引越し業者が一番嫌がる本の多い家の引っ越し作業

棚に並べられたたくさんの本最近の人はあまり本を読まなくなったといわれています。

実際に、昔から営業をしていた古い書店がいつの間にかなくなっていたりするのを、目にすることも多くなりました。

しかし、そんな時代においても、病的なまでにたくさんの本を買いあさる人間はいるものです。

そういった人の家には、数千冊から数万冊の本があったりします。

まさに、引越し業者が最も嫌がるのがそういった、本のたくさんある家なのです。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

本の多い家の引っ越しは業者にとっては災難?

インターネットでほとんどの情報収集が出来るようになった現代においても、読書が趣味だという人は少なからずいます。

そのような人は、いわゆる活字中毒患者とも呼ぶべき病的な人ですから、本がないと落ち着くことができず、何かを読んでいないと禁断症状がでてしまいます。

活字中毒患者の人の家は、たいてい本に埋もれていて、自分が座るスペース以外は本が山になっているなどということも珍しくありません。

一般人からすれば異様な光景ですが、それはあくまでも趣味の世界でありその人のライフスタイルですから、他人がとやかく言うべきことではありません。

しかし、引越し業者にとっては、そういった人から依頼を受けてしまった場合には、まさに災難といってもいい事態になってしまいます。

本がたくさんある家の引っ越しを嫌う業者さんは、本当に多いのです。

理由は明白で、その重さが尋常ではないからです。

私たちが考えている以上に、本というのは重いのです。

重いダンボールでも料金は変わらない?

引越しの荷造り引越し業者にとっては同じサイズのダンボールであっても、中に洋服が入っているのと本が入っているのとでは、その重さはまるっきり違います。

引っ越しで一般的な120サイズ(縦横高さの合計が120cm)のダンボールであっても、中に本をぎっしりと詰めたら、その重さは30kgほどにもなってしまいます。

実際に30kgの重さの箱を運んでみると分かりますが、普通の人がひょいひょいと運べる重さではないことは間違いありません。

たとえ荷物の運搬には慣れている引越し業者のスタッフであっても、そんな箱が何十箱も山積みになっているのを目の当りにしたら、家に帰りたくなってしまうことでしょう。

転居先の書斎が2階にあったりすると最悪で、それらの本をすべて階段であげなければならないということになると、まさに拷問に近い作業となってしまうわけです。

引っ越しの料金というのは、トラックの大きさと台数、作業員の人数、移動距離などで決められますから、ピアノや仏壇といった特殊なものがない限りは、荷物の重さが料金に反映されることはほとんどありません。

つまり、運ぶダンボールが重くても軽くてもそれほど料金には差がないことになりますので、引越し業者にしてみれば「やってらんねぇ~」ということになるわけです。

少しは荷物の量を減らす工夫をしたいものですが

もちろん、ダンボールの重さと引越料金には直接的な関係はないといっても、本がたくさんあってダンボールの数が多くなれば、トラックもより大きなものを手配しなければなりませんし、スタッフの人数も増やす必要が出て来るかもしれません。

そうなった場合には、当然ながら引越し料金にも影響が出てくることになってしまいますので、可能であれば荷物の量は少しでも減らしたいところです。

常識的に考えれば、すでに読んでしまった本はブックオフなどの古本屋に持っていけばそういった問題は一気に解決しそうです。

しかし、マニアというのは病気ですから、すでに読んだとか読んでないとかは関係なく、自分が買った本は手元に置いておきたいのです。

おそらく、もう一生読むことがないであろうと思われる本であっても、いつまでも手元に置いておきたいというのが、一般の人には理解しがたいマニアと呼ばれる人の病的な症状なのです。

「引越し料金はいくらかかってもいいから、本は全部持って行く」といった頑固な人はどうにもなりませんが、ある程度はダンボールの箱を減らして少しでも引越し料金を安くしたいと考えるならば、持って行く本と残す本をしっかりと選別したうえで、処分を検討すべきでしょう。

引越し業者に嫌われないための箱詰めのやり方

ダンボールに本を入れる先ほども書きましたように、120サイズのダンボールに本をぎっしりと詰めると、その重さは30kgほどにもなります。

引越し業者のスタッフは、作業効率をアップするために2つのダンボールを一度に運ぶことが多いのですが、さすがに本がぎっしり詰まった30kgの箱を2つ重ねて運ぶというのは、プロレスラーのような体格をした人でなければ不可能です。

そういった引越し業者のスタッフの苦労をなんとかしてあげたいと考えるならば、箱詰めの方法を検討してみるといいでしょう。

どういうことかといいますと、ダンボールに本だけをぎっしりと詰め込むのではなく、洋服などの軽いものをうまく組み合わせて詰め込むようにすればいいのです。

ダンボールの底のほうに本を3分の1ほど入れ、残りの3分の2のスペースには軽めの洋服をなど入れるのです。

そうすることで、なんとかダンボールの重さを15kg程度におさえることができると思います。

実際に持ってみると15kgでもかなり重いのですが、その程度の重さであればプロである引越し業者は問題なく運んでくれるに違いありません。

しかし、すべてのダンボールがそういったハイブリッドな詰め方が出来るとは限りません。

病的な本マニアの中には、洋服などにくらべて本の数のほうが圧倒的に多い可能性もあります。

そういった場合には、いっしょに詰め込むものがありませんから、ダンボールは本専用にするしかありませんが、1つの箱のサイズをかなり小さめにする必要があります。

梱包する箱の数が多くなってしまうことで荷造り作業は大変になりますが、実際にそれを運搬する人のことを考えて、出来る限りのことはしてあげるようにしましょう。

事前に引越し業者が提供してくれたダンボールが大きいサイズのものしかない場合には、本用に手ごろなサイズのものがないかどうかを聞いてみるといいでしょう。

また、本がたくさんある家の引っ越し作業が業者に嫌われる理由は、ダンボールの重さだけではありません。

実は、本を入れたダンボールというのは、中身の重さに耐えきれずに底が抜けてしまうことがよくあるのです。

運搬作業中にダンボールの底がつぎつぎに抜けてしまって本が散乱してしまったりすると、それこそ収拾がつかなくなってしまいます。

そういったことで引越し業者に迷惑をかけないためにも、ダンボールに本を入れるときには、ガムテープなどでしっかりと底の部分を補強することが大切になります。

面倒に思うかも知れませんが、これは必ずやっておいてほしいと思います。


引越し価格ガイド~最大10社無料一括見積り
https://a-hikkoshi.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>