引越し業者の盗聴器発見サービスは本当に役に立つのか?

パソコンの前で悩む女性最近の引越し業者は、さまざまなオプションサービスを提供しています。

荷造りや荷解き作業の代行やエアコン取り外し取り付け作業などが一般的ですが、その中でもひときわ変わったオプションサービスといえるのが盗聴器発見サービスです。

賃貸住宅に引っ越しをする場合、前に住んでいた人が退去するときに盗聴器を設置していく可能性があるために、それを引越しのタイミングでチェックするというものです。

はたして、この盗聴器発見サービスは本当に役に立つサービスなのでしょうか?


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

なぜ退去時に盗聴器を仕掛けていく人がいるのか?

引越し業者が盗聴器発見サービスなどというオプションを提供しているということは、実際に以前住んでいた住人が退去時に盗聴器を仕掛けていくということがあるからなのでしょう。

それでは、いったい何の目的で盗聴器を仕掛けて行くのでしょうか?

盗聴器を仕掛ける目的としてはさまざまな理由が考えられますが、ある特定の人に対して盗聴をしたいということでなければ目的は限られます。

賃貸物件の場合、退去したあとにどんな人が入居してくるかまでは分かりませんので、特定の人に対する目的があって盗聴器を仕掛けるというのは不可能です。

賃貸物件の退去時に盗聴器を仕掛ける一番の理由としては、ただの好奇心によるものが多いようです。

たとえば、若い夫婦向けの物件などの場合、夫婦の寝室として使われそうな部屋に仕掛けたりすることが多いようです。

カギの束を持つ覆面の男また、空き巣などが目的で、その部屋の住人の留守を確認するための手段として盗聴器を設置することもあるようです。

前の住人が空き巣に入るという事件は意外に多いようで、最近では入居時に管理会社の方で新しい鍵に交換することも多くなっています。

もっとも、ひどい不動産屋になると鍵交換費用だけ徴収しておいて、実際には交換をせずに古い鍵をそのままにしておくようなところもあるようです。

そのようなケースでは、前の住人が合鍵を作っていたりすれば簡単に空き巣に入ることが出来てしまいます。

参考記事:引っ越しのときにチェックをしておきたい盗聴器が仕掛けられていそうな場所

大家が盗聴器を仕掛けることもある?

信じられないかも知れませんが、賃貸物件の大家が盗聴器を仕掛けることも珍しくないのだそうです。

実際に賃貸物件で盗聴器が発見された場合、盗聴器発見業者が真っ先に疑うのが大家のようです。

大家は合鍵を持っていますから、その部屋の住人が留守の間に、いくらで盗聴器を仕掛けるチャンスはあります。

特に、女子大生専用のマンションなど若い女性が入居することの多い賃貸物件では要注意です。

1人暮らしの若い女性にとって、一番信頼をおくべき大家にこのようなことをされたのではたまったものではありませんね。

盗聴器発見サービスの料金はどれくらい?

もちろん、賃貸物件に盗聴器が仕掛けられている可能性は、確率的には低いものです。

そのため、盗聴器発見サービスを利用して調査をしてもらっても、無駄になることも多いことでしょう。

しかし、実際に盗聴器が仕掛けられていなかったとしても、チェックをしてもらって大丈夫ということになれば、転居先で安心して暮らせることになります。

そういった意味では、盗聴器発見サービスは、保険などと同じように安心に対してお金を支払うイメージになると思います。

料金は物件の大きさによって異なりますが、ワンルームなどであれば2万円~4万円程度のところが多いようです。

家族向けの物件であれば、5万円~10万円程度になることもあるようです。

決して安い料金とは言えないと思いますが、それを安心料としてあえて支払うべきかどうかは考え方次第だと思います。

業者によっては非常に安い料金で請け負うところもあるようですが、そういったところはハンディ受信機のみの簡易的な調査しか行わず、実際に仕掛けられている盗聴器が発見できないことも多いようです。

また、実際に盗聴器が仕掛けられていることが分かった場合は、それを撤去する費用は基本的に別途となることが多いですので、その辺も事前に確認をしておくといいでしょう。

盗聴器発見業者は信頼性が一番です

盗聴器を探す引越し業者が提供する盗聴器発見サービスといっても、実際に引越し業者の社員が調査をするわけではありません。

基本的には、引越し業者経由で外部の調査会社に依頼をすることになります。

そういうことであれば、引越し業者に依頼をしないで自分で盗聴器発見業者を探してそこに直接依頼をした方がお得になると考える人もいるかも知れません。

しかし、盗聴器発見サービス業者や興信所などは、その調査能力や料金に大きなバラつきがあります。

なかには、高い料金だけ取ってろくに調査をしない詐欺まがいの業者も存在します。

「調査しましたが盗聴器は発見されませんでした」といわれてしまうと、本当に盗聴器がなかったのかどうかを確認するすべがありませんので、業者を信用するしかないわけです。

自分で盗聴器発見サービス業者や興信所を探すとなると、そのような大きなリスクがあるということを考慮しなければなりません。

その点、大手の引越し業者が提携している盗聴器発見業者であれば、そういったリスクはかなり低くなるといえるでしょう。

大手の引越し業者にしてみれば、自社で提携している業者が不正を行ったことが明るみにでれば、大きなイメージダウンになってしまいます。

そういったことにならないように、大手の引越し業者はしっかりと提携業者を精査しているはずですので、業者のレベルはそれなりに高いと考えていいでしょう。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>