引っ越しのときにエアコンはどうすべきか~転居先に持って行く?それとも廃棄?

引っ越しのときエアコンどうする?引っ越しのときに、エアコンをどうすべきかで悩む人もいることでしょう。

冷蔵庫や洗濯機などのような一般的な家電と違って、簡単に取り外しをして引っ越し先に持って行くわけにはいかないからです。

エアコンの取り付けや取り外しを専門の業者に依頼するとなると、思っていた以上の料金が発生してしまうこともあります。

長年使った古いエアコンであれば、むしろ廃棄をしてしまって新たに転居先で新品を購入した方がいいようなケースもあるでしょう。

ここでは、引っ越しの際にエアコンをどのように扱ったらいいのかについて、具体的に解説をしてみたいと思います。

最初からエアコンが設置されている物件とそうではない物件

部屋の壁に取り付けられたエアコン賃貸物件のなかには、最初からエアコンが取り付けられている物件と、入居者が自分で設置しなければならない物件があります。

もし転居先にエアコンが最初から設置されていたら、ラッキーと考える人が多いことでしょう。

新たにエアコンを購入したり設置したりする必要がありませんし、最初から設備として設置されているエアコンであれば、故障の際も大家さんが修理をしてくれます。

しかし、引っ越し先の部屋にエアコンが設置されていても、単純に喜べないケースもあるのです。

それは、前の住民が自分で設置したエアコンをそのまま残していった場合です。

設置されているエアコンが前の入居者の残置物である場合には、逆にお荷物になってしまう可能性もあるからです。

古いエアコンで、いつ壊れてもおかしくないような状態のエアコンを残していかれると、メンテナンス費用がかさむ可能性がありますし、完全に壊れて動かなくなってしまったときには、処分費用などは自腹になってしまう可能性が高くなります。

転居先の物件にエアコンが取り付けられていたら、それが「設備」なのか「残置物」なのかを必ず管理会社に確認をすることが大切といえます。

もしそれが「残置物」であって、かなり古いタイプのものである場合には、管理会社や大家さんに取り外してもらえないかどうか交渉をしてみるといいでしょう。

旧居のこれまで使っていたエアコンをどうするかという問題

旧居に設置されたエアコン転居先となるアパートやマンションに、「設備」として最初からエアコンが取り付けられている場合には、これまで使っていたエアコンは不要になってしまいます。

そのまま部屋に残していければいいのですが、それが可能かどうかは大家さんの判断によります。

本来であれば、退去時には原状回復義務がありますから、引っ越しのときには部屋の状態を入居時と同じにしなくてはなりません。

そのため、エアコンのついていなかった部屋に自分でエアコンを取り付けした場合は、退去時にそれを取り外すのが基本となります。

ただし、大家さんによっては、そのエアコンがまだ新しいものであったりする場合は、そのまま置いていくことを許可してくれたり、買取りをしてくれたりすることもあるようです。

そのエアコンを、設備として取り扱うのか残置物として次の入居者の自己責任で利用してもらうのかは、大家さんが判断して決めることになります。

もし、残していくことができないということであれば、退去時に自腹で取り外し工事をしなければならなくなります。

さらに、そのエアコンが古いもので処分をしなければならないものであれば、工事費用の他に処分料やリサイクル料金が発生することになります。

エアコンの買取り業者に依頼をする方法が一番お得

引っ越し先にエアコンを持って行くことができない場合、取り外しの工事代金や処分料、リサイクル料金などで、1万円~1万5千円ほどを自腹で負担しなければなりません。

しかし、エアコンがまだ新しかったりする場合には、処分をしてしまうというのは非常にもったいないことになります。

また、たとえ古いエアコンであったとしても、なるべくなら余分な費用は発生させたくないと誰もが思うことでしょう。

ところが、エアコンの買取り業者を利用すれば、そういった費用が無料になるばかりではなく、買取り代金としてお金を受け取ることが可能になります。

受け取ることのできる金額は、エアコンの大きさや年式などによっても異なりますが、10年ほど前のかなり古いエアコンであっても、2,000円~5,000円程度のお金を受け取ることができるようです。

まだ1年~2年しか使っていない最新のエアコンであれば、1万円~2万3千円程度の買取り価格になります。

これらは、取り外し代金やリサイクル料金を差し引いた、実際に自分が受け取ることのできる金額になります。

引っ越し先にエアコンがついていて、これまで使っていた部屋のエアコンを取り外す必要がある場合には、こうしたエアコン買取り業者に依頼をしてみるといいでしょう。


引っ越し先にエアコンがないときいまのエアコンをどうするか?

エアコンの取り外しこれまで住んでいた部屋のエアコンを取り外す必要があり、引っ越し先にエアコンがないケースの場合には、その対応方法には2つのパターンが考えられます。

1つは取り外したエアコンを転居先に持って行ってそのまま取り付ける方法で、もう1つは古いエアコンを買取り業者に引き取ってもらって、新たに転居先でエアコンを購入する方法です。

どちらの方法がお得になるのか、具体的にみていくことにしましょう。

これまでの古いエアコンを引っ越し先に持って行って利用する場合

これまで使っていたエアコンを、引っ越し先に持って行って利用する場合には、取り外しと取り付けを専門の業者に依頼しなければなりません。

しかし、転居先が遠方だったりすると、取り外しの業者と取り付けの業者を別々に探さなければならず、それはそれで面倒なことになります。

特に転居先では土地勘がありませんから、エアコンの取り付け業者を探すのも大変です。

また、引っ越しをするタイミングに合わせて工事をしてもらわないと、夏場などはエアコンが使えない期間が発生してしまって悲惨なことになります。

そこで、よく利用されているのが引越し業者によるエアコンの取り外し取り付けサービスです。

大手の引越し業者であれば、オプションサービスとしてエアコンの脱着に対応しているところが少なくありません。

参考記事:引越し業者のオプションの料金はどれくらいが相場なのでしょうか?

引っ越しの荷物を運んでもらう業者にそのまま依頼をするだけなので、ある意味ではとても便利であるといえます。

また、取り付けと取り外しのタイミングも、引っ越しのタイミングに合わせてうまく調整してくれますので、引っ越し直後にエアコンが使えなくて困るということもありません。

サービスの料金は引越し業者によって多少異なりますが、2万円程度になることが多いようです。

ただし、新居の室外機の設置場所によっては、これまで使っていたエアコンの配管の長さが足りずに、1万円弱の追加料金が発生することがあります。

その場合は、エアコン脱着にかかるトータル金額が3万円程度になります。

いずれにしても、現在使っているエアコンが、それだけの料金を支払ってまで引っ越し先に持って行く価値のある物なのかどうかを冷静に判断する必要があります。

ある程度使ってきた古いエアコンであれば、廃棄をしたり買取り業者に引き渡したりして、引っ越し先で新品を購入したほうがいい場合もあります。

ワンルーム用の新品エアコンを引っ越し先で購入するケース

家電の量販店エアコンの値段は、かつてにくらべてだいぶ安くなっています。

ワンルーム用のエアコンであれば、引っ越し先で新品を購入したとしても、工事代金込みで6万円~7万円で済んでしまうことでしょう。

もし、いま使っているワンルーム用のエアコンが5年程度使ったものである場合、買取り業者に5千円~6千円ほどで売却することが可能になります。

さらに、古いエアコンを新居に持って行くときのように、取り外しや取り付けの費用も発生しませんから、その分の2万円~3万円程度の費用が浮くことになります。

新品エアコンの工事代金込みの価格が6万円~7万円ですから、そこからそれらの費用を差し引くことによって、実質的には2万5千円~4万5千円ほどの負担で、新品のエアコンを取り付けすることが可能になります。

5年使ったエアコンをそのまま引っ越し先で使うか、2万5千円~4万5千円の負担増で新品のエアコンをつけた方がいいのかは、その人の価値観により判断をすることになります。

引っ越し先を内覧するときは必ずエアコンの有無を確認

エアコンの室外機これまで解説してきましたように、賃貸物件にはエアコンが設置してあるものとそうでないものがあります。

また、エアコンが設置してあっても、それが前の入居者の残置物の場合もありますし、大家さんが設置した設備の場合もあります。

そのため、引っ越し先を内覧するときには、エアコンの有無や残置物か設備なのかの確認を忘れないようにすることが大切です。

それを怠ると、あとになってトラブルになる可能性があります。

たとえば、同じアパートなのにエアコンのついている部屋とついていない部屋があったりします。

屋外にエアコンの室外機がたくさん設置されているので、最初からエアコンが設置されているアパートだと思っていたら、自分が引っ越しをした部屋にはエアコンがなくてあわてるということもあり得ます。

屋外にたくさん設置してあった室外機は、アパートの設備ではなく入居者が自分で設置したエアコンの可能性もあるわけです。

内覧のときには、自分が住む予定の部屋にまだ人が住んでいて、同じ間取りの別の部屋を見せてもらったりすることがあります。

そういったときに、内覧した部屋にエアコンが設置されていたから、自分が入居する部屋にもエアコンがあるはずという思い込みはしないほうがいいでしょう。

内覧のときに見たエアコンは前の住民の残置物で、自分が実際に入居する部屋の前の住民は、引っ越しのときにエアコンを取り外して持って行ってしまうケースもあるからです。
引っ越しで新居に荷物を搬入するときになって、エアコンがないことに気が付いてあわてないようにしたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました