宅配便を使って引っ越しをしたらどれくらいの費用がかる?~単身パックとどちらがお得か?

宅配便を利用最近は本当に宅配便が身近になっています。

これまで一度も引越し業者を利用したことがないという方はいると思いますが、宅配便を利用したことがないという人はめずらしいのではないでしょうか?

リーズナブルな料金で全国どこへでも荷物を運んでくれる宅配便のありがたみを、常日頃から感じている人も少なくないでしょう。

一人暮らしで家財道具などがあまりない人が引っ越しをするときに、「宅配便を使ってみたらどうだろうか」と考えることがあるかも知れません。

最近では、単身者向けの引越しサービスである「単身パック」などが人気になっていますが、荷物の量によっては宅配便の方が安くなる可能性があります。

ここでは、荷物の少ない単身者が引っ越しをする場合に、宅配便を使うのと引越し業者を利用するのでは、どちらがお得になるのかについて考えてみたいと思います。


引っ越しに宅配便を使うことのメリット

まず、宅配便を使って引っ越しをする場合のメリットを考えてみますと、料金が明確で分かりやすいという点があげられます。

宅配便の場合は、ダンボールのサイズとそれを運ぶ場所によって料金が決まりますので、荷物の量さえ把握できれば料金表と照らし合わせることで、簡単に費用を算出することができます。

それに対して引越し業者の場合には、いわゆる定価というものがありませんので、同じ荷物を同じ場所に運んだ場合でも、業者によって料金が大きく変わってくることがあります。

また、引越し業者が忙しくなる3月中旬以降の繁忙期には、料金が大幅に割り増しになるのが普通です。

そのため、実際に引越し業者から見積りを取ってみるまで、どれくらいの費用が発生するのかが分かりません。

実際に引っ越しをするときには、複数の業者から見積りを取得して料金を比較することが大切だとよく言われるのは、業者によって見積もり金額がバラバラだからです。

そういった料金に関する不透明な部分がないことや、複数の業者の料金を比較したりする必要がないという点が、宅配便を引っ越しに使うメリットということになります。

引っ越しに宅配便を使うことのデメリット

大きさを測るメジャー宅配便を使って引っ越しをする場合には、荷物のサイズや距離によって料金が決まっているため業者選びで頭を悩ませることがないというメリットがあることがお分かりになったかと思います。

その反面、宅配便を使った引越しにはデメリットもあります。

それは、運搬できる荷物のサイズに制限があるということです。

たとえば、クロネコヤマトの宅急便の場合は160サイズ(縦・横・高さの合計)が上限であり、それ以上のサイズの物を運んでもらうことはできません。

それ以上のサイズの物を運んでもらうには、「らくらく家財宅急便」という別のサービスを利用する必要があります。

佐川急便の場合にも、普通の宅配便は160サイズがマックスになり、それ以上のサイズになるという260cmまで対応できる別のサービスを利用する必要があります。

そのため、大型の家具や家電などがある場合の引っ越しは、家財の量によっては普通に引越し業者を利用する場合にくらべて、割高になってしまう可能性があります。

宅配便での引っ越しに向いている人というのは、家具や家電などを運ぶ必要がなく、衣類などの身の回りの生活用品だけを転居先に持って行きたい人ということになります。

実際に宅配便で引っ越しをするときの費用はどれくらいになるのか?

それでは、実際に宅配便を使って引っ越しをすると、どれくらいの費用か発生するのかについて考えてみましょう。

引っ越しに使う標準的な120サイズ(52cm×32cm×31cm)のダンボール10個を、東京から大阪まで送った場合の料金を計算してみます。

クロネコヤマトの宅急便を使った場合、東京から大阪までの料金は1,685円(2019年9月現在)となりますので、それが10個ということになりますと合計で16,850円ということになります。

参考:クロネコヤマト宅急便の料金表
     

佐川急便の飛脚宅配便の場合は、料金表に120サイズがなく、140サイズとなってしまいますので、1個当たりの料金は1,923円になります。

これが10個だと合計19,230円ということになります。

参考:佐川急便・飛脚宅配便の料金

大きな家具や家電などがまったくなく、10個のダンボールに納まってしまう程度の生活用品しかない場合には、宅配便を使った引越しはかなりリーズナブルであるということがお分かりになると思います。

独身寮などへの引っ越しで、生活に必要な家具や家電などがあらかじめ備え付けになっているようなケースでは、宅配便を利用することでお得に引っ越しをすることができます。

引越し業者の単身パックとくらべてみる

単身パックと宅配便を比較120サイズのダンボール10個程度の荷物であれば、宅配便を使うことで東京~大阪間を2万円以内で引っ越しできることがお分かりになったかと思います。

それでは、最近人気になっている引越しサービスである、「単身パック」などの単身者専用プランと比較をしたときにはどちらがお得になるでしょうか?

単身パックなどの単身者専用プランも、一般の引っ越しサービスとくらべると料金的にはかなりリーズナブルといえます。

参考記事:引越し単身パックのサービスと料金を比較してみましょう

この単身パックを使って、東京から大阪まで引っ越しをした場合の料金をみていくことにしましょう。

クロネコヤマトの単身引越サービスの場合、東京から大阪までの料金はフルサイズで28,000円(税別)、miniタイプで25,000円(税別)となっています。

日通の単身パックの場合、Sサイズで24,000円(税別)、Lサイズで28,000円(税別)となります。

これらの料金は、あくまでも引越し業者がそれほど忙しくない時期のもので、3月中旬以降の繁忙期になると、5,000円ほど割増になります。

これらの単身者専用サービスで提供されるコンテナのサイズは次の通りです。

●クロネコヤマトフルサイズ:1.04m×1.04m×1.70m=1.83㎥

●クロネコヤマトmini:1.04m×1.04m×1.30m=1.40㎥

●日通の単身パックS:1.08m×0.74m×1.55m=1.24㎥

●日通の単身パックL:1.08m×1.04m×1.75m=1.97㎥

これらのサイズのコンテナ納まる量の荷物であれば、荷物の量の多い少ないに関係なく料金は同じです。

コンテナサイズの小さいminiであっても、引っ越し用120サイズ(52cm×32cm×31cm)のダンボールを24個運ぶことができます。

クロネコヤマトの宅急便を使って120サイズのダンボールを東京から大阪まで24個運んだ場合の料金は40,440円になります。

単身引越サービスminiの東京~大阪までの料金は25,000円ですから、ダンボールだけを24個運ぶのであれば、宅配便にくらべて単身者専用プランは圧倒的に安くなります。

繁忙期であっても、単身引越サービスminiの東京~大阪間の料金は30,000円ほどになりますので、宅配便よりは安くなります。

ただし、ダンボールの数が14個以下であれば、宅配便を利用した方が安くなります。

小型冷蔵庫・洗濯機・布団などがあるときは引越し業者が安い

120サイズのダンボールが14個以下であれば、引越し業者の単身者専用プランを利用するよりも宅配便を使った方がお得になる可能性が高いということがお分かりになったかと思います。

しかし、小型の冷蔵庫や布団セットなどの、160サイズを超える荷物がある場合には、事情が異なります。

なぜなら、その荷物だけをクロネコヤマトの「らくらく家財宅急便」や佐川急便の「ラージサイズ宅配便」などを使って別に運ばなければならなくなるからです。

単身パックのコンテナはサイズ的には決して大きくはありませんが、Lプランであれば一人暮らし用の小さな冷蔵庫や洗濯機、布団セットなどを収めることが可能になります。

ところが、クロネコヤマトの「らくらく家財宅急便」を使って、一人暮らし用の小型冷蔵庫を東京から大阪まで運んでもらうと、それだけで5,390円かかります。

さらに洗濯機が8,855円、布団一式が5,390円の料金になりますので、この3つだけでトータルで19,635円の料金が発生することになります。

普通の宅配便で運んでもらうダンボールの料金と、らくらく家財宅急便で運んでもらう冷蔵庫や洗濯機、布団などの料金を合わせたトータルの金額が、単身パックLと比較してどちらが安くなるのかを検討する必要があります。

ただし、単身パックのLサイズでミニ冷蔵庫・洗濯機・布団を運んだ場合、コンテナに収めることのできるダンボールの数は6個~8個程度になります。

こうしたことをトータルで考えてみますと、冷蔵庫や洗濯機、布団といった大きな荷物がある場合の引っ越しは、単身パックを利用した方が安くなる可能性が高いといえそうです。

ただし、宅配便やらくらく家財宅急便の料金が一年を通して同じなのに対して、単身パックの料金は繁忙期に高くなりますので、時期によっては宅配便とらくらく家財宅急便を合わせた料金とそれほど差がなくなるかも知れません。

あまり知られていない宅配便よりも料金が安いヤマト便

トラックに積み込むダンボールあまり知られていませんが、実はクロネコヤマトには「ヤマト便」という非常にお得なサービスがあります。

ダンボールなどをまとめて同じ場所に送るときに、普通の宅急便とくらべて大幅に料金が安くなるサービスです。

普通の宅急便で10個の荷物を別々の発送先に送った場合、配送業者は10件の家を個別に訪問して1つずつ荷物を届けることになります。

ところが、同じ10個の荷物を送る場合であっても、すべての荷物の発送先が同じ場所であれば、配送業者は1件の家を訪問すればいいことになり、コスト的に安く荷物を運ぶことができるわけです。

それにもかかわらず、普通の宅急便を利用して送ってしまったら、同一の送り先であっても送り先がバラバラに10個を送ったのと同じ料金になってしまいます。

そこで、同一の送り先にまとめて送るケースに限って料金を大幅に安くしてくれるサービスが「ヤマト便」ということになるのです。

引っ越しというのは、すべての荷物をそのまま新しい転居先に運ぶことになりますので、まさに「ヤマト便」は引っ越しにうってつけのサービスということになります。

「ヤマト便」は、単純に箱のサイズで料金が決まるのではなく、箱の大きさを重量に換算をし、実際の重量と換算した重量のどちらか重い方を採用して料金を決定します。

重量を換算する計算式は以下になります。

容積換算重量(kg)= 縦(メートル)×横(メートル)×高さ(メートル)×280

この式をもとに、120サイズ(32cm×52cm×31cm)のダンボールを重量換算してみると、14.4kgとなります。

実際のダンボールの重さがこの14.4kg未満であれば、こちらの数字が採用されることになります。

そして、このダンボールが10個あったとすると、合計の換算重量は144.kgということになります。

ヤマト便を使って、重量換算144kgの荷物を東京から大阪まで運ぶときの料金は、6,254円となります。

参考:ヤマト便の料金表

普通の宅急便で120サイズのダンボール10個を東京から大阪まで送るときの料金は先ほど紹介したとおり16,850円となりますので、ヤマト便の方が10,000円以上も安いということになります。

こんなお得なヤマト便というサービスを、なぜかほとんどの人は知りません。

クロネコヤマトも、出来れば宅急便の方を使ってほしいので、積極的には「ヤマト便」をアピールしていないのかも知れません。

実際の引っ越しのときには、宅急便だけではなく、これらの「ヤマト便」や引越し業者の単身パックなどをうまく活用することで、引っ越しの費用を大幅におさえることができるに違いありません。

また、引越し業者の費用を少しで安くしたいと考えている人は、以下のような一括見積もりによって料金が半分近くになることもありますので、利用してみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました