大手と地元の引越し業者のどちらを選ぶのが正解なのでしょうか?

まるばつのプレートを持つ女性引越し業者には「アート引越センター」や「引越のサカイ」など、誰もが一度はその名前を耳にしたことがある大手の有名業者から、地元の人でさえもよく知らない個人営業の業者まで、さまざまな規模の業者があります。

業者を選ぶにあたって、たくさんの選択肢があることはいいことなのですが、実際に引越しが決まったあとに業者を選ぶ際にはどの業者にすべきか悩む人も多いと思います。

ここでは、大手の引越し業者と中小の業者のメリットとデメリットを比較しながら、それぞれの特徴を見ていきたいと思います。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

地元の引越し業者の強みは料金の安さ

地元で細々と営業をしているような中小の引越し業者の一番のメリットは、料金の安さです。

全国に営業所を持ち、テレビCMなどにどんどん広告費をかけている大手の引越し業者は、そういった経費をまかなうために、どうしても見積もり金額は高くなってしまう傾向にあります。

その点、こじんまりとした事務所や最低限の人員で営業を続けているような地元の引越し業者の場合には、あまり必要経費がかからない分、見積もり金額もそれなりに安くなる傾向にあります。

たとえば、家を建てるときでも、住宅メーカーに依頼をするよりも地元の大工さんにお願いしたほうが、坪単価が安くなるのと同じ理屈です。

実際にどれくらいの金額差になるのかは、それぞれの業者の混雑状況や現場の状況などによっても変わってきますので一概にはいえませんが、大まかに大手の引越し業者の方が3割程度高くなる傾向があると考えておけばいいでしょう。

状況によっては中小の業者の方が高くなることも

一般的には大手の業者の方が高くなりがちな引越し見積ですが、状況によってはほとんど差がなくなってしまったり、場合によっては逆転してしまって中小の業者の方が高くなってしまうこともあります。

たとえば、マンションの5階の部屋に、窓から荷物を搬入しなければならないようなケースです。

大手の業者であれば「引越し作業車」といった専用の機械を使って簡単に荷物を5階まであげてしまうことができますが、地元の業者ですとそういった機械を使っての対応が難しかったりします。

窓から人力で荷物を引き上げるとなると、かなりの工数がかかってしまうために、結果的に地元の業者の方が割高になってしまうということはあり得るわけです。

地元引越し業者は長距離が苦手

長距離の運送また、長距離の引っ越しに関しても、大手にくらべて中小の業者は不利になります。

全国に拠点のある大手であれば、どんなに遠距離の引っ越しであっても、自社の拠点で中継をしながら荷物を運ぶことが可能ですが、地元だけで営業している業者の場合にはそうはいきません。

提携している他の業者などがいれば、そういったところに仲介を依頼して運ぶことも可能ですが、その場合には仲介業者に支払う経費が発生してしまうので、その分だけ見積もり金額は高くなってしまいます。

もしそういった仲介業者がいない場合には、自社のトラックでそのまま目的地まで遠路はるばる荷物を運ばなければなりません。

これは一般的にチャーター便と呼ばれている形式で、大手の業者でも取り扱ってはいますが、途中で中継する混載便にくらべて料金的には大幅に高くなってしまいます。

参考記事:長距離の引っ越しは混載便とチャーター便のどちらを選ぶべきか

同じチャーター便であっても、大手の引越し業者であれば全国のネットワークを活用して帰りのトラックにも荷物を積んで効率化をはかることも可能ですが、地元の業者の場合には空荷で帰ることになります。

こういった効率の違いを考えた場合、どちらの料金が高くなってしまうのかは考えるまでもないでしょう。

サービスの充実でえらぶならば大手の引越し業者

サービスをアピールする営業マン最近の大手の引越し業者のサービスの充実ぶりには驚くばかりです。

依頼主がやることは見積もりをとって仕事を発注することぐらいで、それ以外のことはほとんどすべて引越し業者が対応してくれます。

ダンボールの無料提供はもちろんのこと、オプションにはなりますが荷造りや荷解きなどは大手であればどこの業者であっても対応しています。

変わったところでは、盗聴器発見サービスや荷物の消毒サービスといったようなものもオプションで用意している業者もあります。

参考記事:引越し見積もりと驚きのオプションサービス
       
さらに、引っ越しで意外に面倒なのが、転居に伴う電気やガス、水道などの手続きですが、これらも依頼をすればすべて業者が代行してくれたりします。

こういったサービスの充実という点に関していえば、大手の引越し業者の独壇場といっていいでしょう。

当日は運転手さんだけの中小業者も

もちろん、荷造りや荷解き程度であれば、地元の業者でも対応可能なところもありますが、大手のサービスにくらべると見劣りをしてしまうことも少なくないようです。

地元の業者のなかには、普段は一般の荷物を運ぶ運送業者として仕事をしていて、繁忙期だけ引っ越しの仕事をしているようなところもあります。

そういった業者の場合には、引っ越し当日に来るスタッフが運転手さんだけなどというところもあります。

確かに料金的には安いかも知れませんが、その分、依頼主がかなりの作業を手伝わなければならず、それなりに苦労をすることになります。

業者の信頼性に関してはどうか?

信頼できる営業マン大手と地元の引越し業者では、それぞれに料金やオプションサービスの点などにメリットやデメリットがあるということが分かりました。

それでは、信頼性という点においてはどうでしょうか?

確かに、テレビCMなど通じて知名度の高い大手引越し業者の方が、信頼性は高そうに感じます。

しかし、組織が全国に広がっているために、営業所によっては社員教育やモラルなどが徹底されていないところもあるようです。

実際に、ネット上の口コミを見てみると、大手の引越し業者の営業マンの強引さにうんざりしたというネガティブな意見も少なくありません。

「他の引越し業者にも見積もりを依頼しています」などと話したとたん、態度が急変して他社の悪口を延々と話し出すような大手の営業マンもいるようです。

知名度が高いがゆえに、そういった営業マンと接してしまったときには、そのギャップゆえにより落胆が大きくなるようです。

もちろん、大手は会社組織がしっかりとしていますので、明らかに世間の批判を浴びるような対応はしないはずですが、末端の営業マンや作業員のなかには、自分が背負っている看板の重みをまったく感じないような人もいることは事実だと思います。

小規模の会社だから信頼できないというのは間違い

それでは、地元の中小の引越し業者の場合はどうでしょうか?

会社の規模でくらべれば、確かに大手にくらべて頼りない部分はあると思います。

引っ越しの契約をして、当日の朝に業者が来るのを待っていたら、その会社が1週間ほど前に倒産してしまって誰も来なかったなどという、笑い話のような例も実際にあります。

しかし、そういうのは本当に確率的には低い、ごくまれな話であると考えるべきでしょう。

大手の引越し業者の場合には、全国区ですから、たとえ一部の営業所の従業員が信頼を損なうような行為をしたとしても、それが他の全国の営業所全体に影響することはありませんが、地元でしか営業していない業者の場合はそうはいきません。

地元で信頼を失うということは、すなわち「飯が食えなくなる」ということにつながるわけです。

ですから、会社の規模が小さいからといって、必ずしも信頼を損なうようないい加減な仕事をするということではないわけです。

信頼性という点で大手か地元業者かで迷ったときには、とりあえず見積もり作成のときに対応をしてくれた担当者の印象で判断してしまっていいと思います。

会社の規模は関係なしに、担当者が誠実で親しみやすいと感じる方を第一の候補として、あとは見積もり金額やオプションサービスなどを考慮して、総合的に判断をするようにするといいでしょう。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>