引っ越しをしたいけれどもお金がない人がとるべき引っ越し費用節約術

ダンボールをのぞく女性引越しにはお金がかかります。

引越し業者に支払う費用はもちろんのこと、新たに転居先と賃貸契約するときにも、敷金や礼金などのさまざまな費用が発生します。

そのため、なるべくならばお金のかかる引っ越しはしたくないと考える人も少なくないでしょう。

しかし、人生には、必ず何度か引っ越しをしなければならないようなイベントが起こります。

大学への入学、転勤、結婚といったときには、引っ越しが伴うことが多いです。

また、特にイベント的なことはなくても、いま住んでいるところの環境的な問題で、引っ越しをしたいと思うこともあるでしょう。

たとえば、近所に口うるさい人が住んでいるとか、目の前に大きな建物ができてしまってまったく日が差さなくなってしまったなどという場合です。

こういったときに、賃貸物件に住んでいる人であれば、引っ越しをすることでそういった問題を解決することが可能です。

ただし、冒頭にも書きましたように、引っ越しをするためには、どうしてもお金が必要です。

ここでは、引っ越しをしたいけれどもお金がないという人に向けて、なるべくお金をかけないで引っ越しをするにはどうしたらいいかについて解説をしてみたいと思います。

引越し業者に支払う費用を節約するための方法

荷物が少なく、レンタカーなどを借りて自力で引っ越しをするのであれば、運搬をするための費用はそれほど掛かりません。

しかし、荷物がたくさんあったり、大型の家具や家電などがあったりする場合には、自力で引っ越しをするというのはかなり厳しくなります。

特に、ドラム型の洗濯機は重さが100kg近くありますので、アパートの2階などから素人が運び出すのは困難です。

参考:自力で引越しをした人の体験談~業者を使わずに自分でやるのは思ったよりも大変?

そうした大型の家具や家電がある場合には、必然的に引越し業者に依頼せざるを得なくなります。

もちろん、引越し業者に依頼をすれば費用が発生しますので、お金のない人にとっては頭の痛い問題ということになります。

ここでは、引越し業者に支払う費用を削減する方法や、自分自身が負担する分を減らす方法などをいくつか紹介してみたいと思います。

引っ越しの時期やプランで大幅に料金を節約できます

カレンダーと電卓引越し時期にこだわらないのであれば、引越し業者が暇な閑散期を狙えば、引越し料金は大幅に安くなります。

5月から8月は、引越し業者がそれほど忙しくない時期となりますので、3月中旬から4月にかけての繁忙期にくらべると半分以下の料金で引っ越しができたりすることもあります。

また、引っ越しは土日祝日を利用して行う人が多いので、あえて平日を選ぶと料金がさがる可能性があります。

時間に関しても、午前中から荷物の積み込みをする人が多いので、あえて午後から作業を開始するプランを選択することで料金的に安くなることが多いです。

参考:引越し見積もりの金額は午前開始と午後開始でどれくらい変わるのか?

さらに、引越し予定日や当日の作業開始時間などをすべて業者にお任せするプランを利用すれば、さらに安くなる可能性が高くなります。

また、大型の家具や家電などの大物を中心に引越し業者に運んでもらい、ダンボールに入った小物などはマイカーなどを利用して自分で運ぶ方法も、引っ越し費用削減には有効です。

トラック1台に積めるだけの荷物を積み込んで、残った荷物は自分たちで運ぶ「積みきりプラン」というサービスがありますので、マイカーを持っている人は利用してみるといいかも知れません。

参考:引越し業者の「積みきり」というプランの特徴とは?~トラックに積めるだけ運ぶ

引越し業者に相見積りをもらうことで料金が半分になることも

見積りを作成する引越し業者荷物の量や移動距離がまったく同じであっても、依頼をする引越し業者によって料金が大きく違ってしまいます。

そのため、安い引越し業者を探すときには、なるべくたくさんの業者から相見積もりを取ることが大切になります。

高い業者と安い業者で見積もり金額が2倍も違ってしまうことが普通にありますので、比較をせずに1社だけの見積りでそのまま発注してしまうと、大損となってしまう可能性があります。

たとえば、東京から大阪まで2人~3人家族が引っ越しをする場合、閑散期であれば安い業者だと10万円程度の料金で済むことがあります。

ところが、運悪く高い引越し業者にあたってしまうと20万円以上の請求になることも少なくありません。

そうした悔しい思いをしないためにも、必ず複数の引っ越し業者から見積りをもらうことが大切です。

以下のような一括見積もりサービスを利用すれば、一度にたくさんの引っ越し業者から見積りをもらうことができるのでとても便利です。


大型の家具や家電がなければ自力で引っ越しをする

自力で引っ越す引越し時期や業者のプランなどをうまく活用したり、複数の業者から相見積もりを取ったりすることで、かなり安く引っ越しができるということがお分かりになったかと思います。

しかし、それでも引越し料金をゼロ円にすることはできません。

もし大型の家具や家電品などがほとんどなく、距離もそれほど遠くないということであれば、業者に依頼をせずに自力で引っ越しをすることを検討してみてもいいでしょう。

その場合、荷物を運ぶためのクルマがない場合には、トラックなどをレンタルする必要がありますので、どうしてもその分の費用は発生してしまいます。

大型のワンボックスカーなどを所有している人でなおかつ近距離の引越しであれば、自分のクルマに荷物を少しずつ積んで、何度も往復するピストン輸送で荷物を運ぶことも可能になります。

ただし、何度も繰り返しになりますが、大型の家具や家電がある場合には、プロの引越し業者にお任せしたほうが無難です。

素人が無理をして自力で引っ越しをした結果、家具や建物を壊してしまう事例も少なくありません。

その結果、引越し業者に頼んだとき以上の出費になってしまう可能性もあります。

参考:引越し業者に払うお金がもったいないという理由で自力引っ越しをするとどうなる?

荷物が少なければ宅配便などを活用して費用を節約する方法もあります

宅配便の女性の配達員荷物の量が少なくて、ダンボールが数箱程度しかないのであれば、宅配便などのサービスを利用することで、引っ越し費用をおさえることが可能になります。

特に、ヤマト便というサービス(宅急便ではない)を利用すれば、一般の宅急便とくらべてかなり割安に荷物を運んでもらうことができます。

詳しくは以下のページをご覧になってください。

関連記事:宅配便を使って引っ越しをしたらどれくらいの費用がかる?~単身パックとどちらがお得か?

会社や行政から引っ越し費用の補助を受ける

青空とハローワークの建物サラリーマンが転勤に伴って引っ越しをする場合には、会社で費用を負担してくれるのが一般的です。

転勤が決まったら、総務に確認をしてみるといいでしょう。

ただし、会社で負担してくれるのはあくまでも荷物を運搬するための費用であって、荷造りなどのオプションサービスに関しては自腹になるのが普通です。

サラリーマンの転勤にともなう引越しの場合、それほど費用について心配する必要はありませんが、それでは失業者の場合はどうなのでしょうか?

実は、ある条件を満たすことによって、ハローワークから「移転費」という名目で引っ越し費用を支給してもらうことが可能になります。

詳しくは以下の記事をご覧になってください。

参考:ハローワークから引越し費用が支給になる?~失業保険でもらえる移転費の話

また、生活保護を受けている人が引っ越しをするときにも、条件を満たすことによって行政が引っ越し費用や借家に入居するための諸費用を負担してくれることがあります。

ただし、この条件というのがなかなか厳しいものとなっています。

以下の記事に詳しく書いていますので、気になる方は目を通してみてください。

参考:生活保護を受けている人が近隣トラブルで引っ越しをしたいとき

初期費用の発生しない賃貸物件で引っ越し費用を節約

不動産会社で相談をする男性引っ越しにあたって新たに賃貸物件の契約をしようと思うと、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃などで、家賃の5ヶ月分程度の初期費用が発生してしまうのが普通です。

家賃が5万円の物件であれば25万円、家賃が10万円であれば50万円の初期費用がかかってしまうわけですから、お金のない人にとってはかなり厳しく感じることでしょう。

逆に、これらの初期費用があまり発生しない物件を探すことができれば、引っ越しに伴う費用を大幅に減らすことができるわけです。

具体的には、どのような物件を選べばいいのでしょうか?

敷金なし・礼金なしのゼロゼロ物件を探す

最近では、敷金はともかく礼金が不要の物件が増えてきています。

ところが、物件によっては敷金も礼金もどちらも発生しない「ゼロゼロ物件」と呼ばれるものが存在します。

こういった物件を探すことができれば、それだけで家賃の2~3ヶ月分程度の費用を削減することが可能になります。

ただし、敷金も礼金も必要がないということは、何らかの理由があるはずです。

普通に考えられる理由としては、入居者がなかなか見つからないために、あえて「ゼロゼロ物件」として入居者のハードルを下げているということです。

入居者が見つからない理由としては、「物件がかなり古い」「駅からの距離がかなりある」「日当たりが悪い」「近くに問題の施設がある」「事故物件である」などといった、さまざまなことが考えられます。

「ゼロゼロ物件」の場合には、一度契約をしてしまうと途中解約ができない物件もありますので、契約をするまえにどういった物件なのかを慎重にチェックする必要があります。

仲介手数料が無料の物件も存在します

仲介手数料が無料敷金や礼金がかからないだけではなく、仲介手数料が無料の物件も存在します。

敷金や礼金というのは大家さんに支払うお金です。

たとえ「ゼロゼロ物件」であっても、その後は毎月家賃が入ってくるわけですから、大家さんとしても基本的には問題ないわけです。

ところが、仲介手数料というのは、物件を紹介してくれる不動産業者に支払うものですから、これが無料ということになると、不動産業者はボランティアになってしまうような気がします。

しかし、実際には不動産業者にとって、まったく問題ないようなシステムになっているのです。

どういうことかといいますと、そういった仲介手数料無料物件の場合、不動産業者は入居者から仲介手数料を取るのではなく、大家さんからとる仕組みになっているからです。

賃貸物件が空室となってしまった場合に困るのは、不動産業者ではなく大家さんです。

そこで、大家さんは本来であれば入居者が仲介手数料として支払うべき分を負担することで、入居者探しのためのハードルを下げているわけです。

いずれにしましても、「ゼロゼロ物件」と同様に、なかなか入居者が見つからないために仲介手数料を無料としている可能性が高いので、その理由はしっかりと確認をしておいた方がいいでしょう。

参考記事:引っ越し先の家賃を値引き交渉で安くすることはできるのか?

前家賃が不要なフリーレント物件を探す

賃貸物件の契約をするときに、敷金・礼金・仲介手数料の他に必要になってくるのが、前家賃です。

しかし最近では、この前家賃でさえも不要な物件が登場しています。

それがフリーレント物件と呼ばれるものです。

フリーレント物件の場合、入居後の家賃が1ヵ月~3ヶ月にわたって無料になります。

つまり、家賃がタダということです。

このフリーレント物件も、「ゼロゼロ物件」や仲介手数料無料物件と同様に、何らかの理由があって入居者が集まりにくいからそういった条件を提示しているわけですから、契約前にしっかりと物件チェックをすることが大切です。

お金を工面できなければ銀行から引っ越し費用を借りる

銀行の融資窓口大型の荷物が多く、距離も遠いということになれば、さすがに自力での引っ越しは困難になりますので、引越し業者にお願いをするしかありません。

その場合、引越し業者というのは基本的に現金払いですから、お金がないことには依頼をすることができません。

どうしてもお金を工面することができないということであれば、銀行などから借りるしかありません。

ただし、どこの銀行にも「引越しローン」などといった商品はありませんから、利用目的が自由なローンを選択することになります。

利用目的が自由ということになりますと、カードローンなどを思い浮かべる人もいると思いますが、金利が高いのでおすすめはしません。

同じ利用目的が自由でも、カードローンとくらべるとはるかに金利の安い、フリーローン(多目的ローン)を利用してみるといいと思います。

カードローンの年利が13%~18%なのに対して、フリーローンであれば、年利5%~6%程度で借りることができる銀行が多くなっています。

まずは、銀行に行って相談をしてみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました