単身パックよりも格安で引っ越しが可能なクロネコヤマトのらくらく家財宅急便

どの業者にするか迷う男性  03-12-03一人暮らしの人で、あまり荷物が多くない人に人気になっている引越しサービスが、「単身パック」などの単身者向けの専用プランです。

あらかじめ決められたサイズのコンテナに収まるだけの荷物に限定して、格安な料金で引っ越しをすることができるお得なサービスです。

単身パックのコンテナのサイズは、Sプランの場合で横幅108cm、奥行き74cm、高さ155cmとなりますが、荷物の少ない一人暮らしの人のなかには、このサイズでもまだ大きいと感じることがあるかも知れません。

そういった場合に、さらに格安な料金で引っ越しをすることが可能になるのが、宅配便やクロネコヤマトの「らくらく家財便」というサービスを使った引越しです。

実際に、「宅配便」や「らくらく家財便」を使って引っ越しをした場合、「単身パック」とくらべて料金的にはどれくらいお得になるのでしょうか?

荷物がダンボール箱しかない場合は宅配便格安で引っ越しが可能です

車で引越し 03-12-04会社の人事異動に伴って、独身の人や単身赴任の人が引っ越しをする場合、家電や家具をまったく運ばないというケースも多くなっています。

引っ越し先が社宅や独身寮などの場合、あらかじめ家具や家電つきの部屋を会社が提供してくれていることが少なくないからです。

そういった場合、引っ越し先に持って行くのは身の回りの生活に必要なものだけということになり、ダンボール数箱で済んでしまうこともあります。

荷物がダンボール数箱しかないのであれば、宅配便などを使って送ってしまう方法が一番安く済みます。

たとえば、140cmサイズのダンボール5箱分の荷物しかない場合で、東京から大阪まで宅配便を使って荷物を運んだ場合、1万円以下の料金で済んでしまいます。

単身パックのSプランを利用して、東京から大阪まで引っ越しをすると、2万5千円ほどかかりますから、宅配便を利用すれば半額以下で引っ越しが可能になります。

また、マイカーを持っている人の場合、ダンボール5箱程度であれば、クルマに積んで運ぶことも可能になります。

その場合には、実質無料で引っ越しができてしまうことになります。

宅配便では運べない大きな荷物があるときに便利なのがらくらく家財宅急便

ダンボールの引越し 03-12-02独身寮や社宅などで、家具や家電がそろっている部屋に引っ越しをする場合には、宅配便を使ったりマイカーにダンボールを積んで運んだりすることで、格安に引っ越しができることがお分かりになったかと思います。

しかし、小型の冷蔵庫や洗濯機などがある場合には、宅配便では運ぶことができません。

宅配便は、基本的に縦横高さの合計が160cmまでの荷物しか運ぶことができないからです。

そういったときに、利用を検討してみたいのが、クロネコヤマトの「らくらく家財宅急便」です。

らくらく家財宅急便であれば、最大で縦横高さの合計が450cmの荷物まで運んでもらうことができます。

そのため、食器棚などの大きな家具などがある場合でも、あえて引越し業者に依頼しなくても運ぶことが可能になります。

らくらく家財宅急便と単身パックではどちらがお得か?

迷う女性  03-12-06らくらく家財宅急便を利用すれば、大型の家具や家電であっても運ぶことが可能ですが、引越し業者の料金とくらべた場合、どちらが安くなるのでしょうか?

単身パックのコンテナをフルに活用すると、「小型の冷蔵庫」「20インチ程度の液晶テレビ」「電子レンジ」「掃除機」「布団一式」「小型の収納ボックス」「ダンボール4箱」といった程度の荷物を運ぶことが可能です。

これだけの荷物を、東京~大阪間で2万5千円程度の料金で運ぶことができるわけですから、コンテナをフルに活用できるのであれば、単身パックはかなりお得ということになります。

ところが、持って行くものが、ダンボール箱5箱と小型の冷蔵庫だけといった場合であっても、単身パックの料金は変わりませんので、同様に2万5千円かかってしまいます。

単身パックの場合、荷物の量で料金が決まるのではなく、利用するコンテナ1台あたりで料金が決まってしまうからです。

こういった場合には、単身パックよりも、宅配便やらくらく家財宅急便を利用した方が料金的には安くなります。

140cmサイズのダンボールを東京から大阪まで送った場合の料金は1万円弱です。

小型の冷蔵庫(240cmサイズ)を、らくらく家財宅急便を利用して東京から大阪まで運んでもらう場合の料金は8千円ほどになります。

これらを合計しても、1万8千円ほどになりますから、単身パックよりも安く引っ越しができることになります。

もちろん、先ほども書きましたように、ダンボール5箱程度でしたら自分のクルマで運ぶことも可能なので、その場合は冷蔵庫を運んでもらう分の8千円だけで済んでしまうことになります。

単身パックは、コンテナをフルに活用する場合には割安になりますが、荷物が極端に少ない人の場合には、宅配便やらくらく家財宅急便を利用して引っ越しをした方が、お得になる可能性が高くなります。

家電や家具などが複数ある場合も宅配便とらくらく家財宅急便がお得

家具いろいろ 03-12-05荷物が極端に少ない人の場合には、単身パックよりも宅配便やらくらく家財宅急便を利用して引っ越しをした方がお得になることが多いですが、今度は逆に大型の家具や家電が複数ある人の場合はどうでしょうか?

単身パックのコンテナのサイズは限られていますので、小型の冷蔵庫だけではなく、洗濯機や食器棚なども運びたいといった場合には、対応ができません。

そういった場合には、赤帽などの軽トラックチャーター便の利用を検討することになると思います。

軽トラックの荷台に積める荷物の目安としては、「布団1組」「ストーブ1台」「机と椅子1組」「小型冷蔵庫1台」「小型テレビ1台」「掃除機1台」「タンス1棹」「洗濯機1台」「中程度の段ボール箱6個」といった程度です。

これらの荷物をすべて、宅配便とらくらく家財宅急便を利用して東京~大阪まで運んでもらった場合の費用は、トータルで6万円程度になると思われます。

それに対して、赤帽を使って、東京から大阪まで平日に引っ越しをするときの料金の目安は、7万円(高速料金別)程度になります。

土日祝日だと2割増しになりますので、高速料金別で8万5千円程度になると考えられます。

高速料金を含めると、平日で8万円、土日祝日で9万5千円程度になるでしょう。

ただし、赤帽の場合、組合によっては距離が200km以上あると往復分の高速料金を請求されることがありますので、その場合にはさらに1万円ほど加算になります。

こうしてみると、ある程度荷物がある場合に東京から大阪まで引っ越しをするときには、赤帽よりも宅配便とらくらく家財宅急便の合わせ技を使った方が、安く引っ越しができそうだということがお分かりになるかと思います。

近距離だと圧倒的に赤帽の料金が安くなります

赤帽で引っ越し東京~大阪といった長距離の引っ越しの場合、赤帽よりも宅配便やらくらく家財宅急便を使った引越しの方が安くなりますが、これが同一地域など近距離の引っ越しだと逆転します。

たとえば、東京都内から東京都内に引っ越しする場合、先ほどの事例と同様の荷物を宅配便とらくらく家財宅急便を使って運んだ場合、トータルの料金は5万円ほどになると思います。

ところが、赤帽を使って東京都内の移動距離が20km程度の場所に引越しをする場合の料金は、平日だと高速料金別で13,500円です。

土日祝日でも16,200円となりますので、宅配便+らくらく家財宅急便の組み合わせてとくらべて、圧倒的に安く引っ越しが可能になります。

赤帽はトラックを貸し切りにするチャーター便のために、長距離だとどうしても割高になってしまいますが、近距離だと非常にリーズナブルであることがお分かりになるかと思います。