鹿児島市~東京の引っ越しで発生する費用の目安~業者の相場と家族別の料金

東京と鹿児島市は1300km以上ありますので、かなりの長距離ということがいえます。

引っ越し業者の料金は、距離に応じて高くなりますので、これから東京~鹿児島市間の引っ越しを予定している人は、どれくらいの費用が発生するのか不安になっていると思います。

また、引越し業者の見積り金額というのは、業者によって大きく異なります

そのため、ある程度の目安が分かっていないと、相場よりも大幅に高い金額で業者と契約してしまう可能性もあります。

ここでは、実際に鹿児島市~東京の引っ越しをするときの、目安となる金額を家族の人数別に紹介してみたいと思います。

東京~鹿児島市まで一人暮らしの人が引っ越しをする際に発生する費用

一人暮らしの人であれば、それほど荷物の量は多くないと思われますので、近距離であればそれほど引っ越し費用はかかりません。

しかし、鹿児島市~東京ということになりますと、たとえ荷物が少なくても、それなりの金額にはなってしまいます。

ここでは、単身者が東京~鹿児島の引っ越しをする際の費用について紹介してみたいと思います。

荷物の少ない人が単身パックを利用して引っ越しをするときの料金

大型の家電や家具などはあえて運ばずに、転居先で調達する予定の人であれば、引越し業者が提供している単身者向けの専用サービスで十分だと思われます。

単身者向けの引越しサービスで有名なのが、日通が提供する「単身パック」です。

単身パックであれば、108cm×74cm×155cmサイズのコンテナにすべての荷物が納まることを前提に、割安な料金で運んでもらうことが可能です。

単身パックの他にもクロネコヤマトの「単身引越サービス」などがありますが、こうした単身者専用プランを利用して東京~鹿児島市の引っ越しをする場合の料金の目安は、4万円~4万5千円となります。

ただし、これはあくまでも引越し業者がそれほど忙しくない時期の料金で、3月中旬以降の繁忙期になると、特別料金としてこの金額に5千円ほどプラスされます。

赤帽を使って東京~鹿児島市の引っ越しはかなり割高になります

単身パックのような一人暮らしの人専用のプランは、東京~鹿児島市のような長距離の引っ越しのときには、とれもリーズナブルに利用できます。

しかし、すべての荷物が専用コンテナに納まりきらない人の場合は、別の手段を選択することになります。

近距離の引っ越しであれば、赤帽などの軽トラック便がおススメなのですが、東京~鹿児島市のような長距離になると、かなり割高になってしまいます。

一台の軽トラックを専用にチャーターすることになりますので、どうしても効率が悪くなってしまいますので、それが料金に反映されることになります。

赤帽などの軽トラ便を使って東京~鹿児島の引っ越しをした場合の料金の目安としては、高速代金別で16万円~18万円になると思われます。

土日祝日に引っ越しをする場合には、料金が2割増しになりますので、19万円~22万円くらいを目安として考えておくといいでしょう。

それにプラスして、高速料金が片道2万2千円ほどかかります。

赤帽の組合によっては、往復の高速代金を請求されることがありますので、その場合には4万4千円ほどかかることになります。

また、軽トラ便の場合、東京~鹿児島のような長距離は引き受けてくれないこともありますので、事前に確認をしておくようにしましょう。

荷物がかなり多い単身者が鹿児島~東京へ転居する際の費用

一人暮らしであっても、荷物がたくさんある人だと、単身者専用プランや軽トラックでは運べない可能性があります。

そういった場合には、2トンショートトラックなどを利用することになります。

とはいっても、東京~鹿児島の間の引っ越しで、2トントラック1台をチャーターするというのはかなり割高になってしまいますので、普通は混載便を利用することになります。

混載便は、2トントラックに積んだ荷物をターミナルまで運んで、そこで大型トラックに積みかえて同方向の他の家族の荷物と一緒に運びます

荷物の多い単身者が東京~鹿児島市の引っ越しをするときの見積り金額の目安としては、13万円~22万円ほどになると思われます。

ただし、3月中旬以降の引越し業者が一番忙しい時期になりますと、料金がアップしますので、17万円~28万円ほどになると考えておきましょう。

家族全員で東京~鹿児島の引っ越しをするときの見積り金額

東京~鹿児島はかなりの長距離になりますから、引っ越しをする家族の人数が増えれば料金もかなり高額なものとなります。

ある程度の金額を把握しておかないと、相場よりも高い業者に依頼をしてしまってあとで後悔をすることにもなりかねません。

ここでは、鹿児島市~東京の引っ越し見積もりが、実際にどれくらいの相場になるのかを、家族の人数別に見ていきたいと思います。

2人~3人家族で荷物が少ない場合どれくらいの費用になるのか?

2人~3人家族であっても、その家族のライフスタイルや子どもの年齢などによって荷物の量は大きく変わるものです。

ここでは、2K程度の間取りに住む荷物の少ない2人~3人家族が、東京~鹿児島市の引っ越しをするときの費用を考えてみましょう。

荷物の少ない2人~3人家族の場合、トラックのサイズ的には2トンロング程度が目安になります。

荷台の広さは畳4枚半ほどありますので、大型の家具や家電がたくさんなければ、なんとか積みきれると思います。

もちろん、東京~鹿児島のような長距離にチャーター便を利用するのは現実的ではありませんので、混載便を利用することになります。

荷物少なめの2人~3人家族が鹿児島~東京の引っ越しをするときにかかる費用の目安としては、引越し業者があまり忙しくない時期で16万円~26万円ほどになるでしょう。

3月中旬以降の繁忙期だと、21万円~34万円に料金が跳ね上がります

また、忙しくて荷造りや転居先で荷解き作業などを行うことができない人は、それらも業者に依頼をすることができますが、別途で5万円ほどの費用が発生します。

荷物の多い2人~3人家族が鹿児島市~東京間で引っ越しする場合の相場

2人~3人家族で、なおかつ荷物が多めということなりますと、3トントラック、あるいは2トントラック2台で荷物を運ぶことになると思います。

もちろん、東京~鹿児島のような長距離は混載便を利用するのが普通ですから、それらのトラックで運ぶのはターミナルまでです。

そこから先は大型トラックで転居先の近くのターミナルまで行き、そこでまた小型のトラックに積みかえて新居に荷物を運ぶことになります。

2人~3人で荷物が多めの家族が東京~鹿児島市まで引っ越しをするときの費用の目安としては、普段のときで22万円~35万円になると思います。

これが繁忙期相場になりますと、28万円~46万円ほどが目安になってしまうでしょう。

3人~5人の家族全員が東京~鹿児島の引っ越しをするときの見積り金額

3人~5人家族になりますと、間取り的にも3K以上ということになりますので、荷物の量的には4トントラック1台分はあると思います。

ただし、4トントラックはボディのサイズが大きいため狭い路地などには入っていけませんので、普通は2トントラックを複数台使うか、ターミナルが近ければピストン輸送などで対応します。

3人~5人家族が東京~鹿児島市の引っ越しをするときにかかる費用の相場としては、30万円~48万円ほどになると思われます。

引越し業者が忙しくなる3月中旬以降だと、36万円~60万円程度の出費を覚悟しておかなくてはなりません。

ただ、東京~鹿児島のような長距離の引っ越しの場合、業者間の見積り金額の差も非常に大きくなりますので、実際に契約をするときには以下のような一括見積もりサイトなどを利用して、複数の業者の金額を比較するようにしましょう。

hikkosi01

無料で一括見積りはこちら