますと、25,300円に相場があがります。

ただし、Web申込みを利用することで、Sサイズ19,800円、Lサイズ23,100円に割引になります。

さらに、3月中旬以降の繁忙期になりますと、これらの料金に加えて5千円の割増料金がかかります。

これくらいの移動距離になりますと、単身パックの料金は一人暮らしの方にとってかなり魅力的な金額に思えて来るに違いありません。

一人暮らしが単身パックで100km先まで引越し
●単身パックS(通常):22,000円
●単身パックL(通常):25,300円
●S(通常Web申込み):19,800円
●L(通常Web申込み):23,100円
●単身パックS(繁忙期):27,500円
●単身パックL(繁忙期):30,800円
●S(繁忙期Web申込み):25,300円
●L(繁忙期Web申込み):28,600円
※土日祝日・夜間配達は2,200円増し

赤帽で100km先まで一人暮らしの引っ越しするときの相場

一人暮らしの方が、100km先まで赤帽を使って引っ越しをした場合の費用について、具体的に解説をしてみたと思います。

単身パックが、1台のトラックでたくさんのコンテナを効率よく運ぶのに対して、赤帽は1人のお客様のためのチャーター便ですので、移動距離が長くるとどうしても割高感がでてきます。

とはいえ、このくらいまでの距離であれば、まだまだ単身パックの料金とそれほど大きくは変わりません。

単身パックのコンテナに納まらないサイズの家具や家電などがあるときには、赤帽は一人暮らしの方にとってとても強い味方となることでしょう。

赤帽で100km先まで引っ越しをするときの費用の目安は、平日の場合で2万2千円ほどになります。

土日祝日だと2割増しになりますので、2万6千円前後が相場となります。

さらに、3月中旬以降の繁忙期には1割増しの料金が適用になります。

また、高速道路を利用する際には、別途で利用料金が発生します。

赤帽で100km先まで一人暮らしの引越し
●通常の時期:22,000円前後
●引越しの繁忙期:24,200円前後
●通常の時期(土日祝日):26,400円前後
●引越しの繁忙期(土日祝日):29,000円前後

2tショートで100km先まで一人暮らしの引っ越し

家具や家電なの荷物が多めの一人暮らしの方が、2tショートトラックを使って100km先まで引っ越しをするときに発生する費用について考えてみたいと思います。

50km程度の移動距離であれば、割安な午後便を利用することも可能でしたが、さすがに移動距離が100kmを超えてくると、午前中から作業を開始することが前提となります。

2tショートトラックを使った一人暮らしの引越しで、移動距離が100kmとなりますと、相場的には通常の時期で4万5千円~8万円が目安となります。

これが繁忙期になりますと、6万5千円~12万円に相場が跳ねあります。

一人暮らしの引越しとしては、それなりに高額な出費になりますので、必ず複数の引越し業者を比較して料金の安いところを選ぶようにするといいでしょう。

2tトラックで100km先に引っ越しする場合
●通常時期の料金相場:45,000円~80,000円
●繁忙期(3月~4月):65,000円~120,000円

引越し料金を約半分にする方法はこちら

一人暮らしの人が200km先にの引っ越しをした場合の費用

一人暮らしの引越し費用・200km先までの相場は?一人暮らしの方が、200km先まで引っ越しをするときに発生する費用が、具体的にどれくらいかかるのかについて考えてみたいと思います。

移動距離が200kmというと、荷物の積込から転居先での荷降ろしまでも、なんとか1日で終えることのできる距離となります。

まず、「単身パック」などの単身者専用プランを利用した場合の費用ですが、200km程度の距離だとSサイズのコンテナで23,100円の費用が発生します。

Lサイズのコンテナだと、26,400円となります。

これが繁忙期になりますと、Sサイズが28,600円、Lサイズで31,680円となります。

ただし、Web申込みを活用することで、これらの料金から1コンテナあたり2,200円割引になりますので、利用しないと損です。

それに対して、赤帽を利用して200km先まで引っ越しをした場合の費用は、高速料金別途で、3万5千円くらいが相場になります。

土日祝日だと2割増しなので、4万2千円くらいになります。

繁忙期だと、さらに1割の割増料金が発生します。

近距離だと、単身パックとくらべてほとんど差のなかった赤帽の料金ですが、距離がのびるとどうしても割高になってしまいます。

単身者専用プランが、たくさんのコンテナを大型トラックでまとめて運ぶのに対して、赤帽は軽トラック1台を貸切るチャーター便となるために、長距離になるとどうしても割高に感じます。

しかし赤帽の場合は、単身パックSサイズの約3倍の荷物を積むことができるという点を考えた場合、単純に割高だとはいえません。

次に、2トントラック(ショート)を使って、200km程度の引っ越しをした場合の費用を見ていきましょう。

引越し業者によって差はありますが、2tショートトラックを使うときの目安として通常の時期で5万円~9万円程度と考えていいと思います。

繁忙期になりますと、相場が5割ほどアップしますので、7万5千円~13万5千円ほどの相場になります。

一人暮らしで200km先まで引越しするとき
●単身パックS(通常):23,100円
●単身パックL(通常):26,400円
●S(通常Web申込み):20,900円
●L(通常Web申込み):24,200円
●単身パックS(繁忙期):28,600円
●単身パックL(繁忙期):31,680円
●S(繁忙期Web申込み):26,400円
●L(繁忙期Web申込み):29,480円
※土日祝日・夜間配達は2,200円増し

●赤帽(通常時期):35,000円前後
●赤帽(繁忙期):38,500円前後
●赤帽通常時期(土日祝日):42,000円前後
●赤帽繁忙期(土日祝日):46,000円前後
※高速代は別途

●2tトラック(通常時期):50,000円~90,000円
●2tトラック(繁忙期):75,000円~135,000円

引越し料金を約半分にする方法はこちら

一人暮らしの人が500kmの引っ越しをした場合の費用の目安

500km先までの引っ越し・一人暮らしの料金相場引っ越しも移動距離が500kmとなると、かなりの長距離なりますので、一人暮らしの引っ越しといえども、料金的にはそれなりに高額になってきます。

ちょうど東京~大阪まで引っ越しをするときの距離が500km程となります。

「単身パック」を使って500km程の距離を移動した場合の料金の目安ですが、Sサイズのコンテナで通常の時期だと28,600円ほどの料金になります。

これがLサイズだと、34,100円になります。

3月中旬以降の繁忙期になりますと、割増料金が適用になりますので、Sサイズで34,100円、Lサイズで39,600円ほどが相場となります。

Web申込みだと2,200円割引になりますので、ぜひ利用すべきです。

いずれにしまして、500kmという移動距離を考えた場合、費用的にはかなり割安なイメージになると思います。

長距離の引っ越しになると、強みを発揮するのが単身パックというサービスです。

次に、同じく一人暮らしの人が赤帽を使って500kmほどの長距離を移動した場合の料金ですが、平日で7万円程度を目安と考えればいいと思います。

土日祝日になると2割増しとなりますので、8万5千円程度の費用が発生することになります。

引っ越しの繁忙期になると、さらにこれらの料金に割増料金として1割が上乗せされます。

さらに、これらの料金とは別途で高速代が加算されます。

また、赤帽の組合によっては200km以上の長距離だと、往復分の高速代を請求されることがありますので、事前に確認をしておくといいでしょう。

やはり、長距離になればなるほど、赤帽にくらべて単身パックの安さが目立ちますね。

ただし、赤帽には荷物を監視する名目で、助手席に乗っていっしょに目的地まで行くことができるというメリットもあります。

つまり、目的地までの交通費を浮かすことが出来るわけです。

一般的な引越し業者のトラックだと助手席には乗せてもらえませんので、この点は赤帽の大きな特徴といえます。

一人暮らしであっても軽トラックに積みきれないほどの荷物があるときには、2tショートトラックを使用することになりますが、さすがに500kmほどの移動距離になると、それなりの高額な費用が発生します。

2tのショートタイプのトラックを使って500kmほどの距離の引っ越しをした場合、料金の目安として6万円~11万円になると考えておく必要があります。

繁忙期だと9万円~16万5千円ほどに相場があがります。

もちろん、これらの費用のなかには荷造りや荷解きなどの費用は含まれていませんので、そういったサービスを利用する場合には、別途でオプション料金が発生することになります。

一人暮らしで200km先まで引越しするとき
●単身パックS(通常):28,600円
●単身パックL(通常):34,100円
●S(通常Web申込み):26,400円
●L(通常Web申込み):31,900円
●単身パックS(繁忙期):34,100円
●単身パックL(繁忙期):39,600円
●S(繁忙期Web申込み):31,900円
●L(繁忙期Web申込み):37,400円
※土日祝日・夜間配達は2,200円増し

●赤帽(通常時期):70,000円前後
●赤帽(繁忙期):77,000円前後
●赤帽通常時期(土日祝日):85,000円前後
●赤帽繁忙期(土日祝日):93,500円前後
※高速代は別途

●2tトラック(通常時期):60,000円~110,000円
●2tトラック(繁忙期):90,000円~165,000円

引越しの申込みページ画像202111b

タイトルとURLをコピーしました