大阪~福岡の引っ越し費用と見積もりの相場~単身者の料金・家族の料金

大阪から福岡引っ越しも、距離が近くて荷物の量が少なければ自力で行うことも可能です。

しかし、大阪~福岡となると距離的には600km以上ありますから、簡単に自力で引っ越しをするというわけにはいかないでしょう。

大阪~福岡までの距離とルート

多くの場合は引越し業者を利用することになると思いますが、大阪~福岡は長距離となるために、どれくらいの費用がかかるのか心配になる人もいると思います。

正確な見積もり金額は、引越し業者に訪問してもらって荷物の量を把握したうえで算出するのが基本になります。

しかし、大まかな大阪~福岡間の引越し相場を知りたいという人もいると思いますので、ここでは概算の相場を家族の人数やトラックのサイズ別に紹介してみたいと思います。

一人暮らしの人が大阪~福岡の引っ越しをするときの費用の目安

確かに大阪~福岡は600km以上の長距離になりますが、一人暮らしの人であればそれほど荷物の量も多くないはずなので、引越し業者の専用サービスをうまく利用すれば、思った以上に安く済む可能性があります。

単身パックなどの単身者専用プランを利用した場合や軽トラックのチャーター便を利用した場合で、大阪~福岡の引っ越し費用がどれくらいになるのか見て行くことにしましょう。

単身パックを使って大阪~福岡の引っ越しをした場合の料金

最近は、転勤の際に単身赴任を選択する人が増えています。

そのため、引っ越し業者も単身向けのサービスに力を入れています。

特に日通の「単身パック」は有名で、引越し業者の単身者向けサービスの代名詞のようになっています。

「単身パック」のような単身者向けサービスは、料金的には確かに魅力的なのですが、コンテナのサイズが決められていますので、それほど多くの荷物を運ぶことはできません。

単身者向けサービスのコンテナ1台で運ぶことができる荷物の目安は、次のような感じになります。

・冷蔵庫 ・テレビ ・テレビ台 ・電子レンジ ・掃除機 ・3段ボックス ・鏡(姿見)
・布団 ・ダンボールM×4箱

単身赴任であれば、これくらいの荷物を持っていければ十分だという人もいるでしょう。

足りないものがあれば、現地で調達するという選択肢もあります。

こうした単身者向けの専用プランを使って大阪~福岡の引っ越しをした場合の料金の目安は、2万8千円くらいと考えていいと思います。

ただし、引越し業者が1年で一番忙しくなる3月~4月にかけての時期は料金が割高になりますので、3万3千円くらいを見込んでおく必要があります。

いずれにしましても、大阪から福岡という距離を考えた場合、2万7千円~3万3千円というのはかなりリーズナブルであるといえます。

ただし、大手の引越し業者の中には、3月中旬以降は予約の受付をしなくなるところもありますので、その時期に引っ越しを予定している人は早めに予約をしておくといいでしょう。

日通の「単身パック」以外の単身者向けサービスとしては、クロネコヤマトの「単身引越サービス」サカイ引越センターの「小口便引越サービス」などがあります。

どこの業者のサービスを利用しても、料金的には大差ないと思っていいでしょう。

荷物がやや多めの単身者が大阪~福岡の引っ越しをするときの相場

引っ越しの荷物単身者専用プランであっても、生活に必要な最小限の荷物だけであれば問題なく運ぶことが可能です。

しかし、なかには一人暮らしであってもそういった単身者専用プランでは運びきれない荷物がある人もいることでしょう。

たとえば洗濯機や食器棚などは、サイズ的に単身者向けプランのコンテナには収まりません。

単純に小物の量が多い場合であれば、単身者専用プランのコンテナの数を増やすという方法もありますが、大きめの家具や家電品などがあるときには、別の方法を選択する必要があります。

単身者専用プランで運びきれない荷物がある人の選択肢1つとして、赤帽などの軽トラックチャーター便があります。

軽トラックであれば、単身専用プランに使われるコンテナ3台分ほどの荷台の広さがありますし、コンテナに入らない大きめの家具や家電なども積むことが可能になります。

代表的な軽トラックのチャーター便である赤帽を使って、大阪~福岡の引っ越しをした場合の費用の目安は、8万円ほどになります。

赤帽の場合は高速代が別途となりますので、大阪~福岡間の高速代を含めますと9万円くらいが相場となります。

さらに、土日祝日の場合には2割増しの料金になりますので、高速代を含めて11万円程度を見込んでおく必要があります。

料金的には、引越し業者の単身者向けプランの、コンテナ3台分と考えていいでしょう。

赤帽の場合は、単身者向けプランにくらべて荷物が早く到着するというメリットもあります。

大阪~福岡であれば、朝早くに出発をすればその日のうちに荷物を届けてくれます。

また、荷物の監視名目で現地まで助手席に乗せてもらうこともできますので、大阪~福岡までの交通費を浮かすことも可能です。

ただし、大阪~福岡のような長距離に対応していない赤帽業者もありますので、事前に確認をしておく必要があります。

単身者であっても荷物がかなり多い人の引っ越し費用

一人暮らしであっても、大型の家具や家電などが複数あって、軽トラックの荷台には積みきれないということであれば、2tトラックを使った通常の引っ越しプランを利用することになります。

2tトラックであれば、ショートボディタイプであっても荷台の広さは畳3枚ほどの広さがありますので、よほど荷物の多い人でなければ一人暮らしの人には十分なサイズといえます。

大阪から福岡まで2tのショートタイプトラックを使って引っ越しをするときの費用の目安は、10万円~18万円が相場になります。

3月中旬以降の繁忙期になりますと、13万円~23万円程度に相場がアップします。

転勤や入学の場合は、どうしても3月中旬から4月中旬までの期間に引っ越しをすることが多くなってしまうと思いますが、できればこの時期は避けて少しでも引っ越し費用を安くおさえたいものです。

単身者が大阪から福岡まで引っ越しするときの相場

●単身者専用プラン(荷物少なめ)
 閑散期:2万8千円前後
 繁忙期:3万3千円前後

●赤帽によるチャーター便(荷物やや多め)
 平日:8万円前後(高速代別)
 土日祝:10万円前後(高速代別)

●2tトラック(ショート)を使用(荷物多め)
 閑散期:10万円~18万円
 繁忙期:13万円~23万円

大阪~福岡のような長距離の場合は、引っ越しの料金というのは業者によって大きな差が生じますので、必ず複数の業者から見積をもらって比較をするようにしましょう。

料金を簡単に比較するには、以下のような一括見積もりサイトが便利です。


家族が2tトラックや3tトラックで大阪~福岡の引っ越しをするときの相場

家族で引っ越しをする場合にはさすがに荷物が増えてきますので、人数に応じて2tトラックや3tトラック、あるいは4tトラックなどを利用することになります。

ここでは、大阪から福岡まで家族で引っ越しをする際の費用が、トラックのサイズや家族の人数によってどれくらいになるのかについて考えてみたいと思います。

大阪~福岡を2tトラック(ロング)で引っ越しするときの見積もり相場

笑顔の夫婦若い夫婦が2人だけの家族や、夫婦と小さな子どもを入れて3人家族程度の引っ越しであれば、2tトラック(ロングタイプ)で十分かと思われます。

2tトラックには、ショートタイプとロングタイプがあり、荷台の大きさはかなり違います。

先ほど単身者の引っ越しで紹介したショートタイプの2tトラックの場合は、荷台の広さが畳3枚程度でしたが、これが同じ2tトラックであってもロングタイプになりますと、畳5枚弱のスペースがあります。

2tトラックとはいっても、3tトラックにかなり近い荷台の広さを持つのが2tロングということになります。

2tトラックのロングタイプを使って、夫婦2人か小さな子どものいる3人家族が大阪~福岡の引っ越しをする場合の費用は、14万円~25万円が目安となります。

この金額はあくまでも引っ越し業者が忙しくないときの料金であり、3月などの繁忙期になれば、18万円~32万円くらいの出費を覚悟しておく必要があります。

また、荷造りや荷解きなどのオプションサービスを利用すると、その分の料金が別途で加算されることになりますので、自分たちでできることは少しずつ時間を見つけて自分たちでやるようにした方がいいでしょう。

3tトラックを使って3人家族が大阪~福岡まで引っ越しをするとき

大家族大人が3人、あるいは小さな子どもを含めて4人の家族になりますと、さすがに2tトラックで引っ越しをするのは厳しくなってきます。

こういった家族構成の場合には、3tトラックを使って引っ越しをするのが一般的です。

3tトラックの
荷台スペースは畳6枚ほどになりますので、ショートタイプの2tトラック2台とほぼ同じ広さとなります。

2DK程度の間取りに住んでいる方であれば、3tトラックにすべての荷物を積み込むことが可能だと思います。

また、業者の都合で3tトラックの手配ができなかったり、路地が狭くて3tトラックが入っていけなかったりする場合には、2tトラック2台を使って引っ越しをすることもあります。

その辺の判断は、引越し業者にお任せすることになります。

大阪から福岡までの引っ越しを、3tトラックを使って行った場合の費用は、18万円~30万円ほどが相場になると考えていいでしょう。

これが繁忙期になると、23万円~38万円くらいにはなると考えていいと思います。

大阪~福岡のような長距離を、繁忙期に3tトラックで引っ越しをするとなるとかなりの出費になります。

可能であれば繁忙期をさけて4月中旬以降に引っ越しをするようにすれば、だいぶ費用をおさえることができます。

また、引越しの料金は大手の業者よりも地元の中小の業者の方が安いと思われている方が少なくないようですが、大阪~福岡のような長距離の引っ越しでは、むしろ大手の方が安かったりします。

大手の業者の場合は、全国に中継所などのネットワークを持っていますので、大阪~福岡のような長距離であっても効率よく荷物を運ぶことができます。

それに対して中小の業者は、近場の引っ越しは安くなることが多いですが、苦手な長距離は割高になってしまうのが普通です。

家族全員で大阪~福岡のような長距離の引っ越しをするとなると、かなり高額な費用が発生することになりますので、少しでも安く済ませようと思ったら、必ず3社~5社に見積もりを出してもらって比較をするようにしましょう。

大人4人家族が4tトラックで大阪から福岡へ転居するときの費用

大人が4人の家族となると、大型の家電や家具などを複数所有しているのが普通ですので、引っ越しのためには4tトラックが必要になってくるでしょう。

4tトラックであれば、3K以上の間取りに住む家族でも十分に対応が可能になります。

ただし、4tトラックは全長が9m以上ありますので、どこにでも入っていけるわけではありません。

道幅が狭くて4tトラックが入っていけないような場所での引っ越しは、2tトラックを複数台使用したり、4tトラックを別の場所に待機させておいて、そこまで小さなトラックで何往復かして積みかえをしたりします。

こういった場所での引っ越しは、通常よりも料金が高くなってしまうことがありますので注意が必要です。

大阪から福岡まで4tトラックで引っ越しをするときの相場は、引越し業者が忙しくない閑散期で22万円~35万円が目安になるでしょう。

これが繁忙期だと、28万円~45万円とかなりの金額になってしまいます。

また、人数の多い家族が大阪~福岡のような長距離の引っ越しをするときには、業者によって見積もり金額の差がより大きくなりますの、1社だけにしか見積もりをもらわずに、業者のいいなりにならないようにしましょう。

大阪から福岡まで家族で引っ越しするときの相場

●2人~3人家族が2tトラック(ロング)を使用
 閑散期:14万円~25万円
 繁忙期:18万円~32万円

●3人~4人家族が3tトラックを使用
 閑散期:18万円~30万円
 繁忙期:23万円~38万円

●大人4人家族が4tトラックを使用
 閑散期:22万円~35万円
 繁忙期:28万円~45万円

以下のような一括見積もりサイトを利用することで、最大10社の引越見積もりを簡単に比較することができ、料金も半分ほどに下がることも少なくありません。

無料で簡単に利用できますので、安く引っ越しをしたい方は利用してみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました