日通の「単身パック」のサービス内容や料金・割引などを分かりやすく解説

日通の単身パックのサービス内容と料金・割引き
単身パックという、引っ越しサービスの名前を耳にしことがある人も多いことでしょう。

この「単身パック」は、1人暮らしの人に向けた引越しサービスの代名詞のように使われていますが、実は日通の単身者向けサービスの商品名になります。

他社も同じようなサービスを提供していますが、単身パックと呼ぶことができるのは、この日通のサービスのみということになります。

このページでは、日通の単身パックのサービスの内容や料金・割引きなどについて、分かりやすく解説をしています。

関連記事:単身パックと赤帽ではどちらの方が料金的には安くてお得になるのでしょうか?

関連記事:宅配便を使って引っ越しをしたらどれくらいの費用がかる?~単身パックとどちらがお得か?

SとLの2種類のプランと内容や料金の違い

日通の単身パックには、荷物の量に応じてSとLの2種類のサービスがあります。

実際にSとLで利用できる荷物の量や料金を比較してみましょう。

単身パックSで運べる実際の荷物の量

Sの場合は、横幅108cm、奥行き74cm、高さが155cmのコンテナに収まる量の荷物の場合に利用することが出来ます。

具体的な荷物の量としては以下のような感じです。

●小型の冷蔵庫1台(100リットル程度)
●液晶テレビ(20インチ程度の小型のもの)
●電子レンジ
●掃除機
●中型の段ボール4個程度
●フトン一式
●小型の収納ボックス

学生やサラリーマンの短期間の単身赴任などであれば、必要最低限のものは運べるイメージです。

もう少し荷物が多い場合には、コンテナを2つに増やす(料金は2倍になります)か、コンテナのサイズが大きい単身パックLの方を利用するといいでしょう。

ちなみに、Sの場合の料金は、WEB申込みの割引を適用した場合には17,600円(税込み)からと、非常にリーズナブルになっています。

もちろん、料金は距離によって変わりますので、実際にかかる料金は見積もりをもらってみないことにはわかりません。

目安としては、東京と大阪間の引越しでWEB申込みによる割引を利用した場合には、26,400円(税込み)ほどになるようです。

単身パックLのサイズと料金

コンテナを移動する作業員次にLの方を見ていきましょう。

こちらはSにくらべて、コンテナのサイズが一回り大きくなっています。

Lのコンテナサイズは、横幅108cm、奥行き104cm、高さが175cmとなっています。

横幅はSの場合と同サイズですが、奥行きが30cm、高さが20cm大きくなっています。

このコンテナに積める荷物の目安としては、Sの時の荷物にプラスして、洗濯機が1台、と中型の段ボールが1つ、衣装ケースが1箱余分に運べるイメージです。

コンテナの奥行きが深くなった分、冷蔵庫と洗濯機を同時に運べるようになるのがLのメリットです。

料金もSとくらべて大きく変わることはありません。

Sの料金がWEB申込み割引利用で17,600円(税込み)からでしたが、Lの場合同じ条件で19,800円からとなります。

税込みでわずか2,200円の違いで、洗濯機が運べるメリットは大きいですね。

単身であっても少し荷物が多めの人は単身パックLを利用したほうがいいかも知れません。

参考記事:日通の引越しサービスを利用する前に知っておきたいこと

さまざまな割引特典もあります

日通の単身パックには、さまざまな特典も用意されています。

それでなくてもリーズナブルな単身パックを、さらに安く利用することが可能です。

Webから単身パックの申し込みでお得に

1つめの割引はWEB割引と呼ばれるもので、インターネットからの申し込みで1件あたり2,200円(税込み)安くなるというものです。

これは、パソコンだけはなくスマホなどからの申し込みでも適用になりますので、ぜひ利用したいものですね。

複数のボックスを依頼するときの割引

次に、複数ボックス割引という特典です。

コンテナの数を追加した場合でも、1つのコンテナにつき1,100円(税込み)が割引になるというものです。

1つのコンテナに荷物が収まりきらなくて2つ利用したい場合には、さらにお得になるということになります。

作業の開始時間を日通におまかせで割引に

こちらは、集荷のときの作業開始時間を指定せずに、日通にお任せしたときに適用になる割引です。

開始時間おまかせ割引は、ボックス1つにつき1,100円(税込み)の割引が適用になります。

いつ集荷に来るのか分からないと、段取りがしにくくなってしまうのは確かですが、自分自身の状況との兼ね合いで、この割引サービスを受けるかどうか判断するようにしましょう。

単身パックの料金が割り増しになるケース

日通の単身パックは、Sが17,600円(税込み)から、Lが19,800円(税込み)からとリーズナブルなのが特徴ですが、条件によっては料金が割り増しになる場合もありますので、注意をしておきましょう。

18時~21時までの深夜配達や土日祝日の配達は、コンテナ1つあたり2,200円(税込み)の割り増しになります。

土日祝日でなおかつ深夜の配達ということになりますと、この2つを合算した4,400円(税込み)が割り増し料金として加算されます。

また、引越し業者が1年で一番忙しい時期である3月中旬から4月中旬までの期間で集荷や配達を依頼した場合も、コンテナ1つあたり5,500円(税込み)の割り増しとなります。

日通単身パックのその他の特徴と注意点

日通の単身パックを依頼する際に、知っておかなければならない注意すべき点がいくつかあります。

また、それと同時に単身パックならではの、他の引越しサービスにはないメリット的な特徴もいくつかあります。

それらを、具体的に紹介していみたいと思います。

荷造りは自分で行わなければなりません

ガムテープで箱を閉じる女性単身パックの場合、荷物の箱詰めなどは依頼者が自分で行わなければならなりません。

あくまでも業者がやるのは、荷造りされた荷物をコンテナに入れて運ぶだけになります。

もし、当日になって荷造りに不備があることが原因で、積み込みに時間がかかってしまったり、日通の人に手伝ってもらったりした場合などには、追加料金が発生する可能性がありますので注意が必要です。

単身パックの段ボールは自分で用意をする

一般の引越しであれば、引越し業者が無償でダンボールを提供してくれることも多いのですが、単身パックの場合は、基本的に段ボールなどの梱包資材は自分で用意をしなければなりません。

どうしても用意をするのが難しい方は、日通の方で用意されている資材セットというものを利用してみるといいでしょう。

セット内容としましては、Sサイズの段ボールが4個、Mサイズの段ボールが6個、クラフトテープが1個、布団袋が1袋になります。

このセット一式の料金は、3,080円となります。

単身パックは配達の時間指定が可能

日通の単身パックの特徴としては、荷物の配達時間を指定できるという点です。

これはまさに宅配便と同じイメージですね。

家族に対応してもらうことの出来ない一人暮らしの人にとってはうれしいサービスです。

指定時間は、基本的に宅配便と同じと考えてもらっていいでしょう。

午前:9時~12時、午後:12時~16時・16時から18時・18時から21時が、それぞれ指定できます。

ただし、先にも書きましたように、18時から21時を指定しますと、深夜割増としてコンテナ1つあたり2,200円(税込み)が加算されますので、注意をしましょう。

単身者専用のサービスというわけではない

単身パックというネーミングから、1人暮らしの人のための専用サービスだと勘違いをしている人もいるようですが、決してそんなことはありません。

名称こそ単身パックですが、2人暮らしや3人暮らしの家族であっても、運ぶ荷物がコンテナに納まる範囲であれば、問題なく利用できることになります。

大型の家具や家電などがなければ、コンテナの数を増やしたりすることで、人数の多い家族であっても十分に対応が可能です。

単身パックは訪問しなくても見積り作成が可能

引越し業者は、見積りを作成するときに、訪問して現場の状況や荷物の量などを把握するのが一般的です。

実際に訪問して、荷物の量を正確に把握しておかないと、当日のトラックのサイズを決められませんし、積み残しなどがあるとトラブルに発展する可能性もあるからです。

しかし、単身パックの場合は、あくまでもコンテナに入るだけの荷物を運ぶことになりますので、あえて訪問して現場を見る必要がないのです。

そのため、Webや電話で見積りを出してもらって、そのまま予約をすることが可能になります。

この点は、他の引越しサービスにはない、単身パックの大きな特徴といえるでしょう。

日通の単身パックは当日で引っ越しを終えられない

単身パックを利用するときに注意をしなければならないのは、たとえ同一市内などの近場の引越しであっても、その日のうちに引越し作業を終えることが出来ないという点です。

どんなに距離的に近くであっても、転居先に荷物が届くのは翌日になってしまうのです。

単身パックは、他の引越しサービスにくらべて料金的に格安であるのという特徴がありますが、その背景には、集荷と配送を分けて作業を効率化しているということがあるのです。

集荷をしてきたコンテナを、一度配送センターに集めて、目的地別に振り分けてトラックに積み込みこみ、配送先に向かうわけです。

イメージ的には、宅配便と同じと考えていいでしょう。

ですから、どうしてもその日のうちに引越し作業を終えたいという人は、他の引越しサービスを利用するしかありません。

「単身パック当日便」というサービスもありますが、これは内容的に一般の引越しサービスと同じであり、料金的にも一般の単身パックのように格安ということではありません。

なるべく安く引っ越しをするためには、たくさんの引越し業者の見積もり金額を比較することが大切になります。

簡単に複数の引越し業者の料金を比較するには、以下のような一括見積りサービスが便利です。

タイトルとURLをコピーしました